ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. 【結婚式実例in新潟県】おばあちゃんの拍手も妹の声もしっかり胸に届きました
結婚式スタイル
Share on>

【結婚式実例in新潟県】おばあちゃんの拍手も妹の声もしっかり胸に届きました

メイン写真

家族だけの挙式と会食に続いては友人との1.5次会

挙式でふたりの誓いを見守ったのは16人。和やかな雰囲気の中、温かな拍手がふたりを祝福した。ケーキカットの後はふたりと父母でバイトを行い、新婦の手紙で締めくくった。
ゲスト一人一人に感謝を伝える方法を考えたふたり。挙式には家族と親戚だけを、披露のパーティには友人や同僚を招待することにした。「場を分けて、時間に余裕を持たせたら、きちんと伝えられるし、みんなも気兼ねなく楽しめるだろうと思ったからです」
ホテルに場所を変えての会食は、プロフィールビデオや新郎の祖母の手品や腹話術で和やかに進んだ。「身内ばかりだから緊張しなかった、と父が喜んでくれた」「家族同士が一気に仲良くなれた」と、ふたりが願った通りの時間になった。
1.5次会の演出や進行はふたりで準備。新郎が神父姿になったビデオを用意して挙式の様子を再現し、ケーキカット後の友人へのサンクスバイト、ゲーム大会など、「堅苦しいことはなしにして、みんなで思いっきり楽しみました」。
お開きの後、新婦が新郎を控室に導き、「これまでのサプライズと、結婚式の準備を一生懸命してくれたことへ感謝を伝えたくて」手紙を読んだ。「最大のサプライズ。泣きそうです」と、新郎がほほ笑んだ。

結婚式実例in新潟県_01

ハート形のリングピローは新婦の手作り

結婚式実例in新潟県_02

「これまで言えなかった感謝の気持ちを書きました」と新婦。手紙は挙式の最後に披露

結婚式実例in新潟県_03
結婚式実例in新潟県_10

ケーキカット後はふたり、父母同士、ふたりから父母へ、何度もバイトを行って、家族の笑顔を誘った。「食べさせ合っていたら小さなケーキがなくなっちゃいました」と新婦

結婚式実例in新潟県_04

新郎の祖母は元保育士。腹話術や手品などで会食の時間を盛り上げてくれた

結婚式実例in新潟県_05

会食ではフレンチのフルコースを堪能

結婚式実例in新潟県_06

1.5次会ではそれぞれの親友に友情の大口のバイト

結婚式実例in新潟県_07

お開きの後、新婦が新郎を控室へ。「みんなの前では恥ずかしいから、ふたりの時間をつくって感謝の手紙を読みました」

結婚式実例in新潟県_08

1.5次会では、深紅のドレスへのお色直し後に、ゆっくりと時間を取って卓ラウンド

結婚式実例in新潟県_09

会食は2時間、「余裕で全員にお酌して回れました」とふたり

結婚式実例in新潟県_11

祖父母も親戚も「水入らずでよかった」と笑顔

結婚式実例in新潟県_12

1.5次会の席次表は、ゲスト一人一人の紹介コメントを付けてふたりで手作り

結婚式実例in新潟県_13

新郎が神父役を務めるビデオを流しながら、挙式の模様をその場で再現

プロフィール
Profile

新潟市在住
吉田 翔さん(30歳)
佑紀さん(29歳)

挙式日:2019年11月17日
挙式会場:小さな結婚式 新潟店
会食・1.5次会会場:ホテルオークラ新潟
招待客:挙式・会食16名、1.5次会51名

2017年夏、一日に2回出会った偶然をきっかけに交際スタート。19年3月にプロポーズ、夏に婚姻届を提出。

※ゼクシィ新潟版2020年5月号より転載

  • 結婚準備全体
  • 結婚式実例
  • 新潟県
新潟県の結婚式場を探す
Share on>

pagetop