ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. [インスタおしゃれ花嫁★数珠つなぎvol.8]ゲストを巻き込んで♪テーマウエディングをしたしーちゃんのおもてなし
トップ
Share on>

[インスタおしゃれ花嫁★数珠つなぎvol.8]ゲストを巻き込んで♪テーマウエディングをしたしーちゃんのおもてなし

テーマはヴィンテージサーカス

今、花嫁たちの情報源として見逃せないのが、SNS。特に『Instagram』(以下、インスタ)を駆使して、理想の結婚式づくりに全力投球! 数ある情報の中でも、おしゃれな先輩花嫁や準備中の花嫁アカウントは、等身大でとっても参考になります。そんなおしゃれな花嫁の準備テクを紹介♪

テーマは、ワクワクを詰め込んだ「ビンテージサーカス」♪

今回お話を伺ったのは、テーマウエディングをとことん追求したしーちゃん(@shi_chan1122wd)。

結婚式のテーマを教えてください。

「初めはナチュラルとか森のイメージだったんですが、他の人と違うふたりらしいものにしたいと思っていました。私は地元が九州なので、東京で式を挙げると、ゲストは東京に行くだけでワクワクしてくれるんですよね。だから、楽しいテーマにしたいなと思っていたところに、Pinterestでサーカスをテーマにしたものを見て、『ビンテージサーカス』に決めました」

ゲストの気持ちを考えて決めたテーマだったんですね!   さらに、ゲストに楽しんでもらいたいという思いから演出にもこだわりが!

誓いの言葉はみんなからのプレゼント!  ゲストを巻き込んだ人前式♪

誓いの言葉を飾ったウエディングツリー
新郎ゲストからの誓いの言葉
新婦ゲストからの誓いの言葉

以前友達の結婚式で「サムシング・フォー」の演出を見たことから、神に誓うだけでなくゲストが証人になる人前式に興味があったそう。

「堅苦しい雰囲気は、私たち夫婦は苦手だったので、内容を自由に決められる人前式にしたんです。誓いの言葉も招待状を発送した際に、返信用カードに『誓ってほしいこと』を事前にもらっていました。その中から、新郎新婦それぞれ10人ずつピックアップして、挙式会場に設置したウエディングツリーに飾っておきました」

ふたりをよく知っている家族や友人からの言葉なんて、素敵! オリジナルの誓いの言葉だからこそ、心に残りますね。ツリーに飾った誓いの言葉を、その場で選んだんでしょうか?

「はい、その場で友人を選び、祭壇までゲストに来てもらって直接誓いの言葉を掛けてもらいました。ゲストは、『自分が選ばれるかも』というドキドキがあったみたい(笑)」

それはゲストもドキドキしますね!  他にはどんな演出をされたんですか?

新郎のお母さんにも見せ場を!

お母さんからガラスの靴を
お母さんに履かせてもらったガラスの靴

「挙式では、新郎のお母さんからのプレゼントで『ガラスの靴』を履かせてもらいました」

まるでシンデレラのような演出!  結婚式では、新郎のお母さんはあまり前に出てこない印象なので、珍しいですね。

「確かにそうですね。このガラスの靴は、結婚が決まったときにお母さんが特注で作ってくれたものなんです。結婚式もとても楽しみにしてくれていて、その気持ちがとっても嬉しかったから、挙式の演出の一つに組み込みました!」

家族やゲストが楽しめるようにと考え抜いたしーちゃんだからこそのアイデアですね。

新郎だって結婚式の主役♪ 再入場は新郎のかっこいい姿を披露

新郎のフランベ演出
シェフにサポートしてもらいながら
新婦はエプロンをつけてサポート役

また、新郎や新郎友人が楽しんでくれることに比重を置いた演出も行ったそう。

「結婚式は、どうしても新婦にスポットが当たりがち。そうなると、新郎ゲストのワクワク感が減ってしまいます。そこで、再入場のときには、新郎が主役の演出にしたんです。彼が登場すると、サプライズでフランベをした後、お肉をサーブしました。ゲストのみんなが、驚きながら笑顔を向けてくれたのでとっても満足♪」

新郎に注目が集まる再入場ってなかなかないですもんね。新郎新婦それぞれのゲストに楽しんでもらうために、なるべく多くのゲストが結婚式の演出に参加できるようにしたそう。

しーちゃんは新郎がメイン演出の際は、友人特製のエプロンを着てサポートしたんだとか。

サーカスのようにみんなが笑顔になる演出を考え抜いたウエディング。常にドキドキとワクワクが溢れる演出は、ゲストの心にも残ったことでしょう。

紙袋に引出物を入れて帰るのって大変……

引出物を入れたトートバッグ

また、自分が他の結婚式に参加した際の気持ちをもとにDIYしたアイテムがあったとか。

「結婚式の帰りって、引出物がたくさん入った紙袋を持って歩くのがすごくストレスだったんですよね。ドレスアップしているのに、紙袋ってちょっと(笑)  だから、引出物を入れるためにトートバッグをオリジナルで作りました」

トートバッグですか!?  デザインもご自身で?

「はい。ゲストは老若男女さまざまだったので、みんなが使いやすいデザインを考えました。引出物は、ある程度の重さもあったため、丈夫なものをセレクトしました。結婚式が終わった後も、友達が遊ぶ際に使ってくれて、親族から『知人が欲しがっていて余ってない?』なんて嬉しい連絡も!」

思わず、「どこで買ったんですか?」と聞きたくなるほどの素敵なデザイン。楽しかった気持ちをそのままゲストが持ち帰れるように、袋までを引き出物の一つだと考えていたんだとか。

ゲストを思ったテーマウエディングは、ペーパーアイテムや装飾だけでなく、演出までこだわるのがおしゃれ花嫁さんのこだわりでした♪

【次回予告】ネクストナチュラルウェディングに迫る!

最先端のナチュラルウエディングは、ただナチュラルだけじゃ物足りない!  その一歩先は、ナチュラル×〇〇〇。

MADOKA(@monping_0621)さんが実践したおしゃれウエディングを徹底解剖しちゃいます。

From 編集部

テーマウエディグにこだわるなら演出まで!

テーマウエディングの準備を進める花嫁さんは、ペーパーアイテムや会場の装飾に力が入りますよね。もちろん、それらも大切な要素ですが、よりテーマにこだわった結婚式にするなら、「演出」も重要です。

結婚式は、「絶対こうしなければいけない」というルールはありません。ぜひ、テーマに合わせた演出を取り入れてみて!

挙式で自由度を求めるなら人前式がおすすめ。人前式は、神に誓うのではなく、集まってくれたゲストにこれからの夫婦のあり方を誓うもの。ゲストに直接言葉を掛けてもらえば、夫婦とゲストの距離がぐっと近づきます。

しーちゃんのように、招待状の返信などで事前に誓いの言葉をゲストに考えてもらえば、その場でゲストも言葉が出ない!なんて心配はありません。

ゲストと近いアットホームな雰囲気がお好みなプレ花嫁さんは、参考にしてみて。

取材・文/横山智世
※掲載されている情報は2017年2月時点のものです。
※ゼクシィinstagramアカウント(@zexyrecruit)にも素敵な写真がたくさん。ぜひフォローを。

  • 結婚準備全体
Share on>

pagetop