ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. お願いダーリン! 出番はココよ!! ~式直前1カ月編~
演出アイテム等
Share on>

お願いダーリン! 出番はココよ!! ~式直前1カ月編~

「お願いダーリン」シリーズ第6弾は、「結婚式場直前1カ月」に発生する「スピーチの検討」「直前ビューティ」「お車代の用意」「荷物の搬送」などを進める段取りの中で、先輩花嫁たちが「彼にこうしてほしかった……」という5大場面をご紹介。この記事をLINEなどのSNSで彼ともシェアし、ふたりの場合にはどうするか、ぜひ話し合ってみてください!

【お願いダーリン01】スピーチという大舞台をぶっつけ本番にしないで……

【お願いダーリン01】スピーチという大舞台を、ぶっつけ本番にしないで…

ゲストからの注目が一気に集まる瞬間といえば、そう、スピーチ。ここで彼の印象が決まると言っても過言ではありません。「ありのまま」の姿ももちろん魅力的ですが、ここ一番の大舞台だからこそ、ダーリンたちには頑張ってほしい!

お願いしたかったよダーリン

先輩花嫁

スピーチは早めに原稿を考えてほしかった。彼は「当日思ったことを話す」と言い、あまり考えてなかった。当日緊張して、始めのあいさつを失敗していた。(重見有希さん)

先輩花嫁

ウエルカムスピーチと謝辞が完成したのは当日の朝。急いでチェックしてみると言葉遣いが怪しいところも多かったです……。もちろん覚えることもできず、本番ではカンペを読みながら。それでも間違えたりしていて、笑いが起きていた。(廣瀬佐季子さん)

できれば8割以上は暗記して話す練習をしよう

スピーチにもある程度の「型」はあります。その「型」をしっかり自分にたたき込んで初めて、当日の雰囲気や感情に合わせたアドリブを利かせることができるもの。なるべく早い段階でスピーチの大まかな流れを決め、見なくても言えるようになるくらい暗記できるとベストです。

また当日、ゲスト全員の視線が自分に注がれることは想像以上に緊張するもの。その緊張に打ち勝つためにも、数回声に出して話す練習をしておくことがおすすめ。ばっちり決めて、当日のスポットライトを楽しんでくださいね。

【お願いダーリン02】お礼やお車代は、感謝の気持ちを込めてほしい

【お願いダーリン02】お礼やお車代は、感謝の気持ちを込めてほしい

式直前になると、細かな作業が意外と多く発生します。でもどれも、ふたりの結婚式を実現するためには大切なもの。何一つおざなりにはしたくないところですが、ちょっと雑なダーリンにやきもきする花嫁たちも。

お願いしたかったよダーリン

先輩花嫁

一応必要な人数と額は出してくれたが、その分のお金を下ろして新札に替えて、封筒に詰めたのはすべて私。当たり前に私がやるもんだみたいにしないでほしかった。(かにこさん)

先輩花嫁

ゲストへのお車代や主賓へのお礼など、すべて私任せの彼。彼のゲストのうち、誰に渡したらいいのか私では完璧には把握できないので困った。(大石智佳さん)

細かい作業でも、積もれば山の労力に

ふたりの結婚式にはどんな人に来ていただくのか、お車代やお礼を準備することで改めて確認できる良い機会となります。またふたりの関係者をより深く知ることもできるので、そのチャンスだと思って準備に取り組むのもおすすめ。

またリスト作りや金額の確認などの事務的な作業は、この日にやる!と決めて集中して終わらせることで、意外とあっという間に終わってしまうかもしれません。ふたりで数時間を取れる日を調整して取り組んでみましょう。

【お願いダーリン03】当日は自分も「見られている」という意識を持って!

【お願いダーリン03】当日は自分も「見られている」という意識を持って!

結婚式は花嫁が主役と今でも思われがちですが、花婿だってもちろん主役のひとり。ゲストからの注目も集まるので、ビシッと決めて臨みたいところ。ダーリンたち、意外と細かいところまで見られてますよ!

お願いしたかったよダーリン

先輩花嫁

ヘアセットすら要らないと言った彼。なんだか花嫁ばかりが張り切っているようで気が引けた。ひげも自分でそっていたので、式中に早くもうっすら伸びてきており、当日参列されたゲストに「ひげちゃんとそったの?」って聞かれたりしていました(笑)。(mittyさん)

先輩花嫁

彼も一緒に受けられるプランがあったのに、かたくなに「エステは不要」と言い切った彼。当日彼の指や顔の産毛が気になり、だから言ったのに……とちょっとモヤモヤしました。(梛 淑恵さん)

やっぱりプロに磨かれると全然違う!

ひげのシェービングや当日のヘアセット、少量のファンデーションを塗ることなど、ダーリンにとっては初めての体験となるものも多いかと思いますが、やっぱりプロの手に掛かると仕上がりは別格。

お酒で顔が赤くなりやすかったり青ひげが気になるという場合にはファンデーションを、指輪交換時に指のアップの写真を残すという場合にはネイルや指毛のケアを行うなど、一生の記録に残ることも意識して、最低限のお手入れを検討するのがおすすめです。

【お願いダーリン04】荷物搬送がどれくらい大変か理解してほしい

【お願いダーリン04】荷物搬送がどれ位大変か理解してほしい

結婚式直前のやることリストのうち、意外に時間と手間と労力を必要とするのが「荷物の搬入」。衣裳小物や手作りアイテムなど、カップルによっては車1台に乗り切らないほどの量になる場合も。力仕事でもあるので、ダーリンにも頑張ってほしいところですが……。

お願いしたかったよダーリン

先輩花嫁

式場への荷物の持ち込みはすべて私が担当したので、とても大変でした。親に頼んで一緒に手伝ってもらい、すごく苦労したことを彼は知りません……。(ミサリンコさん)

先輩花嫁

荷物の持ち込みには車を出してくれると言っていた彼。それがダメになって、結局私が宅配をお願いした。自分で持ち込みリストを作り、できるだけ箱が小さくなるように詰め、前日の搬入や確認もすべて私がしました。そんな中で、彼の「言ってくれたらやるけど何か?」みたいな姿勢はやめてほしかった。(かにこさん)

これぞダーリンの出番! 可能な限り頼りにしたいところ

細かな荷物を整理してまとめるのは彼女の仕事、それを運ぶのは彼の仕事など、荷物の搬入はふたりで力を合わせてやり遂げたいもの。都合上どうしても難しいという場合には、持ち込みリストを一緒に確認してもらうなど、彼にもしっかり関わってもらいましょう。

「持ち込む荷物はすべて、ふたりの結婚式に欠かせないもの」という意識を持ち、ふたりで協力し合うことで、より結婚式への思いも深まるはず!

【お願いダーリン05】内祝いの準備も、もっと丁寧にしようよ!

披露宴に招待できなかった人や、ご招待したけど出席できなかったという人からご祝儀や結婚祝いを頂いた場合は、お祝いのお返しをするのがマナー。 可能な限り、個人個人に喜んでもらえる品を丁寧に選んで贈りたいところですが……。

お願いしたかったよダーリン

先輩花嫁

私からやるよ!と言うまで、彼は自分が受け取ったお祝いへの内祝い準備は放置。最終的には一緒に選んでお返しできたものの、結婚したら私まで常識ないと思われるからやめてと怒った。(korilaさん)

先輩花嫁

彼の親族への内祝いなのに、「そっちの親族と一緒でいいから」と言われた。好みなどもあるから確認しているのに。(ちはるさん)

親族への内祝いは、親へも相談してみよう

内祝いは、結婚式を終えてからなるべく早く、遅くても1カ月以内に贈るのがマナー。式を終えた後にばたばたしないためにも、お祝いを頂いた方へのお返しの品は式前に検討しておきましょう。

また、内祝いは個人の好みに合わせた贈り物を贈るのが一般的。遠い親族などへ贈る場合の品に悩んだときには、それぞれの親にアドバイスをもらいましょう。お祝いする側、される側両方が気持ち良い関係でいられるよう、感謝の気持ちを込めて内祝いを贈りたいですね。

From 編集部

ありがとう・お互いさま精神を持って過ごそう!

結婚式直前になると、細かさと丁寧さを必要とする作業が増えてきます。一見すると地味で何ともなさそうな作業でも、一つ一つをこなしていくと意外と労力が掛かるもの。どちらか一方に負担が掛かるとせっかくの特別な結婚準備期間も台無しになってしまうので、ありがとうとお互いさま精神を持って、最後の準備期間を楽しく幸せに過ごしてください!

構成・文/島袋芙貴乃 イラスト/佐々木千絵
※掲載されている情報は2016年11月時点のものです
※記事内のコメントは2016年10月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー99人が回答したアンケートによるものです

  • 挙式・披露宴
  • 内祝い・ギフト
  • 式直前1カ月前
  • 花嫁実例
Share on>

pagetop