ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 婚約指輪・結婚指輪
  5. 初めての私でもダイヤモンドを見極められる? “失敗しない”婚約指輪の選び方4STEP
ジュエリー
Share on>

初めての私でもダイヤモンドを見極められる? “失敗しない”婚約指輪の選び方4STEP

イメージ

ふたりにとって大切な記念となる婚約指輪。高価なものでもあるので、失敗なく選びたいもの。そのためにはデザインや着け心地はもちろんのこと、価格を左右するダイヤモンドについてもしっかり知っておきたいところ。そこで、ダイヤモンドにこだわるブランドで、婚約指輪選びを体験してきました!

INDEX

STEP1:セミオーダーシステムについて知る

セミオーダーシステムについて知る

セミオーダーのメリットって何?

セミオーダーでは数百種類のリング枠の中から好みのデザインを選び、それに自分が選んだダイヤモンドを組み合わせることができます。ですから、「デザインはこれがいいけれど、ダイヤモンドが気に入らない」といったミスマッチがありません。これが最大のメリットといえます。

また、セット価格ではなく、リング枠とダイヤモンドの価格は別々なので、予算に合わせて組み合わせを調整することもできます。

さらに、リングの枠も発注後につくり始めるので、まさにその人だけのものが出来上がります。つまり、誰の指にも通していない、自分だけのまっさらなリングが手に入るということ。サイズもぴったりに作ることができます。

STEP2:ダイヤモンドの「4C」について知る

ダイヤモンドの「4C」について知る

ダイヤモンドの品質を評価する4C

「4C」とはダイヤモンドの品質を評価する目安となる基準の一つで、CARAT(重さ)、COLOR(色)、CLARITY(透明度)、CUTの4要素があります。

【CARAT/カラット】宝石の重さの単位。ctという記号で表現され、1ct=0.2gとなります。

【COLOR/カラー】ダイヤモンドの色は無色透明から黄色みががっていく色まで微妙な差でランク付けされています。

【CLARITY/クラリティー】結晶になる過程で取り込んでしまう内包物などの状態によりランク付けされます。

【CUT/カット】輝きを決定づける要素としてプロポーション、ポリッシュ(研磨の状態)、シンメトリー(左右対称性)の3項目で評価され、上記の要素ごとにEXCELLENT(エクセレント)、VERY GOOD(ベリーグッド)、GOOD(グッド)、FAIR(フェアー)、POOR(プアー)の5段階で評価されます。

ダイヤモンドの品質を評価する4C

ハート&キューピッドは正確なカットが施されたダイヤモンドの証し

「4C」のCUTを評価する項目の一つに、シンメトリー(左右対称性)があります。これはラウンドブリリアントカットの57面がいかに整っているかを評価するものですが、専用のスコープで見ると素人でもはっきり見極めることができるのです。

スコープを通してダイヤモンドを上から見ると8つの矢の形が、下から見ると8つのハートの形が見えるのです。これを「ハート&キューピッド」と呼びます。8つのハートと矢が美しく整って見えるほど、そのダイヤモンドのカットは正確ということができます。

なお、「4C」のカットではシンメトリーのほか、プロポーションとポリッシュという項目もあり、この3項目が全て最高評価のエクセレントと評価されたダイヤモンドは、トリプルエクセレントと呼ばれます。

今回訪れた「エクセルコ ダイヤモンド」は、ダイヤモンドのカットにこだわり、その輝きには定評があります。

STEP3:ダイヤモンドの「輝き」の評価基準について学ぶ

「輝き」の評価基準について学ぶ

知っておきたい輝きの評価基準「サリネ・ライト」

「サリネ・ライト」はダイヤモンドの輝きを評価・測定するシステムです。いままでダイヤモンドの輝きは数値化することができなかったのですが、サリネ社が開発した測定器によってBrilliance(ブリリアンス)、Sparkle(スパークル)、Fire(ファイヤー)、Symmetry(シンメトリー)という4つの項目で評価することができるようになったのです。

評価は9つのグレードに分けられ、最高が「Ultimate(ウルティメイト)3スター」となっています。ダイヤモンドを購入する際には「4C」の鑑定書が付くように、「サリネ・ライト」の評価を受けているダイヤモンドにはサリネレポートが付きます。

ダイヤモンド比較

STEP4:ダイヤモンドを輝かせるリングのデザインを知る

枠にダイヤモンドをセットし、イメージを確認する

ダイヤモンドの輝きを引き出す婚約指輪のリングデザイン

サイドビユー

ダイヤモンドは光を取り込むことによって、より輝きます。ダイヤモンドの輝きが美しい婚約指輪を作るためには、ダイヤモンドをセッティングする部分のデザインが重要。できるだけ光を多く取り込むようにデザインすることで、センターダイヤモンドがより輝いて見えるようになるのです。

「エクセルコ ダイヤモンド」では、リングをデザインする際にダイヤモンドをより輝かせるための工夫をリング一つ一つに丁寧に施しています。たとえば、センターダイヤモンドの下にメレダイヤモンドをセットしたり、ダイヤモンドを留める爪を極力小さくするなど、細部にまでこだわりが息づきます。だから、美しいダイヤモンドがより一層輝きを放つのです。

From 編集部

ダイヤモンドを知って納得いく婚約指輪選びを

婚約指輪は高価なもの。その価値の大きな部分を占めるのがダイヤモンドです。ダイヤモンドを知ることは、失敗せずに婚約指輪を選ぶための第一歩。ショップに行けば実物を間近で見ることができる上、丁寧に説明もしてもらえます。まずは足を運んでみてはいかがでしょうか。

構成・文/粂 美奈子 撮影/橋本幸則 スタイリング/松下綾子 ヘア&メイク/山田ナオミ モデル/垰 智子 D/ロンディーネ
※掲載されている情報は2019年11月時点のものです
<PR記事>

  • 婚約指輪
  • アイテム検討期
  • 憧れ・夢
  • セミオーダー
  • ダイヤモンド
Share on>

pagetop