ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 2020花嫁相談室♯17 式当日、感染リスクを避けるために気を付けたい場所は?
コラム・連載
Share on>

2020花嫁相談室♯17 式当日、感染リスクを避けるために気を付けたい場所は?

新型コロナウイルス感染症のリスクがある中、求められている新たな生活様式。結婚式の場においても、今までとは違う対応が必要になります。そこで、『新型コロナウイルス感染拡大における結婚式ガイドライン 結婚式Q&A集』をリリースしたウエディングプランナー団体「SUEHIRO」代表メンバーの荒井さやかさんに、式当日に会場で気を付けたい場所、そして感染リスクを低減するアイデアについて教えていただきました。

式当日、感染リスクを避けるために気を付けるべき場所は?

式当日、感染リスクを避けるために気を付けるべき場所は?

<受付>
同じ時間帯に多くのゲストが集中すると、「3密」の状態になりやすいです。
ゲストの来場を分散させるアイデアとして、
・新郎側・新婦側の受付台を別々に設ける
・受付までの通路に写真やメッセージを飾り、ゲストが一度に受付に殺到しないよう工夫する
・時間差で受付に来てもらう
・芳名帳に記入するペンを全員にプレゼントし、使い回しによる接触感染を防ぐ
など、ゲストに味気ないと感じさせない工夫があるとよいと思います。

<ゲスト控室>
控室ではゲスト同士の会話が盛り上がりやすく、飛沫(ひまつ)感染のリスクがあります。
リスクを低減するアイデアとして
・グループごとに小部屋を用意する
・立ち話が盛り上がりすぎないよう全員分の椅子を用意する
・映像を上映したりアルバムを置くなどして静かに待つ雰囲気をつくる
・ウエルカムドリンクはゲストが自由に注いで飲むのではなく、オーダーごとにスタッフから渡す
といったことが考えられます。

<親族紹介の部屋/撮影場所>
親族が顔合わせをして一人ずつ自己紹介したり集合写真を撮ったりする際も、感染への配慮が必要です。
・親族控室ではなく、広い披露宴会場を使って行う
・家系図や紹介シートを配り、声は出さず顔合わせだけにする
・親族集合写真の撮影は家族ごとに行う
などの対策をするとよいでしょう。

<挙式会場>
挙式会場はその他の場所と比較して、隣の人との距離が近くなりがちです。
・挙式は親族のみにする(友人には別途報告用VTRの用意をする)
・チャペルで着席する際に十分な間隔を空ける
・賛美歌の斉唱は控える
・拍手や楽器、ペンライトなどを使って声を出さずに祝福してもらう
・挙式をガーデンなど屋外で行う
などの工夫をすると安心です。

<披露宴会場>
披露宴は滞在時間が長く飲食を伴うので、会場内でゲストに無理をさせない配慮が必要です。
リスクの回避策として
・親族と友人の二部制のパーティにして人数を減らす
・ゲスト卓の間隔を空ける
・ゲストの間に透明のついたてを置く
・ビュッフェ式のフード提供の場合は十分な感染予防対策を講じられるか慎重に検討する
・マイクは使用のたびに消毒、または入れ替える
・お酌は控える
・ケーキ入刀はイミテーションケーキにする
・お見送りはテーブルごとに行う
といったことが考えられます。

感染リスクを下げるためにできることは?

<新郎新婦ができること>
結婚式の内容を工夫して、感染対策をしつつどう楽しい企画を立てるかが大切になってきます。ふたりだけで考えるのではなく、担当プランナーに心配なことを相談してください。
今までは必ずやるはずだったことも「なぜやるのか」を突き詰めて考えると、もっと素敵な方法が見つけられるかもしれません。例えば、親族集合写真を全員ではなくそれぞれの家族ごとに撮影すれば、この機会に家族写真を撮ってもらえるというゲスト側のメリットが生まれることもあります。

<ゲストにお願いしたいこと>
ゲストの方には、日常で推奨されている感染リスク回避の方法を、結婚式中にもお願いすることになります。
・小まめな手指の消毒
・食事中以外のマスクの着用
・マイクを使い回さない
・声を出す余興をしない
・会場スタッフの誘導や指示に従う
など協力してもらうことで、お互いに気持ちの良い祝宴になることをあらかじめ周知しましょう。

From 編集部

省略ばかりではなく、新たな楽しみ方を見つけよう

感染防止対策という今までと違う部分に気を使わなければならないコロナ禍における結婚式。不安だからとやりたかった演出を諦めるのではなく、アイデアと工夫で新しい楽しみ方を見つけてみましょう。

荒井さやかさん
Profile

荒井さやかさん 「Coco style WEDDING」代表「SUEHIRO」代表メンバー

自らウエディングプロデュースを行う傍ら、全国の有志のウエディングプランナーが集う団体「SUEHIRO」の代表メンバーを務める。現場の経験を生かし、プランナー向けマガジン発行や、オンラインセミナー、勉強会などを開催。Withコロナの時代の新たなウエディングスタイルについて、プランナーやカップル向けに『新型コロナウイルス感染拡大における結婚式ガイドライン 結婚式Q&A集』を作成し、発信している。
http://suehironet.com/

取材・文/稲垣幸子 イラスト/Ricco D/ロンディーネ 構成/伊藤りつ子(編集部)
※掲載されている情報は2020年8月時点のものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 挙式2ヶ月前
  • 挙式1ヶ月前
  • 結婚式準備全般
  • 式直前1カ月前
  • 細やかな気遣い
Share on>

pagetop