ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 33歳からの大人スタイル Vol.10 「大人の遠足」(後編)
コラム・連載
Share on>

33歳からの大人スタイル Vol.10 「大人の遠足」(後編)

image01

33歳からの“大人”なウエディングスタイルを発信する『ゼクシィPremier』などで幅広く活躍するフリーエディター、生駒知子が提案する大人のコンセプトウエディング。今回は子どもの頃に経験した「遠足のワクワク感」をテーマにした、舞台は福岡の大人ウエディング。巨大なアトラクションに迷い込む、刺激的なウエディングの後編をご案内します。

バスの終点は幸せなウエディングの国?
粋な行き先案内に胸きゅん

写真1

粋なバスの行き先表示。このバスが連れて行ってくれる場所や時間に期待が高まる。

ゲストのイニシャルが席次に
かわい過ぎるシートがお出迎え

seat

ドレスアップした座席にはゲストのイニシャルが施され、その特別感にゲストは感動する。キスマークに託した花嫁のおもてなし。

夜の都市高速は絶景で迫力満点!
まるで感覚はジェットコースター

jet

海沿いの高速道路を走るのがOPEN TOP BUSの特徴の一つ。バスウエディングのメインイベントになる、風を感じながらのそのスピード感は、まさにジェットコースター級。みんなで両手をあげて大はしゃぎ!

中洲の街並みを派手に通り抜け
繁華街をゲストと一緒に観光

spot

ひとしきりはしゃいだ後は、市内の観光スポット巡り。3mほどの高さから大切なゲストと共に見る景色は、また違って見える。

ハッピーモード全開の花嫁から
投げキッスでLOVEのお裾分け

kiss

集まってくれたゲストに、感動を与えてくれたこの街に、感謝を込めた花嫁の投げキッスタイム。人生の晴れ舞台、世の中が祝福モードと勘違いするくらいがちょうどいい。

お気に入りの景色をオリジナルの
フレームで切り取って特別な写真に

orginal

ふたりが用意したのは小さなカードフレーム。景色を写り込ませて撮影すると、今日の日と福岡の景色がミックスされ素敵な写真になるように。一枚でも多く記憶を残してほしい、そんな願いを込めて。

途中下車したゲストを待つのは
ロマンチックで壮大なケーキカット

roman

ゲストは一度バスを降りることに。少し歩くと、そびえ立つ福岡タワーに圧倒される。さらに進むと、そこにはバス停をイメージした見事なステージが出現。光り輝くバスを前に壮大なケーキカットが執り行われる。誰もが予想できないクライマックスで大人の遠足は最大の盛り上がりを見せる。

【WEDDING PLAN】

<総額>64万7780円から
<ゲスト>30名
<バス>2時間 5万円程度から(21時以降。コース内容:福岡市役所前→福岡タワー→水上公園→福岡市役所前)
<挙式>5万4000円
<フラッグ>1080円×30名
<座席のデコレーション> 5400円×30名
<ペーパーアイテム>3078円から×30名(招待状、クラウン、お菓子のバッグ、ドリンクカップ、フォトカード)
<ケーキカットセレモニー>4万1040円
<プランニング>21万6000円
※含まれないもの: 福岡までの旅費、衣裳、ヘアメイク、軽食、バスアナウンサー、申請費用 ※金額については参考価格になり、距離や時間、時期により異なります。また、時期により対応できない可能性あり。要相談。

Wedding Information

<プランニング> 梶谷奈允子
フラワー&スペースデザイナー。ハリウッドセレブをはじめ多くの著名人のウエディングを担当。ハイブランドのパーティや展示会、ショーウインドーディスプレーなどもプロデュース。

<会場> 西日本鉄道株式会社
福岡市内の主要観光スポットを案内する、屋根のない2階建てバス。高さ約3.2mからの眺望は、普段とは異なる福岡の街並みを味わえること間違いなし。この地の自然や風を感じながら、「アジアの玄関口」である市内の見所を周遊。

<ペーパーアイテム> To Design
ユニークなパーティグッズ販売、ペーパーアイテムをオリジナルでデザインを手掛けている。オリジナル招待状50セット(1セット850円から)より注文可。

From 編集部

◆IKOMA’S EYE◆

「大人の遠足」。自分でテーマは決めたものの、晴れの日として、どこに行き、何をすれば、幼い頃のワクワクを取り戻し、いい時間を過ごせるだろうか。今号はそこから始まった。大人だから、そこそこ遠出はしたい、初めての経験もしたい、でも遠足の懐かしさも欲しい。たどり着いたのは福岡市内を派手に走り抜けるOPEN TOP BUS。修学旅行を思い出すバス旅行の懐かしさを逆手に取り、意表を突いた内容でウエディングの新提案を試みることに。今回のプランは奇抜なアイデアの中に細やかなおもてなしを得意とするコーディネーター梶谷奈允子氏に依頼。高速道路をジェットコースターのように声をあげ、街中をパレードのように手を振る。バスで移動しながら福岡市内を大きな遊園地のように遊び回るそのスケール感は、大人に相応しい遠足となった。そして随所にちりばめられたナイスなアイテムと演出は梶谷氏ならでは。お見事。

ikoma
Profile

生駒知子 ブライダルクリエーター

20年間ブライダル業界に携わり、現在はフリーエディターとして、主に『ゼクシィPremier』のスタイル提案、ドレス記事を制作。また『ゼクシィ』シリーズの表紙ビジュアルディレクターも担当。結婚式のプランニングなど、雑誌や広告を中心に幅広く活動中。

構成・文/生駒知子 撮影/Kimyongduck モデル/Arisu Takamatsu
※掲載されている情報は2017年3月時点のものです

  • 結婚決まりたて
Share on>

pagetop