ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. [連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.141『秋のウエディングデコレーション』
コラム・連載
Share on>

[連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.141『秋のウエディングデコレーション』

ウエディングデザイナー立原綾乃のオシャレで使えるWedding idea。
本日は、秋のウエディングデコレーションについて、ご紹介します。

ガーデンボヘミアン&ジプシースタイル

ガーデンボヘミアン&ジプシースタイルのテーブル

こんにちは! いつも連載を読んでくださり、ありがとうございます。

秋は、花も果物もぐっと深みを増して色づき、恵みの季節ですね。今回は秋のウエディングに向けて準備を進めている花嫁さまたちへ、秋色ウエディングのテーブルデコレーションの実例をご紹介したいと思います。
辺りの木々が色づき始めるころをあえて選ばれ、屋外でのガーデンボヘミアン&ジプシースタイルのウエディングを夢見た新郎新婦のおふたりをプロデュースさせていただきました。
当日は残念ながら雨の心配があり、テントの中にテーブルを設置しましたが、真っ白いテントの中は、カラフルな色がよく映えること!! 心配していた天気のことを忘れてしまうほど、テントの中は、みんなの笑い声と活気に満ちていました。

思わず手に取り、じっくり見たくなってしまうような可愛いデコレーションをぜひお楽しみください。

旬の色、旬の素材

旬の色、旬の素材を使って。

カラフルな色合いが大好きで、とてもお似合いの花嫁さまに提案したのは、その季節の旬のものを使ったデコレーション。
四季がある日本ならではのコーディネートです。特に秋は、花も果物も種類が豊富! 彩り豊かなコーディネートは、会場全体を華やかにしてくれます。

テーブルの上には、お花と、アクセントに実ものや、果物をゴロゴロと並べ、また、秋らしいくすんだ色合いを出すために、いくつかのお花は夏のうちにドライフラワーにし、テーブルデコレーションに使用しました。
その他にも、キャンドル、メニュー表、お皿、カトラリー、そして、柄・色違いのナプキンをランダムに用意し、上質なコットンロープで結びました。
さらに干し草の椅子。こちらにもランダムに柄・色違いの布を敷きました。

色使いと素材合わせのポイント

色使いと素材合わせのポイント。

色使いのポイントは、どれも「深い色合い」または「くすんだ色合い」であること。秋にはそういう色みが多いので、合わせる布なども必然的に同じような色合いを選びます。

キャンドルは、仲良くしてもらっているキャンドル作家「Candle Secret」さんのソウルフルなキャンドルをたくさんお借りしました。きゃしゃなイメージではなく、大きさも、色合いのグラデーションも存在感たっぷりのものを。
テーブルコーディネートは、季節やテーマに合わせてアイテムを選びますが、一つ一つのアイテムの調和が一番大切。特にお花などは、旬のもの同士を合わせると、ただそれだけで素敵に仕上がることが多いです。

ガーデンウエディングならではの、贅沢で華やかなパーティデコレーションになり、ゲストの最高の笑顔がプラスされ、楽しいパーティシーンの完成となりました。

また次回もお楽しみに!

立原 綾乃
Profile

立原 綾乃 TRUEwedding代表/ディレクター

「結婚式という時間そのものをデザインする」という新しい発想で、日本のウエディングデザイナー第一人者として活動。特定の会場を持たず軽井沢・ハワイに特化した1日1組のオーダーメイドウェディングプロデュース「TRUEwedding」を手掛ける。
抜群のセンスと経験を生かした仕事は、ウエディングにとどまらずライフスタイルにおいても多くの女性から人気を集め始めている。 
著書に『立原綾乃の手作りウエディングBOOK』
TRUEwedding TEL 03-6450-6363(11:00-19:00)

取材・文/立原綾乃(ウエディングデザイナー)
※掲載されている情報は2016年8月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • 大人っぽい
  • アットホーム感
  • ガーデンウエディング
Share on>

pagetop