ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 結婚指輪
  5. 指輪迷子のあなたへ贈る!「マリッジリングの選び方」入門ガイド
ジュエリー
Share on>

指輪迷子のあなたへ贈る!「マリッジリングの選び方」入門ガイド

彼とふたりでこれからずーっと大切にしていくマリッジリング。でもこれまで購入経験のない人がほとんどなだけに、「一体どうやって選んでいいのか分からない!」と悩む花嫁さんも多いのでは。マリッジリングを選ぶときの基準となる選び方をお伝えします!

「マリッジリング選びでみんなが迷ったこと」TOP3

1位 リング選びの基準が分からなかった 19%
2位 (同率)ダイヤの有無を迷った 18%
2位 (同率)シンプルor存在感のあるデザインで迷った 18%
4位 素材(プラチナ・ゴールドなど)選びで迷った 16%

もっとも意見が多かったのが「普段から指輪を着けないから、選び方がよくわからなかった」という意見。WEBやカタログを見るよりも、実際に店舗へ行って試着してみて、初めてふたりの欲しいマリッジリングのイメージが浮かんでくるよう。
迷った後、最終的にリング選びの決め手となったのは1位:デザイン(91%)、2位:価格(27%)、3位:リングの品質(29%)という結果に。自身の職業やライフスタイルをイメージして、日常的に使いやすいかどうかを大前提にしてみると、リング選びもスムーズにできそう。

マリッジリングとエンゲージリングってどこが違うの?

結婚指輪は 結婚の記念にふたりで購入するもの、婚約指輪は婚約の証しとして男性から女性へと贈るもの。結婚指輪は結婚後に日常的に身に着けるため、着け心地やデザイン、職場などの日常的に着けるシーンを想定して選ぶ人がほとんど。

素材はやっぱりプラチナがいいの?

定番人気のプラチナ素材は、約8割の先輩花嫁がセレクト!

hana

定番素材として人気が高いプラチナ。その美しい白色はダイヤモンドとの相性も良く、変色しにくいことでも知られています。また、粘り強いので加工もしやすく、小さなダイヤなどもしっかり留めることができることも魅力。

「プラチナ」を選びました

hana

結婚指輪といえばプラチナのイメージ。男性はプラチナが一番似合うと思い、彼とおそろいにしたい!と思ったのも理由のひとつです(黒田亜弓さん)

hana

耐久性に優れ、年月の経過による変色などの心配が無さそうなプラチナに。丈夫だから一生身に着けていたいです(なっちゃんさん)

hana

結婚指輪はプラチナというイメージから! そしてプラチナはずっと憧れでした(ひとみさん)

「プラチナ以外」を選びました

hana

指の色になじんで、なおかつ華やかに見えたピンク&イエローゴールド。ゴールドでも派手すぎない印象で、上品に見えたので(asaさん)

hana

プラチナ以外ありえないと思っていましたが、試着してみたら肌の色になじまず、ホワイトゴールドがとてもしっくりきたのでホワイトゴールドを選びました (寺田依李さん)

hana

指輪作りをお願いした友人に「絶対にローズゴールドが似合うと思う!」と勧められて。主人はピンクゴールドなので、お互いの色味が違うところも気に入ってます(まーみんさん)

肌なじみの良さが素材選びのカギに

定番素材であるプラチナ素材は「マリッジリングらしさ」や耐久性が人気の理由にあがり、ゴールドなどのプラチナ素材以外を選んだ人は「肌色とのなじみ具合」を重視して色味を選ぶ傾向に。

ダイヤは入れた方がいい? 入れなくてもいい?

憧れのダイヤモンドはやっぱり定番人気

hana

石付きのリングを選んだ先輩花嫁の中で、約7割以上の花嫁がダイヤモンド付きをセレクト。ダイヤありの指輪の場合は華やかなデザインのものが多く、ダイヤなしの指輪に比べて値段は高くなる傾向。ダイヤなしの結婚指輪はシンプルなデザインで、普段使いをしやすいのが特徴です。

「ダイヤ付き」を選びました

hana

ダイヤが入っていると本当に華やか! 毎日着けていても飽きがこないので、もし迷っているならダイヤ付きが満足できると思います(黒田亜弓さん)

hana

仕事柄シンプルなデザインが良く、ダイヤを付けるか悩みましたが、華やかな雰囲気がプラスされるので、ダイヤモンド付きに(えりなさん)

hana

ダイヤが表面についていると汚れが入り込むのが気になったので、表面はダイヤなしのシンプルなリング。その代わり、内側にダイヤを埋め込みました(いなりさん)

「ダイヤなし」を選びました

hana

リハビリの仕事をしているため、表面がなめらかなリングが良いと思いました(ゆりさん)

hana

ダイヤモンドの付いたエンゲージリングと重ね着けするために、シンプルに石は付けませんでした。(ゆいさん)

hana

ダイヤは取れると心配なので誕生石を埋め込めるタイプにしました(こむぎさん)

華やかさや婚約指輪との相性がカギ

結婚指輪はダイヤの有無によって印象や使い心地が異なるもの。婚約指輪との重ね着けをしようと考えている場合は、ダイヤのないシンプルなデザインにするなど、婚約指輪との相性も考えて選ぶと◎。重ね着けをしないのであれば、ダイヤありの結婚指輪を選ぶことで、手元を華やかにすることができます。

アームは太めがいい? 細めがいい?

指とのバランスやデザインで太さを決める傾向に

hana

指をさらに美しく演出してくれるのが「アーム」の細さ。一般的には、骨太の人はリングアームがボリュームのあるもの、骨細の方には繊細な、細いタイプのアームが似合います。アンケートではカジュアルにおしゃれな雰囲気が好みな人が細いアームに、指の太さやデザインとのバランスを考えた人が中くらい太さのアームを選ぶ意見も多数。

「細いアーム」を選びました

hana

指が少しでも細く見えるように、細いアームのリングをセレクトしました(saba20さん)

hana

指が細いので、きゃしゃな指にもなじみが良く、指先が上品に見える細身のリングにしました(あやかさん)

「中間の太さ」を選びました

hana

私も彼も骨格がしっかりしていて、特に私は指の骨格が強調されないように、少し太めのデザインにしました(YTさん)

hana

リングが細すぎると歪みが気になるので、中くらいの太さに。ほどよくボリュームがあってお気に入りです(いなりさん)

「太いアーム」を選びました

hana

細いとなくしてしまいそうだなと思ったのと、夫の指には太いものの方が合っていたため(ふとももさん)

hana

フルエタニティのデザインで、ダイヤの大きさとのバランスを考えて、太めのアームにしました(ももさん)

似合う太さは十人十色。試着がマスト◎

自分たちにぴったりと合うアームの太さは、何といっても試着してみないとわからないもの。骨太さんでもきゃしゃなアームが似合うこともあれば、きゃしゃな指でも、長さがある人は太めのリングがしっくりとなじむことも。試着をして、自分に合う太さのアームを選んで。

「ツヤあり」がいい? 「ツヤなし」がいい?

光沢のある「ツヤありリング」にした花嫁は7割以上に!

hana

「ツヤあり」はキラキラして華やかで高級感があるイメージに。「ツヤなし」はマットな落ち着いたイメージで男性の手にもなじみやすく人気の加工です。アンケート結果では「やっぱり特別感のあるリングにしたい」と、77%の先輩花嫁がツヤありのリングを選んでいたことがわかりました。

「ツヤあり」を選びました

hana

マット加工も悩んだけれど、年を重ねてからもツヤのあるリングの方が飽きずに愛せる気がしたので(YTさん)

hana

最初はピカピカの指輪を着けたくてツヤ有りに。これからの人生で指輪に傷がついてツヤがなくなっても、それも味だなと思いました(いなりさん)

hana

光沢仕上げにしました。最初はキラキラして目立っていましたが、時間とともにちょうど良くツヤも取れてきて、より指になじんだ気が。磨き直したときに、きらめきが復活する楽しみも!(やまやま)

「ツヤなし」を選びました

hana

華やかなダイヤの付いたハーフエタニティ。ゴールドでもいやらしくなく、上品に見えたので(asaさん)

hana

お義母さんから婚約指輪を譲り受けたので、ダイヤを残してリメイク。ダイヤが大きい&表面素材がゴールドなので、ツヤがあると目立ちすぎるためマット加工のリングにしました(梅原 碧さん)

長く着けることを考えて選ぶと◎

結婚指輪の素材として一番人気のプラチナは、その輝きが人気の秘密。ツヤ消しの指輪は落ち着いた風合いで、キラキラした指輪が苦手という人や男性の指にもしっくりとなじむのが強み。ふたりでお揃いのリングにするために、ツヤなしを選ぶというのも◎。

ラインはストレート? ウェーブ?

人気はほぼ同率! デザインによって選ぶラインはさまざま

hana

結婚指輪は、選ぶ形によって見た目の印象も大きく変わるもの。まっすぐでシンプルなストレートか、波打つ形が印象的なウェーブラインを選ぶかで着けたときの立体感や、指輪の存在感が左右されます。「ストレートを選んだ」と答えた人は49%、「S字を選んだ」と答えた人は43%と、指輪のデザインや石の有無によってラインを決める人が多い傾向にあるよう。

「ストレート」を選びました

hana

ダイヤが20粒ほど付いていて、華しゃで細いリング。S字と迷いましたが、着けてみたらとてもフィットしたのでストレートにしました(新井 靖子さん)

hana

婚約指輪もストレートなので、重ね着けをしやすいように、同じストレートに(ちーさん)

「S字」を選びました

hana

婚約指輪がストレートなので、志向を変えて結婚指輪はウエーブタイプに。メレダイヤが流れるデザインとも良くあっているし、指も長く見えます(あやかさん)

hana

指が細くてキレイに見えるデザインと知って試着。ぴったり自分の指にフィットしたのでウェーブに決定!(Maikoさん)

ストレートは王道、美指を目指すならウエーブ!

ストレートはラインがまっすぐでシンプルなため飽きが来ず、ファッションやシーンを選ばずに着けやすい王道の一本。波打つようなウェーブラインが優美なS字やV字は、エレガントな雰囲気を醸し出し、加えて美指効果や指長効果がある。どちらを優先させるかで選んで。

From 編集部

本当に似合う一本をマリッジリングに!

日常的に使うマリッジリングだから、見た目だけでなく、素材や指のフィット感にもこだわりたいもの。ペアリングにするなら彼と好みをよく話し合って、運命のリングを見つけてください!

構成・文/細井彩絵 イラスト/寺澤ゆりえ
※掲載されている情報は2019年11月時点のものです
※記事内のデータならびにコメントは、2019年10月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー126人が回答したアンケートおよび既婚女性103人が回答したマクロミル調査、「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」(全国推計値)によるものです

  • 結婚指輪
  • アイテム検討期
  • スッキリしたい
  • さくさく読む
  • プラチナ
  • 定番の指輪デザイン
  • 幅広
  • きゃしゃ・細身
  • 男女ペアで一つのデザイン
  • ダイヤモンド
  • 誕生石
婚約・結婚指輪を探してみる
Share on>

pagetop