ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. その他親あいさつ・結婚報告
  5. 彼親が喜ぶ! 親あいさつ&顔合せ後のお礼の書き方【手紙・メール文例】
お金・常識
Share on>

彼親が喜ぶ! 親あいさつ&顔合せ後のお礼の書き方【手紙・メール文例】

結婚式の準備やこれから彼と新しい生活を始めるにあたり、彼の親ともいい関係を保っていきたいもの。「親あいさつ」や「婚約食事会(顔合わせ)」「結納」で、きちんとお礼をすることで、良好なファーストステップを踏むことができます。そこで、お礼の手紙(お礼状)やメールに使える基本の文例をご紹介。ポイントも参考に、ぜひ送ってみてください。

親あいさつ&顔合わせ後のお礼の「手紙&メール」の基本マナー

まずは、手紙(お礼状)やメールを送る上でのポイントをチェック。特に手紙の書き方では教養も試されることもあるので、基本のマナーを押さえておきましょう。

1.お礼の手紙やメールは早く出すことが大切。手紙は遅くても3日以内に、メールは翌日までに送る

2.相手との関係を踏まえて、手紙かメールかなどの「形式」や「文面」を柔軟に検討する
相手に気持ちをしっかり伝えるのは手紙がよいが、普段からメールする間柄ならメールでもOK

3.形式にとらわれすぎず、自分の言葉で、具体的に気持ちを伝えることが大切

4.手紙の構成は次のように
 (1)前文(「拝啓」などの頭語、安否を尋ねるあいさつ)
 (2)主文
 (3)末文(締めくくりの言葉、「敬具」「お礼まで」などの結語)
 (4)後付け(発信日、差出人名)

5.頭語と結語のルールを守る
「拝啓」と「敬具」、「前略」と「草々」など必ずセットで使う

親へのあいさつ後のお礼

親へのあいさつ後のお礼

彼の親に結婚の報告をする「親あいさつ」。その後に手紙やメール、電話でお礼を伝えたか聞いたところ、先輩花嫁106人に行った今回の調査では下記のような結果となりました。(複数回答)
 メールをした人 21.7%
 手紙を送った人 17.9%
 電話をした人  18.9%

結果としてはメールや電話が手紙を上回りましたが、より丁寧な印象のある手紙には「珍しくてとっても嬉しいと喜んでもらえた」といったように、彼親の反応も良いようです。

次から、彼親との関係性の違い別に2つの手紙の文例と、メールの文例をご紹介します。

【親あいさつ後の手紙文例1】初対面など、彼の親とまだ距離がある場合

親あいさつ後の手紙文例1
親あいさつ後の手紙文例1

(彼の父の名前)様
(彼の母の名前)様

拝啓

 先日はご多用の中、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。お母様のおいしいお料理をごちそうになり、素敵なご家庭のご様子にも触れることができまして、とても心温まるひとときになりました。すぐにでも感謝申し上げたく、お手紙をさせていただきました。
 また、●●(彼)さんとの結婚を快くお許しいただき、あらためて感謝申し上げます。まだまだ未熟ではございますが、今の喜びをしっかりと胸に刻み、ふたりで歩んで参りたいと思います。
これからもご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします。時節柄、ご自愛くださいませ。

敬具

平成●●年●●月●●日
●●●●(自分の名前)

■Point1
会ってすぐに出すお礼の手紙の場合、時候の挨拶(「立春とは名ばかりで寒い日々が続いておりますが」など)は、省いてもOK

■Point2
「忙しい」は「心をなくす」を意味するので、「お忙しい中」ではなく「ご多用の中」がお勧め

【親あいさつ後の手紙文例2】すでに何度か会っていて、親しい関係

親あいさつ後の手紙文例
親あいさつ後の手紙文例

(彼の父の名前)様
(彼の母の名前)様

前文ごめんください。
 先日は、お時間をいただきまして、ありがとうございました。ゆっくりとお話しできたのがとても楽しく、●●さんの幼少期のお写真もたくさん拝見し、感激いたしました。
 これまでも、●●さんのお父様、お母様にはとてもよくしていただきましたが、ようやくきちんと結婚のご挨拶ができ、本当にうれしく思っております。
 これまでの感謝を深く実感すると共に、お父様とお母様のように、明るく幸せな家庭を築いていきたいと思っています。
 結婚式に向けてのアドバイスをはじめ、今後ともいろいろとご指導いただけましたら幸いです。まずはお礼まで。ありがとうございました。

かしこ

平成●●年●●月●●日
●●●●(自分の名前)

■Point1
主文から始まるので、頭語と結語は「前略」「草々」か「前文ごめんください」「かしこ」がお勧め

■Point2
これまでお世話になったお礼もしっかりと伝える

【親あいさつ後のお礼メール文例】すでに何度か会っていて、親しい関係

【親あいさつ後のメール文例】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
無事に家まで帰りつきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先ほどは、素敵なおもてなしをありがとうございました。そして、結婚を快く許していただき、本当にありがとうございました。いつもおいしいお料理を頂きて感謝申し上げます。少しずつお料理も教えていただきたいと思っています。また近々お会いできることを楽しみにしております。今後とも末永くよろしくお願いいたします!

●●●(自分の名前)

先輩花嫁はお礼をした?

308007

翌日はがきをお送りしました。いただいた食事がおいしかったので、今度レシピを教えてほしいと伝えました。直接返事はなかったのですが、彼から「喜んでいた」と教えてもらいました。(ちるさん)

307905

彼のお母さんとはメールをするが、お父さんとはしないので、おふたりにお礼を伝えたいと思い、手紙を彼の父母宛てに送った。手紙は珍しくてとっても嬉しいと喜んでもらえた。(吉永千明さん)

314761

50代の若い父母なので、メールが一番都合が良いようでした。文面は実親にチェックしてもらい、帰宅してすぐに送りました。そのあとLINEの友達にもなりました!(えねるすさん)

親へのあいさつ後のお礼のPOINT

形式として必要な文に加えて、伝えるべき内容は次の通り。

・時間を取っていただいたことへのお礼
・おもてなしに対するお礼
・結婚を認めてくれたことへのお礼
・今後のふたりの抱負
・これからのお付き合いに対してのあいさつ

特にもてなす側からすると喜んでもらったことが、嬉しいことなので、例えば「お料理、みんなおいしくいただきました。特に卵焼きは感動しました。ぜひ、今度教えていただけますか」など、どのように感動したか、嬉しく思ったかは具体的に書けると、より気持ちが伝わります。

婚約食事会(顔合せ)・結納後のお礼

婚約食事会イラスト

すでに相手の家族と会っている段階であることが多いため、その後のお礼の手紙やメールを送った人については、親あいさつ後よりも少なめの結果となりました。(複数回答)

 メールをした人 22.6%
 手紙を送った人 4.7%
 電話をした人   17.0%

婚約食事会(顔合せ)や結納は親あいさつよりもより正式な場となるため、きちんとお礼をすることはお勧めです。
こちらも、彼親との関係性の違い別に2つの手紙の文例と、メールの文例を見ていきましょう。

【婚約食事会・結納後の手紙文例1】彼の親とまだ距離がある場合

【婚約食事会・結納後の手紙文例1】
【婚約食事会・結納後の手紙文例1】

(彼の父の名前)様
(彼の母の名前)様

前文ごめんください。
 先日は、両家顔合わせ(結納)のため、予定をご調整くださいまして、ありがとうございます。●●(彼)さんのご家族皆様にお会いできたこと、またあらためてご挨拶できましたこと、父母共々とてもありがたく思っております。
 まだまだ未熟ではございますが、今後は、●●さんと力を合わせて、温かい家庭を築いて参りたいと思いますので、引き続き、ご指導くださいますようお願い申し上げます。まずはお礼を申し上げます。ありがとうございました。

かしこ

平成●●年●●月●●日
●●●●(自分の名前)

■Point1
主文から始まるので、頭語と結語は「前略」「草々」か「前文ごめんください」「かしこ」がお勧め

■Point2
親あいさつよりも正式なので、今後の決意はしっかりと伝える

【婚約食事会・結納後の手紙文例2】すでに何度か会っていて、親しい関係

婚約食事会・結納後の手紙文例2
婚約食事会・結納後の手紙文例2

(彼の父の名前)様
(彼の母の名前)様

前略
 先日の両家顔合わせ(結納)では、ありがとうございました。●●(彼)さんのおじい様、おばあ様や●●さん(きょうだい)にもお会いでき、とても感激しました。これから本当の家族としてますます仲良くしていただけますようお願いいたします。
 私の父母もとても楽しい時間を過ごせた様子で、結婚式でまた皆さんにお会いするのが楽しみと話しておりました。私たちもお母様、お父様にご安心いただけますよう一歩一歩歩んでまいりたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 皆様にもどうぞよろしくお伝えください。ありがとうございました。

草々

平成●●年●●月●●日
●●●●(自分の名前)

■Point1
これまでも関係性も踏まえた、お礼とあいさつが伝わる内容に

■Point2
家族の反応や感想も伝える

【婚約食事会・結納後のメール文例】すでに何度か会っていて、親しい関係

婚約食事会・結納後のメール文例

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先ほどは、ありがとうございました!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無事帰宅しました。とても楽しかったためか、あっという間のひとときで、私の親もとても喜んでおりました。家族共々末永くよろしくお願いします。どうか、皆様にもよろしくお伝えくださいませ!

●●●●(自分の名前)

先輩花嫁はお礼をした?

307930

時間を作ってもらったお礼を伝えると共に、当日撮影した写真を同封。1週間後に投函しました。(マッキーさん)

314913

解散の前に両家への手土産をそれぞれ手渡し。その中に手紙を添えておきました。ずぼらな自分の性格上、すぐに手紙を渡してしまうことで連絡忘れを防ぎました。(川内真梨代さん)

307892

帰宅途中すぐにメールを送信。改まった会なので、ここは漏れのないように、またちゃんとしたごあいさつの内容にしました。(mayuさん)

婚約食事会(顔合わせ)・結納後のお礼のPOINT

形式として必要な文に加えて、伝えるべき内容は次の通り。

・予定を調整して時間を取ってくれたことへのお礼
・自分の家族の反応
・今後のふたりの抱負
・結婚式に向けてや、これからのお付き合いに対してのあいさつ

初めて会ったとき、どのような感想を持ったのかも義父母は気になるところなので、「私の父母も『素敵なご家族で、よい方とご縁があって幸せなことでありがたい』と申しております」など、印象も書けるとよいですね。

From 編集部

大切な節目に、しっかりとお礼を

親へのあいさつや婚約食事会(顔合わせ)は、ふたりにとっても彼親にとっても人生の大切な節目となります。「手紙ではかしこまりすぎるかも……」、「いつも通りのメールの感じでいいよね……」など、迷うこともあるかと思いますが、一つのけじめとして、ぜひきちんとお礼を伝えてみてください。文例は参考にしつつも、できるだけ自分の言葉をプラスして、お礼の気持ちをしっかりと伝えましょう。

岩下先生
Profile

監修/岩下宣子さん 現代礼法研究所 代表

時代に合うマナーの心を若い人にもわかりやすく伝えるマナーデザイナー。企業や学校などでマナーの指導をするほか、講演や執筆活動など幅広く活躍。

構成・文/小松七恵 イラスト/AkihisaSawada D/金丸さやか
※掲載されている情報は2017年5月時点のものです
※記事内のデータならびにコメントは2017年3月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー106人が回答したアンケートによるものです

  • 親あいさつ
  • 結納・食事会
  • 結婚決まりたて
  • 常識・マナー
  • 人間関係
Share on>

pagetop