ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 写真・映像
  5. 前撮りが2倍楽しい!?着物&ドレスの【和洋両撮り】に密着!
演出アイテム等
Share on>

前撮りが2倍楽しい!?着物&ドレスの【和洋両撮り】に密着!

「実は前撮りって、和装と洋装の2着撮るのがお得で楽しいらしい!」そんなうわさを聞きつけて、今回は1回の撮影で和装・洋装、いろいろなバリエーションを撮影できる、デコルテフォトグラフィーさんの「和洋両撮りプラン」に潜入してきました。一体何がそんなにいいの!? 前撮り写真を検討中の花嫁さん必見です!

そもそも、和洋両撮りプランの魅力って?

i

両撮りの良さは何といっても衣裳のバリエーション。前撮りをする花嫁さんに多い「せっかくなら和装で」という希望が叶えられるだけでなく、ドレスも式当日とは違った雰囲気のものを楽しむことができるんです。また、式当日はどうしてもゆっくり撮影するのが難しいけれど、前撮りなら好きな雰囲気やシーンにこだわって撮影ができる上、年賀状や結婚報告はがきなど、目的に合わせたカットがゆっくり撮れるのも大きなメリット。そんな魅力たっぷりの両撮りの様子を早速見てみましょう!

今回密着したMさんカップルの撮影

●ふたりが選んだ衣裳
和装:白無垢・袴
洋装:白ドレス・タキシード

●撮影シーン:8バリエーション
【和装の背景】
梅の絵/朱のスクエア/サークルのオブジェ/グレー
【洋装の背景】
グレー/ヒンメリ/ブラインド/白壁

Part1*まずは撮影準備に密着!

たくさんのドレス&着物から衣裳を選んで、ヘアメイク。初めて見るお互いの和装姿が、とっても新鮮でドキドキ。前撮りでもファーストミートを楽しんで。

Part2*和装の撮影START!

1つのスタジオにさくさんのフォトスポット。座る位置、立ち位置を指示されながら撮影開始。途中休憩を入れつつ、衣裳とヘアメイクを整えて、4つの背景で撮影開始。
1
2
3

凛とした、正統派和装カットは、結婚式写真ならではの品格を引き出せるのが最大の魅力。「今までで一番結婚式らしい写真だね!」とふたりも納得の写真が。スタジオでじっくり撮影することで、通常のスナップ撮影では撮れない、和装の美しさをきちんと残せることもうれしい。

和洋両撮りプランについてもっと知りたい方はコチラ

Part3*洋装の撮影START!

新婦はモードな雰囲気のドレスにチェンジ。新郎もタキシードに着替えて撮影再開。スタッフから細かく指定されたポージングで撮影が続く。新郎新婦2人のカットだけでなく、新婦一人のソロショットも。
1
2
3

洋装のカジュアルな撮影なら、こんな雑誌のグラビアのような仕上がりに! 式当日とは異なる衣裳やヘアメイクに挑戦して、オシャレなふたりのカットを残すことが可能。今まで見たことのない自分たちの姿に、ふたりとも思わずビックリ!

和装と洋装、いろいろな写真を撮ってみてどうだった?
嫁

スタジオでの撮影は初めてでちょっと緊張していたのですが、本当に楽しく撮影できました。和装も洋装もどちらもちょっとずつ着ることで、かっちり系からカジュアル系までイメージの違う写真が残せて、おいしいとこ取りだなって思いました。

婿

実は最初「和装は成人式みたいになりそうだから嫌だなぁ」と心配していたのですが(笑)仕上がりを見て感動! これは親が絶対に喜びそうなので、早く見せてあげたいですね。洋装は期待以上に格好よく仕上げていただき大満足です。

和洋両撮りプランの魅力って?

フォトグラファー

和装・洋装を少しずつ両方楽しめ、気軽に短時間で撮影できるのが最大のポイント! ロケに行かなくてもスタジオ内でいろいろなバリエーションが撮れるので、写真の仕上がりが天候に左右されないのも魅力ですね。前撮り時期を逃すと、きちんとふたりで写真を撮るタイミングはなかなかないので、後々後悔しないためにも、まずは気軽にご相談にいらしてくださいね。(フォトグラファー・田島)

和洋両撮りプランで他にどんな写真が残せるが見る

写真を撮ったら、アルバムを手元に残してみては?

album

何年か先、ふたりで前撮り写真を見返しながら新婚当時を懐かしく思い出す……。そんな時間が過ごせるのも写真を残す大きなメリット。だからこそ、データだけでなくアルバムにして、将来の自分たちのためにきちんとカタチとして残しておくのがおすすめ!

和洋両撮りプランが気になった方はここからチェック

From 編集部

和洋両撮りプランならいろんな写真が残せて使い道の幅も広がる!

和と洋のバリエーションがたくさん撮れることで、式当日のウエルカムボードやペーパーアイテム、動画演出用だけでなく、結婚報告はがきや年賀状、アルバムにして親にプレゼントなど、さまざまな用途に使える写真が残せるんです。せっかく前撮りを行うなら、和装1着のみだけじゃなく、いろいろな衣裳で異なる雰囲気の撮影を楽しんでみて。

取材・文/滝 紀子 撮影/田島加奈子(STUDIO AQUA 表参道渋谷店)、清水知成(密着) ヘア&メイク/大上絵理奈(STUDIO AQUA表参道渋谷店)、藤本友梨(STUDIO AQUA 浅草店) D/ロンディーネ 構成/可児愛美(編集部)
※掲載されている情報は2019年3月時点のものです
<PR記事>

  • 演出・アイテム
  • 写真・ビデオ
  • アイテム検討期
  • ふたりらしい
  • 定番
  • ハウススタジオで撮影
  • 別撮り
Share on>

pagetop