ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. 希良の手作りストーリー episode21「リボンカーテンに揺れる思い出の家族写真」
コラム・連載
Share on>

希良の手作りストーリー episode21「リボンカーテンに揺れる思い出の家族写真」

完成品を持った仲川希良

**episode 21**
彼も私も、自分の家族が大好き。お互いの家族と家族になれることがとっても嬉しい! 結婚式では両家の思い出の写真を飾って、私たちを育ててくれた家族をゲストに紹介したいな。
*********
仲川希良が贈る、「ふたりのストーリー」を大切にした手作りウエディングアイテム。今回は写真をたっぷり飾れるリボンカーテンをご提案!

写真を飾ることもできるリボンカーテン

フォトスペースの演出などで人気のリボンカーテン。
ちょっとアレンジして、写真を飾り付けてみてはいかが?
使うリボンによって印象が全く変わるので、結婚式のテーマカラーに合わせて作っても素敵ですね!

準備するもの

並べられた材料と道具

<材料>
新郎新婦と家族の写真/円形リース2つ/ハート形リース1つ/レースリボン/針金/切り文字/アルファベットシール/木製ピンチ

<道具>
はさみ/グルーガン/グルースティック/両面テープ

白や生成りのレースを、太さや柄を変えて数種類用意し、ナチュラルでガーリーな印象にしました。

写真はコンビニのコピー機でも簡単にプリントすることができます。
時代や色みが違う写真をそのまま使うとごちゃごちゃしてしまうので、スマートフォンの加工アプリなどで色のトーンを揃えるとまとまりが出ますよ!

[1]リースにリボンを結ぶ

リボンをくぐらせたレース
リボンをくぐらせたレース

レースリボンを半分に折り、輪になった先端をリースにくぐらせます。
2本に分かれた反対側の先端を、輪の中にくぐらせて、ぎゅっと引っ張ります。

[2]リボンを全て結ぶ

リボンを結んだリース

[1]を繰り返し、2つのリース両方にレースリボンを結んでいきましょう。
太さや色がランダムに並ぶようにすると、ナチュラルで素敵。
これでリボンカーテンのベースは出来上がりです!

[3]リースに新郎新婦の写真を貼る

新郎新婦の写真を貼ったリース

新郎新婦の写真をそれぞれのリースに貼りましょう。
写真の上からリースを当て、接着させる位置に軽く印を付けます。
リースをいったん外して、印の辺りにグルーガンのグルーを点でたっぷりのせ、上からもう一度リースを押し付けて接着します。

[4]ハート形リースに家族の写真を貼る

家族の写真を貼ったリース
針金で繋がったリース

[3]と同じ方法で、ハート形のリースには両家の集合写真を貼りましょう。
新郎新婦の家族が一つになったことが感じられるように、3つのリースを繋げます。
繋げる位置を決めたら、リース同士が接している部分を細い針金で結べばOK。

[5]名前を飾る

グルーが乗せられた切り文字
名前が飾られたリース

アルファベットの切り文字を使って、新郎新婦や家族の名前を飾っていきましょう。
ツタのリースのような不安定な場所に接着するときは、グルーをたっぷりのせるのがポイント。小さい切り文字パーツは、パーツの方に直接グルーをのせると、はみ出さずにうまく貼ることができますよ!

[6]シールでメッセージを作る

アルファベットシールが貼られたリボン

リボンカーテンに飾る写真に、家族の名前や紹介のひと言などの、メッセージを付けましょう。
まずはレースリボンにアルファベットシールを貼って、メッセージを作ります。

[7]写真にメッセージを貼る

メッセージが貼られた写真
両面テープが貼られたリボン

メッセージの長さに合わせてリボンを切り、両面テープを使って写真に貼ります。

[8]写真をリボンに飾る

ピンチで留められた写真

小さな木製ピンチで、リボンカーテンに写真を飾っていきます。
新郎のリースには新郎側の、新婦のリースには新婦側の家族写真を、それぞれ並べます。
幼いころの写真と現在の写真を並べたり、バランスを見ながら配置してください。

[9]できあがり

出来上がったリボンカーテン

素敵な家族写真がいっぱいのリボンカーテンの出来上がりです!
ウエルカムスペースに飾れば、仲の良い家族の姿にゲストの心もあたたまるでしょう。
結婚式の後には新居のインテリアにも出来ますし、親にプレゼントしてもいいかもしれませんね。
家族が増える幸せをかみしめながら、ふたりで仲良く手作りを楽しんでくださいね!

仲川希良写真
Profile

仲川希良 モデル

多摩美術大学卒業。雑誌やテレビ、ラジオなど幅広い分野で活躍。『ゼクシィ』誌面でもドレスページや演出ページで花嫁役を務めてきた。「ふたりのストーリーを大切に」をテーマに、手作りウエディングアイテムを提案する。

制作・撮影・文/仲川希良(なかがわきら)
※掲載されている情報は2017年1月時点のものです

  • 演出・アイテム
  • アイテム検討期
  • 温かい
  • 大人かわいい
  • ナチュラル
  • ふたりらしい
  • 家族の絆
  • ハンドメイド
Share on>

pagetop