ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. 「デニムスタイルの晴れの日の衣裳」スタイリスト判治ミホのwedding story book51
コラム・連載
Share on>

「デニムスタイルの晴れの日の衣裳」スタイリスト判治ミホのwedding story book51

高砂の二人

スタイリスト的な視点からフォトジェニックなウエディングを提案してきた判治ミホが、ふたりらしいウエディングをつくるための簡単アイデアとヒントをご紹介。
ウエディングのラグジュアリーなイメージとは正反対のデニム。正装の場面ではカジュアル過ぎると諦めないで、普段からデニム好きのふたりなら晴れの日の衣裳もふたりらしく。ポイントを押さえればカジュアルダウンし過ぎないおしゃれなウエディングスタイルに。

デニムジャケットで軽やかに着こなす
ウエディングドレス

デニムを着る花嫁
デニムを着る花嫁
バストアップ

ふわふわのボリュームスカートにデコラティブなデザインのデニムジャケットを合わせたフェミニンコーデ。ビジューアクセをしっかり着けてカジュアルダウンし過ぎないように。

[写真1枚目][写真2枚目]ドレス28万800円(レンタル)、バングル8640円(レンタル)/共にアーネラクロージング、デニムジャケット/スタイリスト私物

[写真3枚目]ボンネ1万5000円(レンタル)/プティラブーシュカ、イヤリング6480円(レンタル)/アーネラクロージング

miho’s check

デニムジャケットに合わせるなら上半身はビスチェタイプでデコルテをすっきり出すとドレッシーに。ここが隠れると普通の洋服っぽくなってしまいます。
ジャケット自体にもデザインのあるものを選ぶとカジュアルになり過ぎず、フェミニンなイメージにつくりやすい。
アクセは着け過ぎてもNGですが、イヤリングなどのポイントにじゃらじゃらめのビジュー系などを入れると程よくラグジュアリー感をプラスできます。シルバーの爽やかなものを選ぶのがおすすめ。
ヘッドドレスはぜひ白で。ボンネなど広めの面積のものを使うと良いバランスです。

デニムシャツをフォーマルに着る
ワンランク上のおしゃれメンズスタイル

新郎全身
新郎バストアップ

タキシードのパンツとデニムシャツの間を取り持つヒッコリーのベストがポイント。メイクやアクセを使わないメンズは、カジュアルダウンし過ぎないよう、ヘアスタイルに気を使おう。

タキシード一式8万1000円(パンツ、ちょうネクタイのみ使用)(レンタル)/カークメンズフォーマル、ベスト、シャツ、/共にスタイリスト私物

miho’s check

レンタル衣裳のタキシードに手持ちのデニムシャツを合わせてみる。フォーマルコードの温度差があり過ぎて難しいコーディネートですが、うまく合わせてあげるとおしゃれ上級者のウエディングスタイルに。
ここでポイントになるのがベスト。パンツと共のベストではシャツだけが浮いてしまいます。デニムのイメージからかけ離れない、かつ少しフォーマルめのものを選ぶとしっくりきます。

おそろいのデニムアイテムで
仲良くペアコーデの再入場

エプロンコーデ
エプロン姿の二人

お色直しで新郎新婦おそろいのアイテムを身に着けてペアコーデを楽しむのも。○○風とテーマを決めて登場すると、ふたりの趣味や嗜好(しこう)が伝わり、ゲストも楽しく。

ドレス24万8400円(販売)/YUKINORI MORINAGA(1+1)、キャスケット8856円(販売)/CA4LA ショールーム、タキシード一式8万1000円(シャツ、パンツのみ使用)(レンタル)、シューズ3240円(レンタル)/共にカークメンズフォーマル、ハンチング9612円(販売)/CA4LA ショールーム、エプロン(新郎、新婦)/共にスタイリスト私物

miho’s check

そうは言ってもデニムを婚礼衣裳に取り入れるのはなかなかハードルが高いと思った人は、演出の一環として遊び心のあるお色直しを実践してみては。
取り入れたのはデニムのエプロン。これならそれぞれの衣裳の上から着けるだけで簡単にイメージチェンジ。
せっかくなのでハットもおそろいでかぶると、可愛いカフェの店員さん風のカップルコーデに。
キャメル色のスエードの生地がおそろいで、新婦はキャスケット、新郎はハンチングと、形違いにすると変化がついてこなれ感が出ます。エプロンも、新婦は女性らしいフルエプロン、新郎はスタイリッシュなギャルソンエプロンで。

判治ミホ
Profile

判治ミホ スタイリスト

ウエディング雑誌、広告などで活躍するスタイリスト。パーティプロデュース、ドレス、小物などのデザイン、コーディネートを展開する花嫁のためのセレクトショップ「プティラブーシュカ」を主宰。
http://www.loveshka.com
ドレスやアクセサリーなどのデザインはもちろん、ウエディング小物の制作や、コラージュ、ブックデザインなども得意とする。本アプリでは、撮影ディレクション、スタイリングを担当。
その色使いや小物使いには独特の世界観がある一方で、花嫁が自身の結婚式に取り入れやすい内容を常に意識してアイデアを提案している。
著書:『賢い乙女のハッピーウエディング』(宝島社)

Shop list

アーネラクロージング

TEL 03-6434-0575

カークメンズフォーマル

TEL 03-5772-5595

CA4LA ショールーム

TEL03-5775-3433

プティラブーシュカ

TEL 03-3656-3316

1+1

TEL 03-6408-1951

構成・文・スタイリング/判治ミホ 撮影/かくたみほ ヘア&メイク/AKI モデル/Mario、Hanna 装花協力/cherry radish
※掲載されている情報と商品の取り扱いおよび価格は2016年10月時点のものです

  • ドレス・衣裳
  • 結婚準備全体
  • スタイル提案
  • カジュアル
  • ナチュラル
  • ふたりらしい
  • レストランウエディング
  • キュート
Share on>

pagetop