ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 二次会
  4. 【パーティのプロに聞く!】結婚式の二次会を「ありがち」「ただの飲み会」にしないコツ
演出アイテム等
Share on>

【パーティのプロに聞く!】結婚式の二次会を「ありがち」「ただの飲み会」にしないコツ

【パーティのプロに聞く!】二次会を「ありがち」「ただの飲み会」にしないコツ

結婚式の二次会に参加経験のある花嫁たちにアンケートを取ったところ、なんと90%以上の参加者が二次会に何らかの不満や、残念に思ったことがあると判明! せっかくの楽しいパーティ。ふたりもゲストも記憶に残る素敵な時間にするにはどうしたらいい? パーティのプロであるプランナーさんにそのコツを聞きました。

卒花さんに聞きました!

これまで参加した二次会「こんなところが残念でした!」
これまで参加した二次会「こんなところが残念でした!」

「だいたいお決まりのイベントやゲームをやって終わりなので二次会の記憶があまりない」(長谷川久美子さん)

#maさん

「特に何をするでもなく、ただの飲み会みたいになって終わった」(#maさん)

ayacoさん

「新郎新婦と会話する機会が全然なかった……」(ayacoさん)

arisaさん

「ビンゴゲーム。手っ取り早いのはわかるけど正直飽きているし、盛り上がりに欠ける」(arisaさん)

みゆきさん

「一部の人たちだけが盛り上がる、内輪ノリの内容だったのであまり楽しくなかった……」(みゆきさん)

決まりきったゲーム、ただの飲み会のようだった、ふたりと話せなかった、そもそもあまり記憶に残っていないetc.そんな残念な二次会にしないためにはどうすればいい? 

以下から、二次会づくりのプロである尾山知士さんにアドバイスをいただき、そのポイントを解説していきます。

【POINT.1】プログラムの最初に2つの山をつくる

二次会の重要ポイントはまずプログラムの作り方です。プログラムが盛りだくさんすぎると会話を楽しむ時間がないし、何もしないとただの飲み会になってしまうので、盛り上がる山を最初と途中の「2回」持ってくることで会全体が締まります。

最初のひと山はパーティの序盤! 例えば、ふたりの登場にインパクトを持たせたり、ケーキカットを入れたり、まずはゲストの視線を一点に集中させることで、披露宴から来た人と二次会から来た人の温度差を埋めます。

その温度差が埋まったところで、あまり間を空けすぎずにチームを作ると◎。日本人はシャイな人が多く、何もしないと知ってる人同士だけで固まってしまうため、受付で何か配っておくなどの仕掛けをし、チーム分けをしておくのがオススメ。

チームができたら簡単なイベントで、もうひと山! ふたりのことを知れるオリジナルのクイズやイベントを入れます。会場全体がある程度あたたまってきてから、後半に歓談の時間を持ってくると、ゲスト同士のご縁が繋がりやすく、会場の一体感が増します。

【From先輩花嫁】インパクト大なケーキとゲームで大盛り上がり!

【私たちはこうしました!】
【私たちはこうしました!】
【私たちはこうしました!】

[写真1枚目]インパクト大!のバスケットボールケーキを用意し、パーティ序盤のケーキカットから大盛り上がり

[写真2枚目]ケーキカットの後、中央のスライドをつかい「ゲスト同士で繋がってほしい!」という想いを共有しました

[写真3枚目]オリジナルのコースターは、色でチーム分け&ゲームで使うアイテムに

一緒に来た友達同士で集まるのではなく、ゲスト同士いろいろな人と交流を持ってもらえるように、ゲームの内容やゲストの配置を考えました。

ふたりの好きなものをテーマにしたゲームを、チーム戦で行ったことで、初めましての人同士でも話ができて協力し合えたりと、いろいろな人同士が仲良くなれたことが良かったです。(栗原 誠さん・ひとみさん)
取材協力/NEOFLAG.

【POINT.2】 ふたりらしいものを1つでも入れる

パーティには、必ずテーマやコンセプトを設定して。これはふたりの好きなもの、共通の趣味や出身地など、ふたりらしさが表れるものであれば、何でもいいと思います。テーマが決まれば、それに合ったBGMや料理、ドリンク、ペーパーアイテムなど、カンタンなものでいいので、揃えていくだけ。

そしてここが最も重要なポイントなんですが、このテーマと選んだ想いをパーティの最初にきちんと説明すること。二次会が始まる前に「今日のテーマはふたりの好きな●●●●です!」と最初に言っておくだけで、そのテーマがみんなの共通言語になりますから。一体感も生まれますよね。

こういった、ふたりらしい仕掛けを入れておくことで、夫婦のことをより知ってもらい、ゲストの記憶に残りやすいパーティをつくることができますよ。

【From先輩花嫁】ふたりの大好きな海をテーマに

【私たちはこうしました!】
【私たちはこうしました!】
【私たちはこうしました!】

[写真1枚目]ケーキカットの代わりにかき氷タワー! ブルーキュラソーとライチリキュールを掛けてトロピカル風味に。ゲストから「お~っ」という歓声がすごかったです

[写真2枚目]受付では、ディスプレー用のサーフボードを用意し、ゲストたちにそれぞれメッセージを書いてもらいました。パーティの装飾としてもオシャレ!

[写真3枚目]女性はヘッドドレス用に、男性はフラワーチーフ用に、全員お揃いのお花を用意。見た目も可愛いし、参加者全員がお揃いなので一体感も出ました

ふたりとも海&夏が大好きなので、パーティ内にリゾート感をちりばめました。感動的な会というよりも、元気で楽しい雰囲気にしたので、ゲストたちも盛り上がり、プログラムやディスプレーも私たちらしいと好評でした!
(榎本新之介さん・美友紀さん)
取材協力/NEOFLAG.

【POINT.3】 ゲスト参加型のプチセレモニーを入れる

挙式に参列できなかった方も参加する二次会だからこそ、ふたりが結婚したことをきちんと報告し、ゲストから承認してもらう時間を入れるのがオススメ。

セレモニーがあることで、参加した方にも「自分もこの結婚を承認する一人になれたんだな」「ふたりのために来て良かったな」と思ってもらえます。

「ふたりの結婚を承認してくださる方は、一斉にクラッカーを鳴らしてください」とか、照明を暗くして「スマホを照らしてください」など、内容は簡単にできるものでOK。

二次会をもう一つの結婚式と考え、ゲスト全員が「ふたりの式に参加している」と感じられることが大事です。進行がグダグダにならないように、司会の方にきちんと趣旨と方法をわかりやすく説明してもらうことも忘れずに。

【From先輩花嫁】ゲスト全員が参加! 水合わせのセレモニー

【from先輩花嫁】ゲスト全員が参加!水合わせのセレモニー
【from先輩花嫁】ゲスト全員が参加!水合わせのセレモニー
【from先輩花嫁】ゲスト全員が参加!水合わせのセレモニー

[写真1枚目] 招待状に「お水をお持ちになりまして、会場までお越しくださいませ。」とメッセージを添え、受付で集めました

[写真2枚目] 皆さんが持参してくださったお水と、一人一人の写真をスライドで上映

[写真3枚目] 最後にゲストたちの想いがこもったお水を合わせ、夫婦ふたりでオブジェに注ぎました

二次会のプログラムはプロデュース会社さんにお任せ。自分たちのイメージを伝えてそれを形にしてもらいました。
ゲスト参加型の水合わせのセレモニーは、打ち合わせで話をしていくうちに、参加した人みんなに、結婚を承認してもらえるというところが素敵だと思い、取り入れることに。思い出に残る演出になりました。
(Tさん・Yさん)
取材協力/NEOFLAG.

From 編集部

少しの工夫で記憶に残る二次会に

今回ご紹介したポイントはどれも簡単にできるものばかり。ちょっとした工夫だけでゲストの記憶に残る二次会にできるから、プログラム内容やふたりらしい演出など、ぜひ考えてみて。

尾山さん
Profile

尾山知士 NEOFLAG. 
メインプロデューサー

自由でクリエーティブなオーダーメイドウエディングを得意とする、人気のプロデュース会社「NEOFLAG.」にて数々のパーティをプランニング。カップルたちの希望を引き出し、想像を超える結婚式が叶うと定評がある。

構成・文/滝 紀子
※掲載されている情報は2019年8月時点のものです
※記事内のデータならびにコメントは2019年7月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー77人が回答したアンケートによるものです

  • 打ち合わせ開始期
  • 花嫁実例
  • スタイル提案
  • ふたりらしい
  • レストランウエディング
  • 二次会演出
Share on>

pagetop