ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 2020花嫁相談室♯39 感染対策になる式当日の持ち物・アイテムって?
コラム・連載
Share on>

2020花嫁相談室♯39 感染対策になる式当日の持ち物・アイテムって?

新型コロナウイルス感染症の影響で、ウエディングの様式も見直されている中、用意しておきたいアイテムも変わりつつあります。会場側も感染対策はしっかり行っているので安心ではありますが、今回はプラスアルファで新郎新婦が用意するとより安心できる感染対策グッズをご紹介。これから式準備をする際の参考にして。

新郎新婦のためのアイテム編

新郎新婦のためのアイテム編

ITEM1.「扇子」で上品に飛沫(ひまつ)感染防止

「テーブルラウンドをしながらゲストとたくさんおしゃべりはしたいけど、飛沫が心配……」というふたりなら、扇を広げて口元を涼しげに覆う、扇子を使った飛沫感染防止のエチケットがおすすめ。ヘアメイク後の、マスクによるメイク崩れの心配がないこともメリット。

ITEM2.「メイク道具」を持参しさらに安心

式場のへアメイクに関しては除菌洗浄対策が徹底されており、施術の際は、マスクの着用とや手指のアルコール消毒を行っているので心配は無用。ただし「やっぱりちょっと気になる……」という花嫁さんは、自分の道具を使ってのヘアメイクも可能なので会場に確認を。目元や口元に直接触れるリップ、アイライナー、マスカラなどを持参する場合、ウエディングメイクにはどんなものがおすすめなのか、事前にヘアメイクさんにも聞いておくと◎。

ゲストのためのアイテム編

ゲストのためのアイテム編

ITEM1.「ゲストカード」を事前に郵送して密を回避

受付でゲストに署名をいただく際、ペンの使い回しや、受付で待つ間の3密も不安……。そんな心配を回避するため、事前にゲストカードを郵送しておき、当日はあらかじめ記入済のカードを回収するとスムーズで◎。当日に書いてもらう場合は、オリジナルのペンを用意してペン自体をプチギフトにするのもアイデア。

ITEM2.「新型コロナ対策案内フライヤー」を制作し事前に案内

式への参加が不安なゲストのためにも、新型コロナ対策についてまとめたフライヤーを制作しておくのがおすすめ。どのような感染予防対策を行うかを事前に案内しておくことでゲストが安心でき、しっかりと参加者全員に様式を守ってもらえるメリットも。事前に送るだけでなく、当日配布するとさらに◎。

ITEM3. 席札を「扇子やうちわ」にして飛沫防止

飛沫防止対策に、マスクやフェイスシールドを用意するのでももちろんいいけれど、上品で式の雰囲気を壊さない扇子やうちわを用意するのはいかが?ゲスト全員分を用意し席札などにして配布すれば、ゲスト同士の会話も気兼ねなくでき、全員でお揃いにすることで一体感も生まれて写真映えもGOOD。

ITEM4.「マスクキーパー」を用意し清潔&式の雰囲気を保つ

食事中はどうしてもマスクを外すので、外したマスクをテーブルに置いたりバッグに入れたりしがち。そこで、事前にふたりがマスクキーパーを用意してあげると親切。マスクを清潔に保ってもらえるだけでなく、テーブル上に直接置くことなどもないのでテーブルコーディネートの雰囲気を壊さないのもメリット。せっかくなら、オリジナルのマスクキーパーを用意し、席札にするなどひと手間を加えるのもおすすめ。

From 編集部

新型コロナ対策アイテムにもふたりらしさをプラス

各会場でも新型コロナ感染症対策はしっかり行われているものの、新郎新婦自身が用意することでさらに安心できます。少しのアイデアをプラスするだけで、ふたりらしさが出せるアイテムになるから、感染予防対策ではあるけれど、オリジナリティを出して楽しく準備しよう。

構成・文/滝 紀子 イラスト/Ricco
※掲載されている情報は2020年9月時点のものです

  • 結婚決まりたて
Share on>

pagetop