ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. [インスタおしゃれ花嫁★数珠つなぎvol.7]最新! スニーカーウエディングを手掛けたsachiさん
演出アイテム等
Share on>

[インスタおしゃれ花嫁★数珠つなぎvol.7]最新! スニーカーウエディングを手掛けたsachiさん

sachiさんのスニーカーウエディング

今、花嫁たちの情報源として見逃せないのが、SNS。特に『Instagram』(以下、インスタ)を駆使して、理想の結婚式作りに全力投球! 数ある情報の中でも、おしゃれな先輩花嫁や準備中の花嫁アカウントは、等身大でとっても参考になります。そんなセンス溢れる花嫁の準備テクを紹介♪

ゲストに楽しんで欲しいから。スニーカーで気軽に!

足元が見える全員集合写真

今回は、最近カジュアルスタイルが好きな花嫁さんの注目を集めている「スニーカーウエディング」を行ったsachiさんに話を伺いました。

スニーカーウエディングを行おうと思ったきっかけは?

「堅苦しい結婚式にはしたくないなと思ったことと、ゲストに自分たちが着たいものを身につけて参列してもらいたかったんです。また、彼がスニーカー好きということもあり、スニーカーウエディングにしました」

ドレスコードを用いると、ゲストの中で参加へのハードルが高くなりそうですが、どうでしたか?

「よく色を指定したドレスコードはありますが、それだと難しいんですよね。でも、スニーカーなら誰しも持っているファッションアイテムなので、比較的取り入れやすかったと思います」

確かに絶対持っているものであれば、取り入れやすいですね! ゲストの方々も楽しんでいましたか?

「そうですね、もともとファッション好きの友達が多かったので楽しんでくれていました! 結婚式をきっかけに、『欲しかったスニーカー買っちゃった』とか『ちょっと高めのスニーカーを買えた』というゲストもいたみたいです(笑) 。もちろん私たちも結婚式に合わせて、お揃いのスニーカーを購入!」

スニーカーは、結婚式後も使えますからね!  ゲストは全員スニーカー参加?

「はい、後はスタッフの方にもお願いしてスニーカーで参加してもらいました!  会場に一緒にいるスタッフの方が革靴だとどうしても浮いちゃうだろうなぁと思って。フォトグラファーの方から『スニーカーは動きやすいね(笑)』なんて声も」

盲点!  確かにゲストだけでなく、スタッフも会場の雰囲気を一緒に作るメンバーですもんね。

また、せっかくスニーカーウエディングを行うなら、素敵な足元の写真も残したい!  sachiさんは、事前にフォトグラファーにお願いして足元がわかる写真をお願いしていたそう。事前に、「こんな写真を撮って欲しい」と相談しておく のが◎。

挙式と披露宴にギャップを作るのが大人のスニーカーウエディング

挙式は厳かに
挙式後に新郎新婦はお揃いのスニーカーに衣装チェンジ

ゲストと和やかな雰囲気で結婚式を楽しみたいと考えていたsachiさんですが、挙式はあえてキリスト教式できっちり行ったそう。

「会場は、教会の雰囲気が好きで選びました。大聖堂でしっかりしたキリスト教式を行いたかったので、挙式だけ新郎新婦はスニーカーを避けました。バージンロードは、スニーカーよりもパンプスや革靴の方がマッチしますし、挙式の少しピンと張り詰めた空気感を出したかったので。その分、挙式が終わりスニーカーに履き替えた瞬間からゲストとグッと距離が縮まりカジュアルな雰囲気を作り出せました!」

挙式と披露宴の雰囲気を変化させることは難しそうですが、新郎新婦がゲストと同じスニーカーに衣裳チェンジすることで親しみやすさがアップし演出にギャップが出ますね!

披露宴会場も、スニーカーに合わせた装飾を!

会場はスニーカーに合わせてカジュアルでナチュラルに

スニーカーウエディングの準備で一番大変だったことは?

「会場の装飾ですね。実は、披露宴会場が厳かな空間で、スニーカーと合わなくて…。プランナーさんと相談してイメージに合わせて装飾し直すことにしました。ナチュラルビンテージがテーマだったので、シャンデリアを隠すように布を垂らしたり、グリーンの植物をシャンデリアに巻き付けたり。テーブルには、グリーンのバルーンを設置しました」

sachiさんのウエディングに合わせて、一から作り出すくらいの勢いですね!

「まさに!  会場の準備は前日にしかできなかったのと、イメージが自分の中で決まっていたので他の誰かに任せることができず、当日の朝までプランナーさんと会場設置してました(笑)。今ではそれもいい思い出ですが、大変だったな。他にもテーブルアイテムもスニーカーウエディングに合わせて、ブランドロゴの入ったお皿ではなく、シンプルなものに変更してもらうなど総入れ替えしました」

当日の朝までだなんて!!!   こだわりが詰まったsachiさんならではですね。

ゲストに喜んでもらいたい。sachiさんの思いが詰まったDIYアイテム

手作りしたレザーの席札

sachiさんは、インスタやPinterestで海外のウエディングからアイデアを集めたそう。中でもお気に入りのアイテムは?

「席札ですね。席札って、テーブルに残されていたり、すぐ捨てられてしまったりするペーパーアイテムですが、ゲストに持ち帰ってもらいたいなと思い、レザーで作りました」

レザーの席札ですか!?  これは、どこかに頼んで作ったのでしょうか?

「いえ、全部手作りしました!  問屋さんでレザーを買って、席札の形にカットして、一文字一文字刻印していきました。彼にも手伝ってもらいながら、一生懸命作りました」

丁寧に作った席札は、味がありとっても素敵!

「ゲストにも喜んでもらえて、今でもストラップやバッグのチャームにしている人もいるみたい。時間がかかったけれど、手作りしてよかったと思えるアイテムです」

席札は、ペーパーアイテムという印象でしたが、結婚式後も利用出来るアイテムにもなるんですね!

【次回予告】サーカスをテーマにした@shi_chan1122wdさん

テーマを決めたウエディングは、どこから始めるべき? どこまで作り込む?
テーマがあるからできること、どのアイテムにどこまでこだわるか…疑問はいっぱい。

そこで次回は、サーカスをテーマにオリジナルの結婚式を作り上げた@shi_chan1122wdさんにお話を伺います!

From 編集部

スニーカーウエディングでゲストと普段通りに♪

かしこまり過ぎてしまいがちな結婚式。けれど、普段のコーディネートにも取り入れているスニーカーをドレスコードにすることで、いつも通りの雰囲気でゲストも新郎新婦も結婚式を楽しむことができるみたい!

ドレスコードと聞くと、「なんだかハードルが高そう…」と思いがちですがスニーカーなら、ドレスコード初心者でも取り入れやすいアイテム。

カジュアルに結婚式を楽しんで欲しいという花嫁さんは、ぜひ参考にしてみて!

取材・文/横山智世
※掲載されている情報は、2017年1月時点のものです。
※ゼクシィinstagramアカウント(@zexyrecruit)にも素敵な写真がたくさん。ぜひフォローを。

  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • 教会式
  • ガーデンウエディング
  • 挙式演出
Share on>

pagetop