ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. 先輩花嫁がズキューン! 私たち、運命のチャペルに出合いました
結婚式スタイル
Share on>

先輩花嫁がズキューン! 私たち、運命のチャペルに出合いました

タイトル上

彼との愛を誓う憧れの舞台、チャペル。その決め手はアクセス?予算? もちろんそれも大事だけれど、あなたの心の声である「ときめき」に耳を傾けることを忘れてない?
今回は、“運命のチャペル”にハートを射抜かれ、こだわりを持って式を挙げた先輩花嫁4人にインタビュー。恋に落ちるのと同じく、運命の出合いは突然やってくるのです……。

憧れを超えた非凡な“バージンロード”にズキューン!―かなさん

1人目

―――チャペルでの挙式に憧れてたそうですね?

実はチャペルでの結婚式は子どもからの憧れ。特に海外によくある赤くて長いバージンロード……、その上を歩くことが夢でした。
憧れを追い求め、チャペルを十数軒ほど見学していたら、そのうちの1軒に想像の斜め上を行くバージンロードが!
それは「クロスバージンロード」。
十字の形に交差しているバージンロードに、私の目はくぎ付けに……。

―――え、だって長いバージンロードを探してたんじゃ……?

確かに、元々はそうでした。でも、「新婦は入り口から真っすぐ、新郎はクロスロードから横に進みます。真ん中のクロス地点で新郎新婦が出会い、その先の未来(祭壇)へと一緒に歩いて行く、そんな意味があるのです」という説明を受けて、私の心には、電気が走るような感覚があったんです。
ただ長いだけがバージンロードではないのだと……。
心が震えるとは、こういうことなのだと……。

―――ちなみに、ほかのチャペルと迷うことはなかった?

正直言うと……ありました。元々憧れていた長い深紅のバージンロードのチャペルもあったから。でも、何ていうんでしょうね。悩んでいても、私の心と体が行くべき場所を知っていた……って思います。私の誓う場所はここにある、と。

当日の様子

チャペル1

ゲストとの距離が近いチャペルで、アットホームに誓えました。珍しいバージンロードにはゲストも大注目! 自身の憧れを超える挙式になって大満足です♪

ゲストとの距離が近いチャペルで、アットホームに誓えました。珍しいバージンロードにはゲストも大注目! 自身の憧れを超える挙式になって大満足です♪

予算も高めだったのですが、一生に一度のことですし後悔は絶対にしたくないと思いました。迷ったときは、自分やゲストがより笑顔になれるかを想像してみるのもいいと思いますよ!

360度の“ステンドグラス”にズキューン!―目黒綾乃さん

2人目

―――理想のチャペルイメージは元々持っていた?

ステンドグラス×天井高めの荘厳で神聖なチャペルでやる!という思いは譲れないものでした。その思いを胸に会場見学へ。最後に行ったチャペルは、まさに運命でした。
憧れのステンドグラスで360度全て囲まれている「ステンド過ぎる」チャペル。さらに、真っ白な大理石でピカピカに磨き上げられたバージンロードにふたりの姿が反射して映り、そのさまは私にウユニ塩湖をほうふつとさせました!

―――なるほど。でも、ステンドグラスは他の会場にもあったのでは?

360度囲まれている、ということが大事なんです。
美しさにうっとりしていたのもつかの間、模擬挙式がスタート。
真っ暗になったチャペルに、新婦が入場し一歩ずつ進むごとに場内のステンドグラスが歩みに合わせて明かりを灯していく演出に、目がクラクラ……!
それを見て、それまでに行った会場の存在は頭から吹っ飛び、「ハレルヤ!(訳:ここしかない!)」そう強く確信し決断したのです。

―――彼は違う会場が気になっていたようですが?

はい、木目が好きな夫は別会場で気に入ったようでした。ただ、こちらも譲れぬものは譲れません。会場のプランナーさんに「ここでやりたいから説得して!」と頼んで彼を説得してもらいました。

当日の様子

チャペル2

美しく神聖なチャペルでの式に、いつもの私のナチュラルなイメージを知っていたゲストはとても驚いた様子! ステンドグラスの美しさに囲まれて、もう1回ここでやりたい、と思うほど充実した式でした。

美しく神聖なチャペルでの式に、いつもの私のナチュラルなイメージを知っていたゲストはとても驚いた様子! ステンドグラスの美しさに囲まれて、もう1回ここでやりたい、と思うほど充実した式でした。

実は、併設する披露宴会場が 思っていた雰囲気と異なるものだったのですが、最初に見たときの「ここだ!」というインスピレーションが忘れられず、気持ちを押し通しました。

光と緑あふれる“3面ガラス張り”にズキューン!―mayuさん

3人目

―――どんな挙式に憧れを?

ハワイや軽井沢などリゾートウエディングを検討していた私たち。ナチュラルなGardenでRelaxした式をすることが理想でした。緑がある会場を中心に見学を始めた1軒目、既に運命の歯車は回り始めていました。

―――1軒目で!? いったい何が起きたって言うんですか!?

チャペルに案内され、扉が開かれた瞬間、そこに感じたのは森の風のフレーバー……。
前、横、天井、全てがガラス張りのチャペルは、屋内でありながらGardenにいるような開放感。祭壇の上にある照明もModernで、インテリアまで全てにセンスを感じられるChapel。私と彼らの全ての周波数がピッタリと合い、歓喜の目まいを覚えました。
How Beautiful it is!  次の会場には行かず、その場で即決したのは言うまでもありません!

―――Oh, エクセレント! 感動するとつい英語で表現してしまうタイプですか?

いいえ、いくら私たちが海外ウエディングに憧れていたとしても、ここまで謎に英語で答えるわけがありません。全てはライターさんのオーバーな表現です。

当日の様子

チャペル3

お昼から始まった式は快晴。天井から光が優しく差し込み、キラキラと輝くチャペルに大切なゲストのみなさん。扉が開いて再び感動してしまいました!

お昼から始まった式は快晴。天井から光が優しく差し込み、キラキラと輝くチャペルに大切なゲストの皆さん。扉が開いて再び感動してしまいました!

最初にチャペルに入ったときのトリハダは別格でした。ふたりの誓いの場なので、より神聖な気持ちで立てる場所で選んでいいと思います!

神聖な雰囲気を後押しする“挙式演出”にズキューン!―桜井恵さん

あ

―――どんな思いで会場選びを?

「人とかぶりたくない」そう思い、常にオリジナリティーを求め歩んできた彼と私。少し変わった演出があると知って、見に行ったのは壁一面が白亜で清楚な印象を感じるチャペル。

―――変わった演出、とはいったい……?

それは、「フェザーシャワー」。青いライティングで祭壇が照らされ、天井からゆっくりと舞い降りてくるのは青と白のフェザー。時間は約1分弱くらいだったはずだけれど、その間は美しい生演奏と生ゴスペルが流れて、体感的には永遠に続く時間のように感じました。
こんな幻想的な瞬間が、この世にあるなんて……。純粋に感動しました。

―――それが決め手になった、と?

いいえ、それだけではないんです!
言葉に言い表せない美しさに見とれていたら、プランナーさんが教えてくれたんです。
「青いライティングも青いフェザーも、花嫁の幸せを願うサムシングブルーの意味です」。
……しびれました。これ以上の会場はない、と確信した瞬間でした。

当日の様子

チャペル4

当日、祈りを捧げ視線を床に落としていると上から落ちてくるフェザーの影が見え、その美しさに感動して涙が。ゲストからも感動的だったと大好評。

当日、祈りを捧げ視線を床に落としていると上から落ちてくるフェザーの影が見え、その美しさに感動して涙が。ゲストからも感動的だったと大好評。

最初に会場に入った時に「あ、ここの会場好き!」って思いました。直感ってやつですかね。実は予算オーバーだったんですが、印象に残り続けたこの会場に決めました。自分の直感を信じるのも大事だと思います。

From 編集部

ズキューンとくるFeelingでチャペルを選んだっていい!

事前に思い浮かべる外せない条件、理想があるかもしれないけれど、見学に行き「ズキューン!」とハートを射抜かれるインパクトはチャペル選びに必須! まずはいろいろ見学に行って、チャペルに対するあなたのFeelingを確かめてみて。彼との愛を誓う、大事な舞台だからこそ、心の声に素直になったっていいんです!

取材・文/YUCO イラスト/本田佳世 構成/小森理恵(編集部)
※掲載されている情報は2016年12月時点のものです
※記事内のコメントは2016年10月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー103人が回答したアンケートによるものです

  • 式イメージ収集期
  • 花嫁実例
  • ヒロイン気分
  • テンションあげたい
  • 頑張りたい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop