ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ブーケ・ブートニア
  5. フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips63「教えて、落さん! フローリストとのコミュニケーション」
コラム・連載
Share on>

フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips63「教えて、落さん! フローリストとのコミュニケーション」

ブライダルフラワーはわからないことだらけ! わからないだけに「こんなこと聞いても大丈夫かな?」とひとりもんもんとしている花嫁さんもいるのでは……。そこで、花嫁さんから寄せられたさまざまな疑問や不安について、フラワーデザイナー落 大造がズバリお答えします。今回は、「フローリストとのコミュニケーション」についてです!

Q.フローリストさんのモチベーションを上げる言葉は?(こめはぜさん)

ラン(エンシクリア、デンファレ)やクレマチスなどのブーケ

A. お客さまから言われてモチベーションが上がる言葉は、やはり「お任せします」だと思います。

ただ、この言葉だけだと、「なんでも構わない」と取られる可能性が無きにしもあらずなので、そのフローリストさんの個性や技術に信頼を寄せているということを伝えた上で、「楽しみにしています」とのひと言を付け加えるのをお勧めします。

「お任せします」はフローリストのプライドをくすぐりますし、「楽しみにしています」はその責任感をより強くしてくれると思います。

【写真】ラン(エンシクリア、デンファレ)やクレマチスなどを組み合わせたクラッチブーケ。フローリストとの良好なコミュニケーションで、こんな個性的なブーケが出来上がる

Q.フローリストさんにしっかり提案してもらうには?(松岡 愛さん)

ダリアやマグノリアの葉、ユーカリなどのブーケ

A.フローリストから提案がないのは、おそらく知識がないなどの理由ではなく、話のきっかけがうまくつかめないからではないかと思います。

そんなときは、花嫁さんの方から質問を投げ掛けてみるといいと思います。「こんなことを言ったら笑われるかな?」などの心配はご無用。いろいろなことを聞くことで、取捨選択で必要なものが残り、話の方向性も決まってくるのではないでしょうか。

そうしたお話の中でフローリストの方から「それは少し難しいので、こうしてみては……」など、具体的な提案が出てくると思います。

【写真】ダリアやマグノリアの葉、ユーカリなどのブーケ。花嫁さんの希望とフローリストの提案が合致すれば、思い通りのブーケに仕上がるはず

Q. こちらの意見が取り上げてもらえないのはなぜ?(和田沙織さん)

スカビオサやトルコギキョウ、ライラックなどのラウンドブーケ

A. その時季には入手困難なお花を指定される、あまり現実的ではないデザインをご希望されるなどという場合には、フローリストははっきりお断りするケースが多いと思います。

あいまいなことを言って、後に残念な思いをさせてしまうよりは、はっきりと断ることはむしろ責任感がある姿勢といえるかもしれません。ただ、人と人とのコミュニケーションなので、お断りの方法は各フローリストが苦慮しているところだとは思います。

フローリストは花嫁さんのお役に立ちたいと思って仕事をしているのは間違いのないところです。ですから、もし意見を却下されたのなら、なぜなのか理由を聞いてみてください。きっと納得できる答えが返ってくると思います。

【写真】スカビオサやトルコギキョウ、ライラックなどのラウンドブーケ。疑問に思ったことはフローリストにどんどん聞いて、納得いくブーケを

落氏の顔写真
Profile

落 大造 フラワーデザイナー

おち だいぞう/大手フラワーショップで8年の経験を積んだ後、独立して自由が丘に「les Deux(レ・ドゥ)」を開店。2016年11月からは「こあん(co-an)」と店名を変えた。ブライダルフラワーを中心に、誕生日や結婚記念日などお祝いのお花も手掛ける。『ゼクシィ』をはじめ、さまざまな雑誌で活躍し、繊細なセンスと個性的なアイデアで多くのファンを獲得している。

構成・文/粂 美奈子
※掲載されている情報は2017年1月時点のものです
※記事内のコメントは「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー111人が2016年6月に回答したアンケートによるものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • スッキリしたい
  • さくさく読む
Share on>

pagetop