ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 【4つのタイプ別】”料理のお金”30代ならどこまで掛ける?
お金・常識
Share on>

【4つのタイプ別】”料理のお金”30代ならどこまで掛ける?

image0

大人のおもてなしの要、料理。大人花嫁は参列経験豊富なゲストたちを満足させるべく、 どこまでこだわり、お金をかけるかが悩みどころ。大切なのはゲストをどんな風にもてなしたいか。ここでは【基本派・グルメ派・オリジナル派・エンターテイメント派 】とタイプ別に料理のこだわり方を紹介。何を重視したいかを明確にすることで、金額を明確にして見積りの大幅UPを防ごう。

相場

<33~39歳の大人花嫁の料理費用の相場>

(以下1名あたり)
・料理 ★平均1.6万円

・子ども用料理 ★平均4643円

・ドリンク ★平均4100円

・乾杯用ドリンク ★平均1336円

(以下総額)
・デザートビュッフェ ★平均8.5万円

<基本派>こだわりは少なめタイプ

基本派

まずはこだわりは少なめの基本派タイプなら。
*基本コースでOK
料理・飲み物は妥協したくないと、ランクアップやアレンジをする大人花嫁はたしかに多いが、試食会で申し分ないとふたりが話し合って問題がなければ一般的な金額のコースをセレクト。

*ただし、試食はマスト
料理に定評のある会場だから……と心配がなくとも、必ず一度は試食しボリュームや盛り付け、味など自分自身で確認をしよう。

*子どもゲストへの配慮は忘れずに
30代花嫁のゲストには子ども連れも多い。その場合お子さまコースやワンプレートメニューを用意しよう。またアレルギー対応なども念頭に入れゲストにあらかじめ希望を聞いておき、会場に相談を。

<グルメ派> 質にこだわりタイプ

グルメ派

*コースをランクアップ!
大人花嫁に多いグルメ派タイプは、ゲストの満足度をUPさせるためランクアップ前提で試食&見積もりを。初回の見積りはランクが一番下のプランの金額が提示されていることが多いため、この時点で上げた場合の見積りをもらおう。

*数種類試食を
コースごとにランクの高いものに変更する、メインなど一部のメニューをグレードアップする、品数を増やす、品数は抑えてメインのお肉のランクを上げる……など、方法はさまざま。まずはプランナーにランクアップのバリエーションを聞き、数種類試食し検討をしてみて。ちなみにシェフによるメニュー説明が可能なら、美味しさにより説得力をもたせたるので加えてみてもよいかも。

*ドリンクはゲストの顔触れにあわせて
お酒好きなゲストが多いなら、アルコールのメニューは増やし、楽しんでもらいたいところ。シャンパンやワインの銘柄・産地にもこだわれたら、より大人なおもてなしに。飲まないゲストが多ければ、ソフトドリンクの種類を豊富にする、ノンアルコールカクテルを加えるなど。ゲストの顔触れで検討するとよい。

<ふたりらしさ派> オリジナル重視タイプ

ふたりらしさ派

*シェフと創るメニューを
オリジナルを大事にしたいふたりらしさ派は、シェフと直接相談してメニューを決められる会場を選びたい。

*会場決定前に確認を
コースにないメニューを作ってもらえるのか、食材は指定できるのか、追加の額はいくらなのか、など会場を決定する前に交渉は必須なので注意をして。

*料理を通してふたりのことを知ってもらおう
地元の名産品や食材を使う、家族の懐かしの料理をアレンジする、ふたりの思い出のメニューでふるまう、ふたりの職業や趣味にちなんだデザインで世界にひとつだけのウエディングケーキにする……などアイデアはさまざま。特別な演出がなくても、ゲストにとって印象に残るものになる。

<エンタメ派> 料理演出を楽しみたいタイプ

エンタメ派

*料理演出でサプライズ!
目でも楽しめるものに、というエンタメ派は、料理演出を得意とする会場を選びたい。どんなことが可能なのか、金額とあわせて確認し検討してみよう。

*ゲストの五感を満たそう
オープンキッチンで出来たての料理を運んでもらう、ゲストの目の前でシェフのデモンストレーション(フランベなど)を行いインパクトのある演出で楽しませる……などあるが、もちろん実施していないところもあるので、やりたいことがある場合は会場決定前に金額も含めて確認を。

*女性ゲストが喜ぶデザートビュッフェ
空間を華やかにさせるだけでなく、ゲストが自由に動けてプログラムのメリハリがつけられたり、新郎新婦が自らサーブすれば、ゲストとふれあえる時間にもなるデザートビュッフェ。季節にあわせたデザートがあるとより◎。男性向けに、デザート以外で麺類などを用意できる会場も。

From 編集部

料理のお金はゲストを何で満たすのかによって大きく変わる

ゲストを思う気持ちから、あれもこれもと追加にし結果見積りが大きく上がってしまいがちな料理。見積りのブレを最小限に留めるポイントは「ゲストを何で満たしたいか」を考え、どこの部分にこだわりたい(妥協したくない)か、こだわらないかを決めておくこと。料理はおもてなしの気持ちを表現し、ゲストの満足度を左右する大事な要素の一つなので、どのタイプにふたりの気持ちがあてはまるのか、じっくり検討しよう。

構成&文/毛塚美登理・鈴木さやか
※掲載されている情報は2016年11月時点のものです
※データ出典/料理平均、ドリンク平均についてはゼクシィ結婚トレンド調査2017(東名阪合算値)の33歳~39歳の金額から(ご祝儀制の場合)、他2016楽天データより参照

  • 結婚決まりたて
Share on>

pagetop