ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 33歳からの大人スタイル Vol.14 「時を越えて心地いいもの」<前編>
結婚式スタイル
Share on>

33歳からの大人スタイル Vol.14 「時を越えて心地いいもの」<前編>

33歳からの“大人”なウエディングスタイルを発信する『ゼクシィPremier』などで幅広く活躍するフリーエディター、生駒知子が提案する大人のコンセプトウエディング。今回のテーマは「時を越えて心地いいもの」。時を越えて愛されているもの、守られている風習、 大事にしたい味……そんな要素を粋にちりばめた大人のウエディングをご紹介します。

招待状はゲストへ手紙を書くように。
パーティのエスコート役を添えて

image1

大切なゲストへの招待状は手書きにこだわって。メールや印刷の力を借りず、昔ながらの直筆の手紙だからこそ伝わる思いがある。そこには参列してもらう際のアイテムコードとアンティークのグラスマーカーを添えて。

ふたりをイメージした花が
当日のアイテムコードに

image2

欧米のホームパーティで花を持ち寄るように「ふたりをイメージした花」がアイテムコード。同封したネームカードを纏った花が参列者の証し。

ウエルカムドリンクは
家族の思い出の味

image3

ゲストを出迎えるのは、家族の祝いごとでいつも飲む、お決まりのスパークリングワイン。本日もこちらを選んで。

マイグラスを示すグラスマーカーが
ゲストのお供に

image4

グラスを取ったら招待状で贈ったグラスマーカーを付けて。古くから社交場で愛用されていたグラスマーカー。ずっと座るパーティ形式ではないため、席を動いてもグラスを間違えないようにと、粋な大人のアイテム。

ゲストからの花々が集う温かくて
コンセプチュアルなテーブル

image5
image6

ゲストが持ってきた花たちは、花嫁のブーケとして、テーブル装花として飾られる。ふたりへの解釈に個人差がありバラバラの花たちが集うけれど、逆にそれが楽しい。自分の名札を付けた花が加 わり、気取りのないテーブルが心地良さを誘う。

古くから愛されてきたお皿を
ゲストに合わせてコーディネート

image7

ゲスト一人一人に個性があるように、一枚一枚にニュアンスのあるアンティークの お皿を集め、ゲストの雰囲気やイメージに合わせてペーパーやギフトをセレクト。当時の技術で描かれたレトロな絵に長年に渡って刻まれた味わいがホッとするルックス。ゲストは自分をイメージしたセッティングを見て嬉しくなるだろう。

夜空を楽しむために屋上に設えた
巨大テントがパーティ会場

image8

いつでも席を立って星空が眺められるようにと、屋上を会場に。大切なゲストと語り合いながら数億年前の星の光りで乾杯できたら、なんて感動的!

Wedding Plan

<総額>168万4800円から
<ゲスト>50名から
<プランニング>万円から
<スペース>43万2000円
<フード>6480円から/名
<ドリンク>4320円から/名
<ケーキ> 1080円から/名
<フラワー> 32万4000円から
<挙式>5万4000円から
<写真>12万9600円から
<音響>10万8000円(照明、プロジェクター込み)
※衣装、ヘアメイク、交通費含まず

Wedding Information 1

◆プランニング
『THE WEDDING DAYS. 』
日常の延長線上にある結婚式と考え、最高に贅沢な時間を提供し、人生の「晴れの日」を大切にプロデュース。

東京都渋谷区神宮前2-31-7 ビラ グロリア201
URL: http://theweddingdays.com

◆スペース
『GARDEN HOUSE CRAFTS 』
「季節からのインスピレーションと手仕事」をテーマに、丁寧な工程で手作りすることを大切にしている。鎌倉・新宿にもレストランあり。

東京都渋谷区代官山町13-1
LOG ROAD DAIKANYAMA 5号棟
URL: https://gardenhouse-crafts.jp

Wedding Information 2

◆ドレス
『Monroe Garden Vintage Bridal Salon』
NYを中心にロンドン・パリ等世界中のヴィンテージドレスを用意。Treasure of your lifeをコンセプトに、時代を超越したブライダルドレスを提案。

東京都目黒区中目黒1-4-5 Fen.hairici 2F
URL: https://www.mgbridalsalon.com (アポイント制)

◆アクセサリー
『BROWN ANTIQUES, Gypsy Antiques』
フランスやロンドンから買い付けてきた、100年以上経っても大切に扱われてきた商品の数々に出会うことができる。

東京都渋谷区代官山町19-10 加藤ビル301
TEL: 090-5414-2019(Gypsy Antiques 専用)
URL: http://www.brownantiques.jp

Profile

生駒知子 ブライダルクリエーター

20年間ブライダル業界に携わり、現在はフリーエディターとして、主に『ゼクシィPremier』のスタイル提案、ドレス記事を制作。また『ゼクシィ』シリーズの表紙ビジュアルディレクターも担当。結婚式のプランニングなど、雑誌や広告を中心に幅広く活動中。

構成・文/生駒知子 撮影/Kimyongduck
ヘアメイク/山口ともこ モデル/Olesya Filippo
※掲載されている情報は2017年11月時点のものです

  • 式イメージ収集期
Share on>

pagetop