ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ヘアメイク
  5. 人気のヘアの#黒髪花嫁だからこそ似合うアレンジ8style
ビューティー
Share on>

人気のヘアの#黒髪花嫁だからこそ似合うアレンジ8style

老若男女問わずに好かれる清潔感や、トレンドに左右されないタイムレスな美しさ。加えて純白のウエディングドレスに映えるとなれば「やっぱり結婚式は黒髪で」と選ぶ花嫁さんの気持ち、分かります! 黒髪だからこそ映える花嫁ヘアのコツを“その人らしい自然体”のアレンジが得意なヘアメイクさんに聞きました。

教えてくれたのは……

ヘア&メイクアップアーティスト武田隼人さん(PUENTE)
女優、モデル、アーティストから指名他、雑誌、広告などでヘア&メイクアップアーティストとして活躍中。ニュアンスのあるヘアアレンジや艶肌・骨格補正など本人の持ち味を生かした自然体のアレンジが得意。

ニュアンスのあるヘアアレンジや艶肌・骨格補正など本人の持ち味を生かした自然体のアレンジが得意。女優、モデル、アーティストからの指名他、雑誌、広告などでヘア&メイクアップアーティストとして活躍中!
Instagram @takechanmanhappy

明るい髪とはやや違う。“人気のヘア”を黒髪でつくるときに意識したいこと

/s/contents/article/web/beauty/hair_making/images/app000101162/IMG_2591.jpg

同じ髪型でも、黒い髪色と明るい髪色では印象やボリュームが異なって見えるので注意。次項では黒髪のよさを引き立たせるヘアアレンジを紹介していきます。

【 Highup-Style 】

1_黒髪=「ウェットな質感」が大事

【CHIGNON STYLE】 黒髪のローシニョンは産毛
まとめ髪スタイル

[ HOW TO MAKE ]
1 ワックスで全体にウェットな質感を仕込む
2 25mmのコテで根本までしっかりめに巻く
3 前髪を少量とり19mmのコテてラフに巻く

「旬」なスタイルを作るコツ

黒のまとめ髪はきちんとしすぎると少し古い印象に。毛先1本1本まで水を含んだようなウェットな前髪で、ラフに遊ばせて表情を出すと女っぽく可愛らしく仕上がる。

黒のまとめ髪はきちんとしすぎると少し古い印象に。毛先一本一本まで水を含んだようなウェットな前髪にすることで、ラフさを作り、ぐっと今っぽい雰囲気に。

ドレス27万円(レンタル)、ボレロ2万1000円(レンタル)/ともにアーネラクロージング、ティアラ1万4580円(レンタル)、イヤリング6480円(レンタル)/ともにThe Timeless Love、グローブ3780円/メゾンシュシュ

2_黒髪=高さUPの「ゴールデンポイント」が大事

黒髪をナチュラルにこなれさすほつれ毛
黒髪ヘアアレンジ

[ HOW TO MAKE ]
1 全体を巻き、ウェットな質感に
2 ゴールデンポイントでラフなお団子を作り、所々をWaxやつやスプレーでつや感をプラスする
3 顔周りの後れ毛は癖毛のような自然なカールで柔らかく作る
4 前髪に透け感を作り、フレッシュに仕上げる

「旬」のスタイルを作るコツ

黒髪はウェーブや編み込みが目立ちにくい代わりに、美しいシルエットを意識するとうまくいく。アップシニョンでは、あごからこめかみを結ぶラインの延長線上にある「ゴールデンポイント」にお団子を作ると、どこから

黒髪はウェーブや編み込みが目立ちにくい代わりに、美しいシルエットを意識するときれいに見えます。アップシニョンでは、顎からこめかみを結ぶラインの延長線上にある「ゴールデンポイント」におだんごをつくると、360度どの角度からもフォトジェニックに。

ドレス16万2000円(販売)/AIMER(AIMER 日比谷店)、ヘッドドレス1万800円/メゾン シュシュ、イヤリング4860円(レンタル)The Timeless Love

3_黒髪=毛束は巻かずに「つや感」が大事

クラシカルなポニーテール
黒髪ポニースタイル

[ HOW TO MAKE ]
1 全体を巻き、ウェットな質感で毛並を馴染ませておく
2 ゴールデンポイントで一つに結び、艶スプレーでまとまりをだす
3 おでこが四角の場合はおくれ毛を出すなど調整をする

「旬」のスタイルを作るコツ

人気のテールスタイル。黒髪のクラシックさを生かすなら高めのポニーテールで、毛先までまとまりのある束にすると上品な雰囲気に。ハチ部分は指の腹で頭皮を前後にこすり、地肌を見せて手ぐし感を出し古さを解消。

黒髪のクラシックさを生かすなら高めのポニーテールで、毛先までまとまりのある束を作ると上品な雰囲気に。ハチ部分は指の腹で頭皮を前後にこすり、手ぐし感を加えることで古さを解消。

ドレス23万7600円(販売価格)/AIMER(AIMER 日比谷店)、イヤリング6480円(レンタル価格)/The Timeless Love

【 Lowup-Style 】

4_黒髪=つやのある「魅せる毛流れ」が大事

【UP-STYLE】
クラシカルシニョン

[ HOW TO MAKE ]
1 髪の毛全体を巻く
2 前髪をS字にまとめる。一度立ち上げてから寝かせるときれい
3 前髪の毛先を内 OR 外にまとめる

「旬」のスタイルを作るコツ

艶のある黒髪はタイトで美しいフォルムがよく似合う。こめかみに沿うS字シルエットが柔らかで女性らしい印象に。トップもウェーブにはせず、シンプルに毛流れを見せる上品なたたずまいがおすすめ。

艶のある黒髪はタイトなフォルムがよく似合います。こめかみに沿うS字シルエットが柔らかで女性らしい印象に。トップもウェーブにはせず、シンプルに毛流れを見せる上品なたたずまいがおすすめ。

ドレス27万円(レンタル)/アーネラクロージング、ヘッドドレス9720円(レンタル)/The Timeless Love、ネックレス(大)4536円、ネックレス(小)2808円/ともにアネモネ(サンポークリエイト)

5 _黒髪=ボリュームUPする「縦長のおだんご」が大事

【UP-STYLE】
【UP-STYLE】

[ HOE TO MAKE ]
1 ぼんのくぼ(うなじ上部中央)で1つに結び、上下におだんごを2つラフにつくる
2 所々、Waxやつやスプレーを使いつや感をプラスする

「旬」のスタイルを作るコツ

黒髪で外国人風のラフ&リッチなまとめ髪を実践するには、お団子とおくれ毛が肝。おだんごは毛束を2つに分けて2段にすることでボリュームが出て地味見えを防げる。

黒髪で外国人風のラフ&リッチなまとめ髪を実践するには、おだんごと後れ毛が肝。おだんごは毛束を2つに分けて2段にすることで、ボリュームUP。地味見えを防げます。

ドレス25万9200円(レンタル)/アーネラクロージング、ボタニカルオーダーヘッドドレス価格未定(1万800円~オーダー可能)/botanical works

【 Harfup-Style 】

6_黒髪=重さを分散。「メリハリ」が大事

黒髪花嫁のハーフアップ
黒髪花嫁のハーフアップ

[HOW TO MAKE]
1 イヤートゥーイヤーで分け、ゴールデンポイントの高いところで結んだら、内に入れる様に巻き、少し重さを出す(ボリューム感が足りない場合、逆毛やすき毛で重さを足す)
2 襟足をラフめに外巻きに
3 トップの結び目に、透ける素材のリボンをON

「旬」のスタイルを作るコツ

黒髪のハーフアップは「ear to ear」と呼ばれる耳のラインで髪の毛をまとめることで高さを出し、下の髪の毛との間に余白を作ることで軽やかに見せるのがポイント。

黒髪のハーフアップは「ear to ear」と呼ばれる耳のラインで髪の毛をまとめることで高さが出て、下の髪の毛との間に余白ができ、軽やかに見えます。

ドレス25万9200円(レンタル)/アーネラクロージング、ヘッドドレス9180円/メゾン シュシュ

【 Down-Style 】

7_黒髪=NOT編み込み「つまむだけ」のラフさが大事

皆に愛される。ゆるふわガーリーダウン
ゆるふわダウン

[ HOW TO MAKE ]
1 全体を25mmのコテでランダム巻きにしてゴージャスな下地を作る
2 両サイドのこめかみ上とフロント部分をねじってとめる
3 こめかみとフロント部分は横につまんでAラインシルエットに整える

「旬」のスタイルを作るコツ

ナチュラルなウエディングスタイルが定着している今、黒髪花嫁にもラフなエアリーヘアが人気。ランダムに巻いたニュアンスウェーブに、トップは無造作なセンターパートで分けで立体感を。仕上げは耳を少し見せる程度

ナチュラルなウエディングスタイルが定着している昨今、黒髪花嫁にもエアリーヘアが人気。ランダムに巻いたニュアンスウェーブに、トップは無造作なセンターパート分け。耳を少し見せる程度に、顔周りの髪の毛をねじり止めることで軽やかな印象に。

ドレス23万7600円(販売)/AIMER(AIMER 日比谷店)、ヘッドドレス2万3760円(レンタル)/メゾンシュシュ

8_黒髪=重さでつくる「ゆるやかさ」が大事

黒髪花嫁スタイル
黒髪

[ HOW TO MAKE ]
1 太めのコテ(38mm)で巻き、ドライヤーで伸ばしながらブラッシング
2 艶スプレーでまとまりのある質感を作る
3 前髪の分け目が見えないようにヘッドピースを飾る

「旬」なスタイルを作るコツ

人気のテールスタイル。黒髪のクラシックさを生かすなら高めのポニーテールで、毛先までまとまりのある束にすると上品な雰囲気に。ハチ部分は指の腹で頭皮を前後にこすり、地肌を見せて手ぐし感を出し古さを解消。

黒髪花嫁にしか叶えられないスタイルがあるとしたら、それは「巻いているわけでも、ストレートなわけでもない」こんなニュアンスヘア。明るい髪色ではダメージの気になるところも、黒髪ならばまとまりが出て上品なオーラを纏えます。

ドレス24万8400円(レンタル)、ヘッドピース1万260円(レンタル)/共にアーネラクロージング

From 編集部

上品オーラをまとえる黒髪、タイムレスで美しい花嫁に!

日本人の黒い瞳を、より輝かせる効果もある黒髪。「つや質感」「巻かないゆる感」に気を付ければ、ゲストにも差がつく洗練スタイルが完成するはず! 当日までのお手入れも抜かりなく。

Shop list

アーネラクロージング

TEL:03-6447-7261

AIMER 日比谷店

TEL:03-3502-7124

サンポークリエイト

TEL:082-243-4070

The Timeless Love

[URL]http://timelesslove.jp

botanical works

[URL]http://botanicalworks.jp

メゾン シュシュ

[URL]http://m-chouchou.com

撮影/夕永貴教(PUENTE) ヘア&メイク/武田隼人(PUENTE) スタイリング/土田麻美 モデル/柿木アミナ、武居しおり ブーケ/RaQue 構成/真坂千稔(編集部)
※掲載の情報、商品の取り扱いおよび価格は2018年10月時点のものです

  • ヘアメイク
  • 打ち合わせ開始期
  • 大人かわいい
  • 大人きれい
  • ヒロイン気分
  • クラシカル
  • 髪質
Share on>

pagetop