ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 2020花嫁相談室♯35 ご祝儀が電子マネーやオンライン決済ってどう?
コラム・連載
Share on>

2020花嫁相談室♯35 ご祝儀が電子マネーやオンライン決済ってどう?

新型コロナウイルス感染症の影響で、結婚式の様式も見直されている中、接触を避けるために、電子マネーや事前決済でご祝儀を払えるサービスが注目され始めています。今回は実際に事前決済を扱った経験のある、NEO FLAG.Weddingのプランナー尾山知士さんにそのメリットや注意する点についてお聞きしました。

Q.キャッシュレスご祝儀やオンライン事前決済って何がいいの?

Q.キャッシュレスご祝儀やオンライン事前決済って何がいいの?

結婚式の受付では芳名帳の記帳やご祝儀を渡す際などにゲストの混雑が発生しやすく、3密を発生させる原因となりえます。新型コロナウイルスの感染リスクを防ぐという意味では、オンラインで事前決済にしたり、キャッシュレスで接触を減らしたりと対策ができるのは大きなメリットですね。

オンライン決済や電子マネーで決済する際のメリット

【ふたり&ゲスト】
・新型コロナウイルス禍で心配な、現金の受け渡しがない

【ゲスト】
・事前決済していれば、祝儀袋を持ち歩く必要がないので、手ぶらで結婚式に参加が可能
・手間のかかる祝儀袋や名入れ、新札の準備がいらず、手持ちの現金がなくても決済が可能
・参加が難しい遠方のゲストも、直接会わずにご祝儀を贈ることができる

【ふたり】
・総額は大きな金額になるため、結婚式当日に現金を扱わなくていい安心感と、管理に対する不安が軽減

メリットもある一方で、新郎新婦にとっては決済手数料負担に伴い、手元に残る金額がその分減ることや、入金のタイムラグがある点などは気を付けないといけませんね。また、ゲストに対しては、急なキャンセルに伴う返金対応ができない場合もあるため、注意が必要です。

Q.どんな方法があるの?使用の際に工夫できることは?

QRコード決済などのスマホアプリを利用して決済ができるサービスもありますが、結婚式の際に使いやすいのは、WEB招待状と連動して事前決済ができるアプリです。実際に使用されているのもこのパターンが多いです。

WEB招待状送付~決済までの流れ

【1】ふたりがアプリ上で結婚式の情報を入力し、好きなデザインでWEB招待状を作成

【2】招待状はそのままLINE、SNS、メールなどでゲストに送付

【3】ゲストは、スマホから出欠の回答を送信し、オンライン決済でご祝儀や参加費を事前に決済

アプリにもよりますが、上記のようなサービスがすべて無料で使用できることが多いです。

WEB招待状のメリットは、

また、WEB招待状のメリットは、出欠の回答の際に住所を入力してもらえば、参加者の住所リストが簡単に作れることです。

プラスアルファの工夫点として、参加の意思を示してくれたゲストにパーティコンセプトに合わせた、チケットやフライヤーなどを開催直前に送るのはいかがでしょうか?招待ゲストたちの期待感も高まり、ワクワクしながら当日来てもらうことができますし、オンラインだけだと少し寂しいなと思われる方にもオススメですよ。

Q.参加ゲストによってはキャッシュレスに抵抗ある人もいそう……

ゲストによってはまずシステム自体を理解するところから始まる方もいらっしゃいますので、参加ゲスト全員とはせず、現金の方がよいゲストと、キャッシュレスがよいというゲストがそれぞれ希望を選択でき、気持ちのいいお祝いができることが一番いいと思います。

From 編集部

ゲストにも配慮しながらうまく取り入れよう

新型コロナウイルス禍でも、接触が少なく安心できるのがオンライン決済。手軽に取り入れられてメリットもいっぱいだけど、現金派、キャッシュレス派で選択できるとよりGOOD。伝える際にも「無理せずに」とひと言添えるなど、ゲストが安心して参加できる雰囲気づくりも大切。

尾山知士
Profile

尾山知士 NEO FLAG.Wedding
プランナー/事業統括

自由でクリエーティブなオーダーメイドウエディングを得意とする、人気のプロデュース会社「NEO FLAG.Wedding」にて数々のパーティをプランニング。カップルたちの希望を引き出し、想像を超える結婚式が叶うと定評がある。

構成・文/滝 紀子 イラスト/Ricco. 
※掲載されている情報は2020年9月時点のものです

  • 結婚式準備全般
  • 結婚決まりたて
  • 悩み解決
  • 安心したい
  • さくさく読む
Share on>

pagetop