ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新生活全般
  5. 妊娠しても大丈夫?感染したらどうする?コロナ禍の妊活・妊娠Q&A
コラム・連載
Share on>

妊娠しても大丈夫?感染したらどうする?コロナ禍の妊活・妊娠Q&A

新型コロナウイルス感染症の行方が不透明な現在、妊娠したいと考えている人にとっては不安に感じることが数多くあるでしょう。そこで、この記事では産婦人科医の杉山太朗先生にこの状況の中で妊活をする際の注意点や、めでたく妊娠をした際に気を付けたいことなどを教えていただきました。

※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国や地方自治体から新たな方針が発表された際には、準じていただきますようお願いいたします。感染状況等は日々変化していますので、最新の情報をご確認ください。(2020年9月18日)

【Q1】感染拡大が収まらないうちに妊活をしても大丈夫ですか?

影響はあまりないので、妊活を延期する必要はありません

感染拡大が収まらないうちに妊活をしても大丈夫ですか?

新型コロナウイルス感染症は妊娠や出産、胎児にはあまり影響がないとされています。一時期は延期をした方がいいとされていた不妊治療に関しても、再開してもよいという判断が出ています。

ただし、感染を予防するために妊婦健診に支障が出たり、里帰り出産や立ち会い出産、出産後の親族の面会などには制限が掛かる可能性も(対応は病院や産院で異なります)。そうしたリスクを理解した上で、妊活を行うのは問題ないでしょう。

妊娠はタイミングが重要。子どもが欲しいと思ったら、タイミングは逃さないのがお勧めです。

妊活についてこう考えてます!

顔写真

コロナを考えると先延ばししたいところですが、年を取れば取るほど妊娠しづらくなることも考えて、妊活に励んでいます。(ふっくさん)

顔イラスト

感染対策のために在宅勤務が増えたため、妊娠中でも仕事が継続しやすい環境になった側面もあります。子どもはすぐにでも欲しくて、妊娠を控えようとは思っていません。(なっちゃんさん)

顔写真

子どもはハネムーン後に欲しいと思っていましたが、コロナのせいでハネムーンが中止に。そのため残念ながら妊活も延期です。(むーさん)

顔写真

すぐにでも子どもは欲しいと思っていますが、もし妊娠した場合、里帰り出産ができなかったり、親の協力も得られない可能性があり、とても心配です。(miさん)

顔写真

どんな影響があるか分からないうちは妊娠・出産するのが怖いので、しばらくは様子を見ようと思っています。(ひーーちゃんさん)

【Q2】この状況下で妊活をする際に気を付けた方がいいことはありますか?

感染対策は万全にして、体調を整えましょう

この状況下で妊活をする際に気を付けた方がいいことはありますか?

基本的には通常の妊活と気を付けることは一緒です。大切なのは体の調子を整えること。生活習慣や食習慣を見直しましょう。コロナの影響で外出がままならない現在、生活のリズムが狂いがちという人もいるかもしれませんが、家に長くいる期間を利用してしっかり整えて。

早寝早起きを心掛け、睡眠時間はたっぷりと。ウオーキングやヨガ、ストレッチなどの軽い運動をしたり、ゆっくりと入浴タイムを楽しむのは、質の高い睡眠を得るためにもお勧めです。ストレスの軽減にも役立つでしょう。また、バランスの良い食事も心掛けて。

もちろん、こんな時期ですから感染対策は万全に。密閉・密集・密接となる環境はできるだけ避け、外出の際はマスクを着用。手指はこまめに手洗い・消毒をしましょう。

【Q3】妊活中に感染が疑われる症状が出た場合、どうすればいいですか?

妊活中であることを医師に伝えましょう

これは一般の人と変わりません。せきや発熱など新型コロナウイルス感染症が疑われる症状がある場合は、かかりつけ医に電話で相談してください。

もし感染していて治療が行われる場合は、最初に妊娠の可能性があるかどうかを聞かれるはずです。もし聞かれなかった場合は、妊活中であることを伝えましょう。

なお、新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されているアビガンについては、妊娠中に服用すると流産や死産を引き起こしたり、赤ちゃんに障害が起こる可能性があるとされています。

ですが、アビガンを服用しても不妊になることはないとされています。妊活中であったとしても、妊娠していなければ、アビガンの服用は可能です。ただし、アビガンを服用しているときや服用後10日間は、男女ともに性交渉を控えることが推奨されています。

【Q4】いま妊娠したら、どんなことに気を付ければいいですか?

ストレスがかからない働き方を職場に申し入れてください

いま妊娠したら、どんなことに気を付ければいいですか?

妊娠中は免疫力が下り、体調を崩しやすくなります。規則正しい生活とバランスの取れた食事を心掛けるとともに、感染症対策は妊娠前以上に念入りに行ってください。

また、仕事をする上で、新型コロナウイルス感染症に感染するのではないか?という心配があったり、そうした心配がストレスになって自身や赤ちゃんの健康に影響があると考えられる場合は、かかりつけ医に相談を。

その上で勤務先に時差通勤やテレワーク、休暇などが取れないかどうか、申し入れてみてください。これは男女雇用機会均等法に基づく母性健康管理措置として、妊娠中や出産後1年以内の女性労働者に認められているものです。

なお、勤務先と相談するときには、かかりつけ医に「母健連絡カード(母性健康管理指導事項連絡カード)」を書いてもらい、提出するのがお勧めです。

【Q5】妊娠中に感染が疑われる症状が出たら、どうすればいいですか?

まずは電話連絡。病院にいきなり出向くのは避けましょう

妊娠中に感染が疑われる症状が出たら、どうすればいいですか?

現時点では、妊婦さんだからといって重症化しやすいという傾向は認められていません。ただし、一般的に妊娠中は肺炎になった場合は重症化する可能性が高いので、注意が必要です。

せきや発熱など感染が疑われる症状が出たら、あまり間を置かずにかかりつけ医に相談してください。この場合、直接出向くのは避け、電話で連絡します。

なお、妊婦さんはPCR検査の公的補助の対象になります。

【Q6】妊娠中に家族が感染したら、どうすればいいですか?

妊婦さんが感染者や濃厚接触者のお世話をするのはNG

妊娠中に家族が感染したら、どうすればいいですか?

新型コロナウイルス感染症に感染した場合、基本的には入院あるいは宿泊施設での療養となります。ただし、入院などをするまでに自宅で過ごす場合もあるようなので、その際は可能な限り感染者とは接触しないようにしてください。これは濃厚接触者の場合も同様です。

具体的には、感染者や濃厚接触者とは過ごす部屋を分けます。双方ともマスクを着け、手洗いや消毒は丁寧に。また、自分が過ごす部屋はこまめに換気を行い、トイレやお風呂、ドアノブなど共用部分もしっかり消毒します。

感染者あるいは濃厚接触者となった家族のことは心配でしょうが、妊婦さんがお世話をすることは絶対に避けてください。

なお、無症状者や軽症者に関しては地域によっては自宅療養になることもあるようですが、妊婦さんが同居していることを伝え、できるだけ入院または宿泊療養できるようにお願いすることをお勧めします。

【Q7】妊娠中に感染した場合、母体や赤ちゃんにどんな影響がありますか?

妊娠後期に感染すると帝王切開となる可能性もあります

先にも述べたように、現時点では、妊婦さんが新型コロナウイルス感染症に感染した場合に、重症化しやすいという報告はありません。さらに、流産や死産しやすいといった報告もいまのところなく、胎内感染や胎児の異常も極めてまれといわれています。ただし、妊婦さんは肺炎を起こすと重症化しやすい傾向にはあります。

なお、妊娠中に感染した場合、治療や妊婦健診はかかりつけ医ではなく、新型コロナウイルス感染症に対応できる医療機関で行うことになります*。また、妊娠後期に感染した場合は、分娩(ぶんべん)もかかりつけ医ではなく感染症に対応できる医療機関で行うことになり*、帝王切開になる可能性が高いといわれています。

感染が拡大し、どこで感染してもおかしくないといわれる新型コロナウイルス感染症ですが、特に妊婦さんは感染しないに越したことはありません。不要不急の外出や人ごみなどは避け、マスクを着用し、こまめに手洗いするなど感染防止に努めましょう。

*かかりつけ医が新型コロナウイルス感染症に対応できる場合は除きます。

From 編集部

正しい情報を知って赤ちゃんを迎えましょう

まだわからないことも多い新型コロナウイルス感染症ですが、むやみに恐れる必要はありません。現時点でわかっている正しい情報を知り、冷静に対処することがお勧めです。大切なのは基本的な感染症対策。しっかり対策を取り、ストレスをためずに日々の生活を送ることが、妊活や妊娠生活にプラスに働くでしょう。

杉山先生顔写真
Profile

杉山太朗 田園調布オリーブレディースクリニック 院長

信州大学卒業。東海大学医学部専門診療学系産婦人科講師を務め、2017年に『田園調布オリーブレディースクリニック』院長に就任。穏やかで丁寧な診療に定評があり、最新の技術に基づいた的確な医療を提供している。
https://olive-lc.com

構成・文/粂 美奈子 イラスト/篠塚朋子 監修/杉山太朗
※掲載されている情報は2020年9月時点のものです
※記事内のコメントは2020年8月に「ゼクシィ花嫁会」のメンバー120人が回答したアンケートによるものです

  • 挙式後
  • 新婚生活
  • 結婚決まりたて
  • 安心したい
  • じっくり読む
Share on>

pagetop