ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新生活全般
  5. 「察してほしいは一番時間のムダ」夫婦のヒケツvol.1~結婚4年目共働き夫婦編~
コラム・連載
Share on>

「察してほしいは一番時間のムダ」夫婦のヒケツvol.1~結婚4年目共働き夫婦編~

今回は、夫婦の会話を何よりも大事にする上田さん夫婦。子ども2人と暮らす仲良し家族のヒケツから、実はいろいろある山あり谷ありを聞いてきました。

プロフィール画像
結婚してから人生が右肩上がり でも寄ってみると山あり谷あり

海外駐在から帰任した彼は彼女の部署へ。「ふたりは絶対に仲良くなる」と周囲に言われた通り、半年後に付き合い始め1年後には結婚。「そこからの人生は右肩上がり」。真悟さんは世の中の出来事に広くアンテナを張る扶未子さんの影響を受け、彼女の愛読書から新しい世界が広がることもしばしば。扶未子さんは小さなことに悩まなくなった。「夫という絶対的な味方ができたら、悩まなくなったんです」とニッコリ。「でもね」と話は続く。「寄ってみると山あり谷あり」なんだそう。
育休から復帰し、仕事に子育てにマイホームのリノベ計画に奔走しスマホを手放せないでいる彼女に、「スマホいじりやめたら?」の心無いひと言が。「じゃあ全部自分でやってみたら!?」と泣きながら訴えた。お酒好きな彼が酔っ払って帰って来ない時は「半年の娘がいる身で私はそんな無責任なことは絶対しない!」と今までで一番の大げんか。2つの出来事は真悟さんの苦い思い出に……。

察してほしいは一番時間の無駄

タフで真っ直ぐなところがよく似た夫婦だけれど、「他人」であることは忘れない。優しい彼がムッとしても理由が分からないことも。扶未子さんはすぐ謝ってから「で、なぜ怒った?」と聞いてみる。「察してほしいは一番の時間の無駄だから」と名言!「自分は絶対ではない」と考えるふたりだから、謝る・反省するも自然にできる。

親にも無限の可能性 父母になってもふたりで語る夢がある

上田家仕様のお家はキッチンと食卓が主役。料理好きな彼女が腕を振るい、待ちきれない彼と子どもたちが「早く早く」と大騒ぎ。食卓では6時間後のメニュー談義が始まり、仕事の悩みを打ち明け、ヒントを探り、子どもの話に耳を傾ける。そこにテレビやスマホは無い。食卓の会話から夢が広がることも。今、ふたりはグローバルな仕事に夢中だが、育休中、将来を見据え1カ月島暮らしをした。「ふたりで物を作り売る」など働く実感を得られる仕事も模索中。「親にも無限の可能性はある」という夫婦の歩みは、やっぱり右肩上がりだ。

上田家の家訓 食べるために、生きる
妻のつぶやき

取材・文/千谷文子 撮影/保田敬介 D /ロンディーネ 構成/伊藤桜子(編集部)
※掲載されている情報は2021年2月時点のものです

  • 新婚生活
  • 結婚準備全体
  • 人間関係
  • 家族の絆
  • ほっこりしたい
  • 安心したい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop