ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. 「羽のドレスコードでクラシックに決めるペアコーデ」スタイリスト判治ミホのwedding story book52
コラム・連載
Share on>

「羽のドレスコードでクラシックに決めるペアコーデ」スタイリスト判治ミホのwedding story book52

ブーケを持つ花嫁

スタイリスト的な視点からフォトジェニックなウエディングを提案してきた判治ミホが、ふたりらしいウエディングをつくるための簡単アイデアとヒントをご紹介。
ドレスコードを決めると統一感のあるおしゃれなコーディネートに作りやすい。今回はラグジュアリーなイメージでいろいろな種類のある「羽」をドレスコードに。ゲストにも伝えてみんなで楽しむのも素敵。

クジャクの羽をアクセントにした
アーティスティックなブーケとブートニア

ブーケを持つふたり
ブーケを持つ花嫁
ブートニアを持つ花婿

特徴的なピーコックアイ(クジャクの羽)を使ったブーケ。お花以外のモチーフをブーケとブートニアに取り入れると、よりお揃い感がアップ。

ドレス31万3200円(販売)/GINZA COUTURE NAOCO、スーツ一式5万9400円(レンタル)/カークメンズフォーマル

miho’s check

ピーコックアイは、色使いや模様が特徴的なので、すごく主張してきます。あまりカラフルな中に入れ込むと派手過ぎる印象になりやすいので、色みを限定したシンプルめのブーケに合わせました。
色数を絞っている分、お花の種類はできるだけたくさん交ぜ込むと表情が出て可愛くなります。
色合いや存在感をアクセントとして使うピーコックアイですが、ブーケの中からそこだけ浮いてしまうのは避けたい。合わせるお花のシルエットにこだわると素敵にまとまります。
全体的にころんときれいにまとまらないように、羽のふさふさしたシルエットに合わせて、小さな葉やグリーンがあちこちに飛び出すような感じでラフに束ねると全体のバランスが良くなります。

ヘッドドレスとおそろいのシューズを手作りで
羽を使った衣裳小物

靴を触る花嫁
羽の靴
ヘッドドレスのアップ

貼っていくだけで様になりやすい羽。ボンネ台やシンプルな靴に使って、簡単に衣裳小物を手作りしてみよう。

イヤリング5200円(販売)/プティラブーシュカ

miho’s check

意外と苦労する可愛い花嫁靴探し。気に入ったものが見つからないなら、シンプルな白い靴を買って、テーマに合わせてリメイクしてみては。
鳥の種類によっていろいろな模様の羽が市販されています。カラフルに着色されたものもたくさんあるので、好みのものを買ってきて、グルーガンでぺたぺた貼るだけでOK。
せっかくなので、ヘッドドレスもお揃いで。手芸洋品店などでボンネ台が市販されているので、靴と同じようにグルーガンで貼っていけばいいだけです。
靴をわざと見せるようなポーズもフォトジェニック。バレリーナみたいなポーズで撮った写真は思い出に残りそう。

羽のアイラッシュやネイルシールを使って
メイクで取り入れるドレスコード

つけまつげ
ネイルの寄り

ドレスコードをメイクやネイルに取り入れるとさりげなくておしゃれ。特徴的なピーコックアイの模様を生かしつつ、くどくならないように控えめに使うのがポイント。
お色直しに取り入れれば、印象的なイメージチェンジに。

miho’s check

ピーコック柄のアイラッシュは、全部付けるとステージっぽくなってしまうので、長さを3分の1くらいに短く切って、さらに目尻側が長い三角形になるように斜めにカット。それでもボリュームが多いようであれば、縦にはさみを入れて毛量をすいてあげるとなじみやすい。
自まつげにもブルーのアイシャドーをつけて、アイラッシュだけ浮かないようにします。ピーコックアイのカラーに合わせてアイシャドウを濃くするとパーティ色が強くなってしまうので、ここは引き算メイクでブラウン系などに落ち着かせると花嫁さんらしい上品さを損ないません。
ピーコック柄のネイルシールなども市販されているので上手に取り入れてみて。

判治ミホ
Profile

判治ミホ スタイリスト

ウエディング雑誌、広告などで活躍するスタイリスト。パーティプロデュース、ドレス、小物などのデザイン、コーディネートを展開する花嫁のためのセレクトショップ「プティラブーシュカ」を主宰。
http://www.loveshka.com
ドレスやアクセサリーなどのデザインはもちろん、ウエディング小物の制作や、コラージュ、ブックデザインなども得意とする。本アプリでは、撮影ディレクション、スタイリングを担当。
その色使いや小物使いには独特の世界観がある一方で、花嫁が自身の結婚式に取り入れやすい内容を常に意識してアイデアを提案している。
著書:『賢い乙女のハッピーウエディング』(宝島社)

Shop list

カークメンズフォーマル

TEL 03-5772-5595

GINZA COUTURE NAOCO

TEL 03-3535-3784

プティラブーシュカ

TEL 03-3656-3316

構成・文・スタイリング/判治ミホ 撮影/かくたみほ ヘア&メイク/AKI モデル/Mario、Hanna 装花協力/cherry radish
※掲載されている情報と商品の取り扱いおよび価格は2016年11月時点のものです

  • ドレス・衣裳
  • 結婚準備全体
  • スタイル提案
  • ゴージャス
  • ヒロイン気分
  • ボルドー
  • クラシカル
  • スーツ・その他
Share on>

pagetop