ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 33歳からの大人スタイル Vol.12 「こだわりを貫く」<前編>
結婚式スタイル
Share on>

33歳からの大人スタイル Vol.12 「こだわりを貫く」<前編>

main

33歳からの“大人”なウエディングスタイルを発信する『ゼクシィPremier』などで幅広く活躍するフリーエディター、生駒知子が提案する大人のコンセプトウエディング。今回は、小豆島を舞台にオリーブにこだわり抜いたウエディングを提案します。

プライベートビーチを貸り切って
瀬戸内海をバックに誓いを立てる

image1

小豆島の土庄港から自転車で20分ほどのところにあるプライベートビーチ。透き通った青い海はどこか神秘的でセレモニーを行うには絶好のロケーション。オリーブの葉をポイントに、 ゲストに囲まれるように設えたステージがこの島らしさを醸し出す。

挙式を印象付けるオリーブの島
ならではのリーフシャワー

image2

フラワーシャワーはオリーブの葉にチェンジして、細かいところにもこだわりを。

小豆島へ渡るフェリーのデッキで
祝宴の旅の始まりを告げる儀式を

image3

ウエディングトリップのスタートセレモニーをフェリーのデッキで。瀬戸内の風を肌で感じながら、船旅気分を味わいつつ、小豆島への期待感を膨らませて。

オリーブで着飾った自転車が
ゲストを出迎え、島での相棒に

image4

小豆島へ到着するとゲストは早速サイクルステーションへ。正装しているかのような、オリーブを纏ったオリーブカラーの自転車が島での足代わり。

海外を思わせる絶景スポットを巡り
コンセプチュアルな記念撮影

image5

小豆島にはフォトジェニックなスポットがいっぱい。中でも島のシンボリックなオリーブ公園での一枚はゲストと共に同じポーズでキメてみると素敵な写真に。

ギフト用に、料理用に、
皆でオリーブオイルの調達へ

image6

美味しいオリーブオイルは現地調達が一番。式前日に島内の名店を巡って自分たち好みのオイルをゲット。

ビーチ前に佇むホワイトハウスが
式当日のウエルカムスペース

image7

式当日は自転車で会場のあるプライベートビーチへ。青い空、青い海に映える爽やかなマリンハウスで受け付けを。
*後編に続く*

Wedding Information

<会場>
両備フェリー株式会社
小豆島土庄港と新岡山港間を往復するフェリーは、1日13便運航。東洋のエーゲ海と称される瀬戸内の船旅が楽しめる。小豆島内ではプライベートビーチやキャンプ場、ホテルの運営も行っている。

<プランニング>
株式会社リョービツアーズ
現地を熟知した小豆島での前撮りフォトウエディングを幅広くプランニングし、移動交通手段や、宿泊施設の手配も一手に引き受けてくれる。また、ハネムーンも国内、海外どちらも手配可能。

<プランニング>
dressing
『Wedding×Life photostudio』をコンセプトに、ウエディングパーティのプロデュースも手掛けるフォトスタジオ。ベテランスタッフによるフォトジェニックなパーティが実現できる。

From 編集部

◆IKOMA’S EYE◆

日本のオリーブのルーツを辿ると、栽培発祥の地である小豆島に行き着く。瀬戸内に浮かぶ小豆島は、温暖な気候で海も素晴らしく美しく「地中海」を彷彿とさせる。迷路の町やアートでも話題になったこの島に、以前より興味があった私は、改めてそのポテンシャルの高さに魅かれ、早速小豆島へ。今回のプランニングは現地のフォトジェニックなポイントを熟知しているdressingへ依頼。せっかく小豆島に訪れるのなら、観光も含めて島中を楽しめるようにと、フェリーで渡るところから WEDDING TRIPが始まる。島へ到着したら、皆で自転車に乗り換え、景色を楽しみながら、翌日のウエディングの素材を集めていく。準備も含めてゲストと一緒に過ごす2泊3日の小豆島オリーブツアー。景色も料理も演出も、ここにしかないもので溢れている。

ikoma
Profile

生駒知子 ブライダルクリエーター

21年間ブライダル業界に携わり、現在はフリーエディターとして、主に『ゼクシィPremier』のスタイル提案、ドレス記事を制作。また『ゼクシィ』シリーズの表紙ビジュアルディレクターも担当。結婚式のプランニングなど、雑誌や広告を中心に幅広く活動中。

構成・文/生駒知子 撮影/Kimyongduck
※掲載されている情報は2017年5月時点のものです

  • 結婚決まりたて
Share on>

pagetop