ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ウエディングドレス・衣装
  4. ドレス全般
  5. ”特別だけど私らしい”! リラックス系白ドレスSnap
ドレス
Share on>

”特別だけど私らしい”! リラックス系白ドレスSnap

moeさんのハネムーン写真

ウエディングの形もウエディングドレスも、理想は人それぞれ。憧れていた分、迷ってしまうこともあるかもしれないけれど、何より<自分らしさ>を大切に特別な日のためのドレスを選んだ素敵な花嫁の実例を編集部がピックアップ♪ 運命ドレスとの出会い方を詳しく取材しました!

ゲスト席を歩いて回れるのが素敵!クラス感もあるおもてなしドレス

前撮り・挙式ドレス/@ガーデン・式場

cup_of_tea_wdさんの白ドレス01
cup_of_tea_wdさんの白ドレス02
cup_of_tea_wdさんの白ドレス03

「新郎新婦がホスト役となってパーティを楽しむ」ことをテーマにした披露宴で、ゲスト席を歩いて回りたいという思いから、華やかすぎないコンパクトなデザインの白ドレスを選んだcup_of_tea_wdさん。2種類のコーディネート、実はドレスは同じものを着回しているそう! 小物使いで印象をがらりとチェンジしたテクニックが素敵です。

”私らしい”ドレスとの出会い方

花嫁アイコン01

普段はモード系のファッションが多いのですが、結婚式はクラシカルなスタイルにしたいと思っていたので、レトロな歴史的建造物の式場を選びました。そんな式場に合わせて選んだドレスは、ずっと憧れていたブランドで最初に試着したものです。(cup_of_tea_wdさん)

新郎アイコン

【from新郎】
試着室から出てきたときに、お義母さんと一緒に思わず「わぁっ!」と歓声を上げるほどよく似合っていました。試着は1着目でしたが、本人含め居合わせた全員が、内心「このドレスになるかも……」と思っていました。

花嫁アイコン02

上品なデザインと、ウエストが高めの位置にあってスタイルがよく見えるところが気に入っています。挙式はこれからなので、写真はいずれも前撮りのものなのですが、サッシュベルトを巻くだけで違うドレスのような印象に。クラシカルなイメージとロマンティックなスタイル、2つのイメージで前撮りすることができてよかったです。これから式本番なので、当日がとても楽しみです。(cup_of_tea_wdさん)

力みのない着こなしが◎! 風景に溶け込むエアリーなレースドレス

ハネムーン・ドレス/@ウユニ塩湖

moeさんの白ドレス01
moeさんの白ドレス02
moeさんの白ドレス03

挙式では「王道のプリンセスラインのウエディングドレスを着よう」と考えていたというmoeさん。挙式前のハネムーンでは、前撮りを兼ねてラフでナチュラルな雰囲気のドレスを、と選んだそう。

”私らしい”ドレスとの出会い方

花嫁アイコン01

前撮りを兼ねてウユニ塩湖へのハネムーンを計画していたので、絶景に合うドレスを選びました。甘すぎないシルエットで、ナチュラルなざっくりとした総レースがお気に入りです。
撮影する場所柄、汚れることが大前提だったので、いろいろなドレスショップも回りましたがイメージするものになかなか出会えず、普段のお買い物でたまたま訪れた海外系ファストファッションのショップでこのドレスに出会いました。(moeさん)

ゲストアイコン01

【fromゲスト】
ハネムーン先をウユニ湖にしたことや、旅行先で前撮りというプランを含めて、すべてが旅行好きなmoeさんらしい! ドレスも景色もとっても素敵でした。

花嫁アイコン02

「よかったことは?」
われながら、このドレスでウユニ塩湖へ行ったことは大成功だったと思います。大満足な前撮りをすることができて、人生最高の思い出になりました。前撮り後は、裾が塩や泥でかなり汚れてしまったのですが、お手頃なドレスを選んだことで旅先でも心置きなく楽しむことができました♪(moeさん)

ストーリー性が感動を呼ぶ♪ 世界に一つだけの母の手作りドレス

前撮り・挙式・披露宴(前半)ドレス/@式場ほか

かなんさんの白ドレス01
かなんさんの白ドレス02
かなんさんの白ドレス03

パタンナーのお母さんが縫われたお洋服を着て育った、かなんさん。特別な日のためのドレスも、生地や素材からこだわって選び抜き、一から手作りしてもらったという、まさに世界に1着のウエディングドレス。ストーリーのあるドレスは、きっとゲストの感動を呼んだはず!

”私らしい”ドレスとの出会い方

花嫁アイコン01

「Family Tree」をテーマに、リラックスできるアットホームな雰囲気の結婚式にしたかったので、ドレスも軽やかな印象になるよう、材料の選定からデザインまでこだわりました。服飾資材のお店が多い日暮里で、日々材料を探し回りました。スカート部分の生地は、実はカーテン屋さんで見つけたもの(笑)。背中のデザイン、フロント部分に付けた揺れるパール、裾のレース……全部がお気に入りです。(かなんさん)

ゲストアイコン01

【fromゲスト】
花嫁のお母さんの手作りということもあって、ほかにないデザインで、とてもお似合いでしたし、こだわりを感じられました。

花嫁アイコン02

「よかったことは?」
実家にもともとあったものや母の知り合いから譲り受けたもの、日暮里で見つけたもの……素材から選び、母が作ってくれたドレスを着ることができて、母と過ごした時間を振り返り、感動もひとしおでした。デザインもさんざん悩んで決めた、思い出の詰まったドレスなので、今年生まれた娘が成長して結婚式で着てくれたら……とひそかに夢見ています(笑)。(かなんさん)

一着を賢く着回してハワイ婚を満喫! 憧れ感もあるボリューミードレス

リゾート婚ドレス/@ハワイ

ayanaさんの白ドレス01
ayanaさんの白ドレス02
ayanaさんの白ドレス03

ハワイで挙式したayanaさんが選んだのは、ふわふわボリューミーなプリンセスラインの白ドレス。フォトツアー&レセプションパーティでは、同じドレスを小物でコーデチェンジ。クラス感とアクティブ感、どちらも一着で表現するアイデアは良いヒントになりそう。

”私らしい”ドレスとの出会い方

花嫁アイコン01

ハワイでのウエディングだったので、現地でレンタルできるものから選びました。それでも種類がたくさんあったので、気になるものはすべて試着。2着まで絞るのは早かったのですが、最後はすごく悩みました。最終的に選んだこのドレスは、動くたびにふわふわ揺れ動く、ボリュームたっぷりのチュールが素敵で、レースの刺しゅうやハート型にカットされた胸元などのディテールもお気に入りです。(ayanaさん)

ゲストアイコン03

【fromゲスト】
普段の大人可愛いファッションのテイストそのままのふわふわなドレスがとっても似合っていて、同じようなドレスを着たいと思いました。

花嫁アイコン02

「工夫したことは?」
ハワイウエディングということもあってドレスは1着だったので、挙式ではビジューのサッシュベルト、フォトツアーではピンクのサッシュベルトを合わせて雰囲気をチェンジしました。サッシュベルトは、着回しにとっても便利ですよ。SNSでも、見てくださった方からドレスについてお尋ねいただくなど、周りの反応が良かったのも嬉しかったです♪(ayanaさん)

From 編集部

<自分らしさ>基準で選ぶウエディングドレス

自分らしいドレスを選んだ花嫁さんたちに共通するのは、まずどんな結婚式にしたいかというビジョンを描いている、ということ。ゲストに近い距離で接したい、海外で前撮りや挙式を行いたい……といったビジョンがはっきりしていると、おのずと選ぶドレスも明確になるかもしれません。ドレス選びに迷ったら、<自分らしさ>という基準をプラスすると道が開けてくるかも!?

構成・文/ふなつあさこ
※掲載されている情報は2019年9月時点のものです

  • ドレス・衣裳
  • アイテム検討期
  • 大人かわいい
  • シンプル
  • アットホーム感
  • ロマンティック
  • シンプルテイスト
  • プリンセスライン
Share on>

pagetop