ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエルカムスペース
  5. ウエルカムドリンクでおもてなし! おまかせ派もセルフ派も
演出アイテム等
Share on>

ウエルカムドリンクでおもてなし! おまかせ派もセルフ派も

ゲストへの最初のおもてなし、ウエルカムドリンク。会場に着き、きれいでおいしいドリンクを飲むと一気にリラックス。おもてなし花嫁たちのウエルカムドリンクには工夫がいっぱい! ぜひ参考にして、素敵なドリンクで大切な人たちをもてなして。

カクテルやおしゃれなビールで海外のガーデンパーティ風!

ドリンクジャー画像
ビール画像
ゲスト画像

会場で準備してもらった5種類のソフトドリンクに加えて、ドリンクジャーに入れたサングリア、モヒート、オレンジジュースと、世界各国のビール10種類を自分たちで持ち込み。さまざまな種類のペーパーストローも用意して、かわいく飾った。

花嫁画像

女性ゲストは「見た目もかわいい!」とたくさん写真を撮ってくれていました。男性ゲストも珍しいビールに盛り上がって、楽しそうでした。(沖口あゆみさん)

[写真1枚目]ドリンクジャー入りの華やかなカクテルにはフルーツがたっぷり
[写真2枚目]新郎新婦がお互いの友人たちと海外旅行先で飲んだ思い出ビールは、ブリキバケツに入れて。見た目もおしゃれで到着した瞬間からワクワクしそう
[写真3枚目]思い思いのドリンクを手に記念撮影。まるで海外のウエディングパーティみたい!

名前もレシピもお手製! ふたりのオリジナルカクテル

新郎オリジナルカクテル
新婦オリジナルカクテル
オリジナルメニュー表

ウエルカムドリンクが豊富な会場で、アイスドリンク、ホットドリンク各5種類に加えて、プラス料金なしでオリジナルのノンアルコールカクテルを3種類まで作ることができた。新郎、新婦それぞれが名前や味を考えて作ることにして、おしゃれなオリジナルドリンクが完成! ノンアルコールカクテルのメニュー表は新婦の手作り。

花嫁画像

オリジナルカクテルは「珍しい!」と好評でした。ほとんどの友達がオリジナルカクテルを飲んでいて、メニュー表も写真に撮ってくれて、楽しんでもらえてよかったです(まぁさん)

[写真1枚目]新郎が考案したのはテーマカラーにちなみんだキウイ×ジンジャーエールの「Green Wedding」
[写真2枚目]新婦が考えた「Spring has come」。ザクロとカルピスを使い春挙式と「ふたりに春が来た」という二つの意味を込めた
[写真3枚目]「ナチュラルでかわいい」を目指したメニュー表。イラストやフォントの素材集をフル活用し、素材感にもこだわった。メニューの順番も、どうしたらゲストが見やすくて選びやすいか新郎と試行錯誤して決めた

好きなキャラクターをイメージ 会話が弾むこだわりカクテル

ウエルカムドリンク
ウエルカムドリンク
ウエルカムドリンク

プロポーズされたテーマパークのキャラクターをイメージして、アルコールとノンアルコール3種類ずつ、計6種類のカクテルを用意。ドリンクに力を入れている会場だったので、追加料金はなし。キャラクターそのものではなく、色やイメージでさりげなく取り入れたいという希望を、フルーツの切り方やその色のカクテルが会場で用意できるかなど、プランナーが一緒に考えてくれた。

花嫁画像

私はブライズルームにいたので見られなかったけど、みんなが送ってくれた写真には、ドリンクを持って撮ったショットやドリンク単体など、ウエルカムアワーの写真が本当にたくさん。一つの演出だけでなく、おもてなしの時間を楽しんでもらえてすごく嬉しかったです。(えなさん)

[写真1枚目]アルコールは、オレンジパイン、ローズ梅酒、ライチカルピス。ノンアルコールは、クランベリーアップル、ブルーベリーヨーグルト、メイプルミルクティーの3種類。ひと目見た瞬間にテンションが上がるかわいいカクテルにゲストは感激!
[写真2枚目]誰もが知っているキャラクターをあえて色だけで表現することで大人のウエルカムドリンクに
[写真3枚目]ティアラを載せてプリンセスをイメージ

地元の味をゲストにシェア! 気遣いも光るボトル入りのジュース

リンゴジュース
ゲスト画像

花婿は北海道、花嫁は青森出身。北海道の名産品は引菓子やクイズの景品に取り入れたので、ウエルカムジュースを青森のおいしいリンゴジュースにすることに! いろいろなリンゴジュースを調べて、取り寄せてみて味がおいしく、デザインもオシャレな、スパークリングアップルに決定。

花嫁画像

準備中でその場にはいられず「あまり飲まれないかな?」と不安だったけど、プランナーさんに「みんな飲んでましたよ♪」と教えてもらえて嬉しかったです。(谷越ちえみさん)

[写真1枚目]かわいいラベルに新婦はひと目ぼれ。当日は31℃の予報だったため、「ギリギリまで冷やして冷たい状態で飲んでもらいたい」とのふたりの思いから、サンキュータグは付けず、そのまま提供した。
[写真2枚目]オシャレなボトルを持って、フォトブースで撮影するゲストも多数!

From 編集部

ウエルカムドリンクでゲストをワクワクさせちゃおう!

オリジナルカクテルのオーダーやドリンクの持ち込みが難しい会場でも、ドリンクの種類を増やしたり、寒い時期にホットドリンクを用意したり、キッズ用ドリンクを用意したり……工夫できることはいっぱい。グラスをかわいく飾るだけでも、おもてなしの心が通じて、ゲストの気持ちはぐんと上がる。披露宴への期待が高まるワクワクの時間を、ウエルカムドリンクでつくり出そう。

取材・文/竹本紗梨 構成/小田真穂(編集部)
※掲載されている情報は2016年10月時点のものです

  • アイテム検討期
  • スタイル提案
  • ふたりらしい
  • もてなし
  • ウエルカム演出
Share on>

pagetop