ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. [連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.140『和装でロケーションフォト』
コラム・連載
Share on>

[連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.140『和装でロケーションフォト』

ウエディングデザイナー立原綾乃のオシャレで使えるWedding idea。本日は、オシャレで可愛い和装のエンゲージメントフォトをご紹介します。

エンゲージメントフォト

エンゲージメントフォト

こんにちは、いつも連載を読んでくださりありがとうございます。
みなさん、エンゲージメントフォトをご存知ですか? 海外のカップルは日本に比べて撮影の頻度も多いのですが、エンゲージメントフォトも人気の一つ。日本でいう前撮りのようなものですが、エンゲージメントフォトは婚約中のふたりが、私服などのままふたりらしい姿を撮影することです。
今日は一風変わった日本ならではの、和装のエンゲージメントフォトをご紹介します。

白無垢や色打ち掛けなど、結婚式のための和装も特別ですが、普段着物を着て生活をしていない私たちにとっては、和装での撮影は新鮮で、特別感がありますね。
こちらのふたりも、結婚式は洋装だから、エンゲージメントフォトは着物で、と素敵に着飾ってきてくださいました。

和装スタイルと撮影ロケーション

和装スタイルと撮影ロケーション

花嫁さまは、お母様が用意してくださった可愛らしいピンクの着物。新郎さまは、それに合わせてレンタルをされていました。着物だからと気取ったスタイルよりも、一昔前の普段着のような感覚でカジュアルに撮影したいということで、どこか懐かしくもあり、眼鏡などもアイテムとして用いて、いつものふたりとは違った新鮮さのあるスタイリングになりました。
季節によって、例えば、夏なら浴衣のエンゲージメントフォトなども可愛いかもしれませんね。
場所は、せっかく着物だったので日本庭園や日本らしさを感じられる所を選び、数時間で何カ所か移動をしながら撮影しました。

気取らない、いつもの笑顔で

気取らない、いつもの笑顔で

着物を着ても、どんなロケーションにいても、堅苦しいポージングを取るより、いつものふたりでいつもの笑顔でいることが、エンゲージメントフォトの良いところ。
いつものふたりでいるために、気取らないように、緊張しないように、場所や服装を考えてもいいと思います。
手をつないで歩く自然な姿や、思いっきり笑っている笑顔、エンゲージメントという特別な時間は、みんないつも以上に笑顔がキラキラしています。そんな特別な時期の普段のふたりを、いい思い出として残していただきたいなと願っています。

今日は珍しい和装のエンゲージメントフォトをご紹介させていただきました。結婚式を検討しているふたりや、エンゲージメントフォトを考えているおふたりの参考になれば嬉しいです。

それでは、次回もお楽しみに!

AYANO TACHIHARA
Profile

立原綾乃 TRUEwedding代表

「結婚式という時間そのものをデザインする」という新しい発想で、日本のウエディングデザイナーの第一人者として活動。特定の会場を持たず、軽井沢・ハワイに特化した1日1組のオーダーメイドウエディングプロデュース「TRUEwedding」を手掛ける。
抜群のセンスと経験を生かした仕事は、ウエディングにとどまらずライフスタイルにおいても多くの女性から人気を集めている。 
著書に『立原綾乃の手作りウエディングBOOK』
TRUEwedding TEL 03-6450-6363(11:00~19:00)

取材・文/立原綾乃(ウエディングデザイナー)
※掲載されている情報は2016年7月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • 大人かわいい
  • 思い出の場所で撮影
  • エンゲージメントフォト
Share on>

pagetop