ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 結婚指輪
  5. \初心者さん向け/まず知りたい!結婚指輪選びの超キホン
ジュエリー
Share on>

\初心者さん向け/まず知りたい!結婚指輪選びの超キホン

結婚指輪って言葉ではなんとなく知っていても、いざ自分たちの指輪選びとなると「全然分からない!」って人も多いはず。今回はそんな初心者花嫁さんたちのために、結婚指輪を選ぶためにまず知っておきたい、キホン中のキホンを教えます!

Q1.結婚指輪はいつごろ買ったら良い?

先輩カップルたちの平均を見ると、挙式の8カ月前から検討し始め、6.3カ月前には決めている。検討期間は平均で1.6カ月。結婚式が近づくにつれ準備が忙しくなるから、遅くても6カ月~3カ月前には決めておきたい。
既製品でも、注文してから受け取りまで数週間。フルオーダーなら3カ月ほどかかるので、「気が付いたら欲しい指輪は式当日に間に合わない!」なんてことにならないように注意して。

Q2.結婚指輪っていくらくらいなの?

先輩カップルたちの結婚指輪(ふたり分)の金額は、20万円以上~25万円未満が全体の3割を占め、平均は24.1万円。ショップでも10万~20万円台のリングが多く、デザインも豊富なため、人気の価格帯になっている。
価格も大事な要素の一つではあるが、一生ものだからこそ、自分たちがどんな指輪をこれからずっと着け続けていきたいか?を一番に考えて決めたい。

Q3.デザインってどんなものがある?

Q3.デザインってどんなものがある?

[1]シンプルストレート
王道のシンプルなストレートリングは、ビジネスシーンにも問題なく着けることができる。裏にメッセージを入れたり、石を埋め込んでオリジナリティーを出して。

[2]石付き
先輩花嫁の7割以上はダイヤモンドの石付きリング。毎日着ける指輪だからこそダイヤを入れて華やかな装いに。近年では男性のさりげない石付きリングも人気急上昇中。

[3]極細
ナチュラルな存在感の細みのリングなら、シーンを選ばないので男性でも着けやすい。華奢で細めの指に似合うデザイン。

[4] 幅広
カジュアルな雰囲気で、ボリューム感があるから、男性の太めな指にもオシャレにフィット。パッと目をひくデザインを入れれば、スタイリッシュな指先を作れる。

Q4.ふたりが同じデザインじゃないとダメなの?

Q4.ふたりが同じデザインじゃないとダメなの?

結婚指輪は必ずしもペアにしなくて大丈夫。ただ、同じブランドのデザイン違い、同じ形の石付き・石なし、同じデザインで地金を変える等、どこかお揃い感がある選び方をするのがオススメ。
もちろん、違うブランドの異なるデザインでも、ふたりで話し合って納得した物ならば素敵な結婚指輪だから、お互いが着けたいと思えるお気に入りを探して。

Q5.地金の素材はやっぱりプラチナ?

Q5.地金の素材はやっぱりプラチナ?

結婚指輪は毎日着けるカップルが多いので、変色に強いプラチナとゴールドは定番の素材。先輩カップルたちの結婚指輪も、8割弱がプラチナ製で一番人気、ゴールドも1~2割ほど。素材に決まりはないが、長く使う物だからこそ、違いを知った上で選びたい。

知っておきたい! 結婚指輪の素材

[プラチナ]
希少性があり、耐久性に強く加工もしやすいため、結婚指輪としては一番人気。変色に強いことから、永遠の愛を象徴するともいわれる素材。

[イエローゴールド]
欧米ではプラチナよりも一般的といわれるイエローゴールド。変色に強く肌なじみも良いことからプラチナに次ぐ人気。

[ピンクゴールド]
金(イエローゴールド)に銅を混ぜた物で、女性らしい柔らかな色みが人気。強度が高く加工がしにくい面もあるため、事前に調整可能かどうか確認して。

[パラジウム・チタン・その他]
パラジウムは、プラチナ並みの輝きを持つ金属ながら、変形や変色に強くリーズナブル。重さもプラチナの約半分と軽いが、摩擦に弱いのですり減りやすいという弱点も。チタンは、アレルギー体質のカップルでも身に着けやすい金属。同じく変形・変色にも強く、プラチナの4分の1ほどの重さ。その他、ジルコニウム、ステンレスな

Q6.作り方は? オーダーの仕方って

先輩花嫁の調査では、既製品が5割強、セミオーダーやフルオーダーのこだわり派が4割ほど。毎日着け続ける指輪だから、デザインにはこだわりたいけれど、既製品もバリエーション豊富に取り揃えられているから、ふたりが何を大切にするか?を考えて、予算と相談して決めよう。

知っておきたい! オーダー方法

[既製品]
オーダーの指輪と比較して気軽に選べるのがポイント。ジュエリーショップの店頭にある物を実際に着けて試せるので、着け心地や自分の手と合うかを確認しながら選べて安心感がある。

[フルオーダー]
自分たちだけの指輪をプロに作ってもらうのがフルオーダー。こだわりや希望をジュエリーデザイナーに伝えて、一からデザインをしてもらえるから満足度の高い指輪に仕上がります。出来上がるまで時間もかかるので余裕を持ってオーダーを。

[セミオーダー]
フルオーダーほどではないが、素材や形、太さやデザインなどいくつかの選択肢の中から自分の気に入った物を組み合わせて作れるタイプ。項目ごとに金額が出ているのでオリジナリティーは出しつつ予算も抑えられる。

[ふたりで手作り]
人とかぶりたくない!この世に一つのリングを作りたいというカップルにオススメ。素材選びからデザインまで、全てふたりで

Q7.メンテナンスはどうしたらいい?

Q7.メンテナンスはどうしたらいい?

毎日着ける結婚指輪だからこそ、傷や汚れは必ず出てくるもの。購入時に、クリーニングのサービスがあるか? アフターケアが優れているか?を事前にチェックしておこう。

知っておきたい! メンテナンス方法

[クリーニングサービス]
ジュエリーショップでは、クリーニングサービスを行っているところが多いのでぜひ利用したい。ブランドにもよるが、購入した店舗なら無料で行ってくれることも多い。

[修理]
衝撃で変形してしまったり、大きな傷ができてしまった場合は、購入店に修理に出して早めにメンテナンスを。放っておくと変形が進み、指から外れなくなってしまう場合も。

[磨き直し]
長年使っているとどうしても気になってくるのが指輪の表面の傷。気になる場合は磨き直しをして、美しい輝きを取り戻そう。ただしこれは表面を研磨する方法なので、指輪の地金が薄くなり強度が損なわれることも。あまり頻繁には行わないのがオススメ。

From 編集部

ふたりが毎日着け続ける物だから、納得の指輪選びを

結婚指輪は今までのペアリングとは違い、夫婦になった証しでもある特別な物。だからこそこれから先も、ずっとふたりが着けていたいと思える物を選ぼう。
欲しいデザインやイメージなどを話し合い、ふたりで悩んだ時間だってきっと良い思い出になるから、妥協せずに納得感のある指輪選びを!

構成・文/滝 紀子
※掲載されている情報は2016年8月時点のものです
※この記事内のデータは「ゼクシィトレンド調査2017(全国推計値)」によるものです

  • 挙式1年前
  • 挙式半年前
  • 結婚指輪
  • アイテム検討期
Share on>

pagetop