ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ウエディングドレス・衣装
  4. ドレス全般
  5. 「その和装、センスあり!」編集部が見つけた粋な着物花嫁
ドレス
Share on>

「その和装、センスあり!」編集部が見つけた粋な着物花嫁

CUCURUTOP

センスのある和装が増えてきている。ただ可愛いだけじゃなく、その人らしさが漂う上質な着こなし。そんな特別感のある和装花嫁をリサーチすると、着物を選ぶ段階からしっかりこだわりを発揮していたよう。
そこで今回は、花嫁着物の専門店CUCURUで和装を選んだ5人の花嫁をご紹介。その一着の決め手、コーデができあがるまでのストーリーを感じてみて。

Case1 「祖母との思い出」を込めた白無垢姿

前撮りで和装を2着楽しんだtakimariさん。特に白無垢姿は、掛け下の赤の総絞りが印象的! 成人式の時、祖母に買ってもらった振り袖を合わせたのだそう。

cucuru1-1

【takimariさんの着物選びSTORY】

成人式の着物を祖母と一緒に選んだ思い出を何げなくスタッフに語ったところ、「白無垢の掛け下として合わせられますよ」とご提案いただきました。白無垢は真っ白じゃないと……と決め付けていたけれど、華やかな振り袖でもアリなんだとうれしくて再び袖を通すことに。

コーディネートは「白・赤・金」。お気に入りは、濡れたように麗しい赤の草履です。小物合わせの時、同じ赤でもいろんな色彩があるんだなと感動したのを覚えています。

白無垢と合わせると伝えたときは「東京の良い着物に、ばあちゃんが買うた振り袖なんて合うんかね」と冗談を言っていた祖母も、本当に喜んでくれて。出来上がったアルバムを持ち歩くほどでした。

【OTHER STYLE】2着目は色が溢れる打ち掛けコーデ

cucuru1-2

<花嫁DATA> 
takimariさん
■身長151センチ ■年齢26歳(撮影当時) ■前撮り日2017年12月 ■着物[白無垢]雲取熨斗目吉祥紋様 [色打ち掛け]白地彩織四季花

Case2 「スコットランド×日本」伝統衣裳の調和

スコットランドのキルトと日本の着物、2国の衣裳を見事にリンクさせた優花さん。胸元にそっとあしらわれた黒の差し色が新鮮!

cucuru2-1

【優花さんの着物選びSTORY】

新郎はスコットランドと日本のハーフ。彼の実家には、キルト姿の父と着物姿の母との結婚写真が飾ってあり、そのふたりの佇まいにずっと憧れていました。お付き合い10年目の節目として、そして両家の伝統をこれからも守っていく決意も込めて前撮りに臨みました。

白無垢はすんなり決めましたが、色打ち掛けのコーディネートは本当に迷ってしまって。掛け下、襟、小物類……代々伝わるシックなキルトに合い、自分らしさも表現できるものは何か。可愛らしいコーデも気になったけれど、黒の小物をちょっぴり入れたところ、彼の装いと見事になじみました。海外在住のためやりとりは主にメールでしたが、担当のスタイリストさんが、写真で何度もコーディネートを提案してくださったのは本当にありがたかったです。

写真は、結婚式の後サンクスカードとしてゲストに送付。両国どちらのゲストにも喜んでいただけました。

【OTHER STYLE】ふたりで一緒に和装を楽しむ

cucuru2-2

<花嫁DATA>
優花さん
■身長164センチ ■年齢31歳(撮影当時) ■前撮り日2019年5月 ■着物[白無垢]ちりめん鶴飛鶴 [色打ち掛け]国花丸紋白地織亀甲

Case3 優しさを高める「色無垢」という選択

柔和な表情が引き立つ「色無垢」で挙式した真衣さん。ほんのりピンクの撫子(なでしこ)染めに包まれ神社の境内を歩く姿は、まさに幸せオーラ満開!

cucuru3-1

【真衣さんの着物選びSTORY】

撫子染めの色無垢は、ゼクシィのアプリで知りました。優しくて繊細な桃色は、実物を見ると本当に可愛らしくてうっとり。和装らしい厳粛さ、そして今っぽく可憐な雰囲気も兼ね備えた花嫁になれると思い、「これが着たいから和の結婚式にする!」と決意が固まりました。

他店では限られたコーディネートしか選べませんでしたが、CUCURUでは全ての小物を自由に組み合わせられました。重ね襟にもピンクを入れると、全体の色みや光沢感がぐっと引き立ち、「これこれ、これがやりたかったんです!」と何度も言った記憶があります。

秋の柔らかな日差しが降り注ぐ神社で、大切な家族に見守られ花嫁になりました。母からは綿帽子の形がきれいと褒めてもらい、ゲストからもうれしい反応をたくさんいただいて。中でも、いつも冷静なお義母さんが「うわ、めちゃくちゃ素敵!」と興奮してくれたのが最高にうれしかったです。

【OTHER STYLE】色打ち掛けもふんわり優しく

cucuru3-2

<花嫁DATA>
真衣さん
■身長161センチ ■年齢28歳(挙式当時) ■挙式日2018年11月 ■着物[色無垢]撫子染め [色打ち掛け]白地七宝花丸紋

Case4 「愛らしい花嫁」から「自立した女性」へのお色直し

お色直しで、白緑色の緞子(どんす)地の着物をモダンに着こなしたかよこさん。純な白無垢のイメージから一変、粋で大人っぽい女性像を目指したのだそう。

cucuru4-1

【かよこさんの着物選びSTORY】

最初は暖色系の華やかな色打ち掛けを選んでいましたが、一通り試着した後にこの着物を勧められ、「え、緑?」とびっくり。半信半疑で袖を通したところ、しっくりなじんだ姿に感動したのを覚えています。

他の店で着物を試着したとき、白無垢がとても膨張して見えて、「私って和装似合わないのかも……」とショックでした。でも諦めきれず、以前から憧れていたCUCURUへ母と一緒に訪問。色柄だけでなく、素材まで私にちゃんと似合う着物を提案してくれたときは、ここに来て本当によかったと心から思いました。

思えば、成人式の時も母にいい着物を選んでもらいました。ただおしゃれなだけでなく、着物の伝統的な柄や守り継がれてきた技法にも触れることができ、結婚のタイミングにいいものを着られたことが誇りです。(かよこさん)

【OTHER STYLE】挙式は花嫁の可愛らしさをまとって

cucuru4-2

<花嫁DATA>
かよこさん
■身長155センチ ■年齢30歳(挙式当時) ■挙式日2018年11月 ■着物[白無垢]熨斗目花御所車 [色打ち掛け]白緑暈し松に鶴

Case5 凛として麗しい「花嫁の黒」を遊ぶ

かっこいい黒の打ち掛け姿で佇むようさん。CUCURUで理想の和装に出会い、結婚6年目の後撮りで叶えた着こなしは、オーセンティックなのにとっても刺激的!

CUCURU5-1

【ようさんの着物選びSTORY】

結婚式では迷うことなくドレスでしたが、夫婦とも美容師として活動する日々で、素敵な和装のスタイリングを見る機会が増え、「今、和装っていいかも」と思いが募って……そんなとき知ったのがCUCURUでした。着物自体も素晴らしいのですが、着物を含めたトータルコーディネートが本当におしゃれで、後撮りをお願いすることにしました。

色打ち掛けは、シンプルな「黒、白、金」に差し色の赤を効かせて。盛りすぎて重たくならないよう、髪やリップの色までみんなで話し合いながら決めていく過程がとても楽しかったです。

周りは突然の後撮りにびっくりしたみたい(笑)。「和装良すぎる!」「最高!」とたくさんのメッセージがSNSで届きました。子どももいますが、結婚から数年経っての後撮りもいいものです。

【OTHER STYLE】個性とシックさで魅せる白無垢

CUCURU5-2

<花嫁DATA>
ようさん
■身長158センチ ■年齢34歳(撮影当時) ■後撮り日2018年9月 ■衣裳[白無垢]白金織亀甲御殿吉祥紋 [色打ち掛け]黒地ちりめん鶴に花紋

From 編集部

和装はセンスあるコーディネートで完成する

着物の色柄だけで選びがちな和装だけれど、掛け下や小物の組み合わせ次第でコーディネートは無限に広がります。前撮りで世界観を完成させるのはもちろん、式当日なら、美しい織地や色合わせも直接ゲストの目に触れ楽しんでもらえるはず。
上質な仕立てと伝統的な技法にこだわったCUCURUの着物で、想像以上にセンスあふれる和装スタイルを叶えてくださいね。

Shop list

CUCURU

TEL:03-5766-9960

所在地:東京都港区南青山5-7-21 芥川青山ビル1F
営業時間:平日11:00-20:00、土日祝10:00-19:00 ※火・水定休

構成・文/伊藤佳代子 D/ロンディーネ
※掲載されている情報は2019年7月時点のものです
<PR記事>

  • アイテム検討期
  • 和テイスト
  • 白無垢
  • 色打ち掛け
  • 神社で撮影
  • 挙式を撮影
  • 別撮り
Share on>

pagetop