ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. [連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.139『憧れの演出フラワーバージンロード』
コラム・連載
Share on>

[連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.139『憧れの演出フラワーバージンロード』

ウエディングデザイナー立原綾乃のオシャレで使えるWedding idea。本日は、ガーデンセレモニーにオススメの花びらの演出をご紹介します。

フラワーバージンロード

フラワーバージンロード

こんにちは、いつも連載を読んでくださりありがとうございます。
ウエディングで取り入れられることの多いフラワーシャワーには、 花の香りによって辺りを清め、結婚をするふたりをねたむ悪魔や災難からふたりを守り、幸せを祈るという意味があります。
可愛い女の子がお花をまきながら歩く、フラワーガールの花びらにも同じ意味があります。
今回の紹介するのは、フラワーシャワーでもフラワーガールでもなく、挙式の始まりに合わせて、花びらをバージンロードに敷き詰める美しい花びらの演出、フラワーバージンロードをご紹介します。
教会とは違って、バージンロードに特に何も敷かないガーデンウエディングなどの場合、美しい花びらを無造作に散らすだけで、とても美しい演出になります。

散らす場所もさまざま

散らす場所もさまざま

実際に花びらをどこに散らすのがよいか。いくつかの散らす場所のパターンがあるのでご紹介します。

1.バージンロードサイド
バージンロード全体よりも、椅子などがあれば、その椅子に添って、道を作るようなイメージで飾っていきます。
最後に新郎新婦のおふたりが立つ位置に少し散らします。

2.センターメイン
新郎新婦の立ち位置、つまり入場をしてから、誓いの言葉や指輪の交換などを交わす場所に、たくさんの花びらを散らします。ガゼボなども何も置かないセレモニーの場合に取り入れると華やかになります。

3.セレモニースペース全体
椅子などもなく、ゲストで新郎新婦を囲うように立って臨む式の場合、もし余裕があれば、ゲストの足元にまで一面に花びらを散らすことができれば、写真のように、本当に美しい空間が出来上がります。

花びらの色と注意点

花びらの色と注意点

そして迷うのが、花の種類や色ですね。
一般的なのはローズペタル(バラの花びら)です。その他にも好きな花びらで構いません。カーネーションやヒマワリ、シャクヤクなども素敵です。ローズの場合は、白一色に統一するか、ウェディングカラーを取り入れてミックスにするかがいいでしょう。

その他の注意点として、
花びらは長時間持たないため、花びらの準備ができた後は冷蔵庫に保管をするか、もしくは、花びらの準備をスタートの直前にします。こちらはフローリストさんにお任せしてよさそうですね。
そして、実際にバージンロードにまくのは、挙式スタートの直前に。

結婚式ならではの、贅沢なお花の演出が参考になれば嬉しいです。
それでは、次回もお楽しみに!!

AYANO TACHIHARA
Profile

立原綾乃 TRUEwedding代表

「結婚式という時間そのものをデザインする」という新しい発想で、日本のウエディングデザイナーの第一人者として活動。特定の会場を持たず、軽井沢・ハワイに特化した1日1組のオーダーメイドウエディングプロデュース「TRUEwedding」を手掛ける。
抜群のセンスと経験を生かした仕事は、ウエディングにとどまらずライフスタイルにおいても多くの女性から人気を集めている。 
著書に『立原綾乃の手作りウエディングBOOK』
TRUEwedding TEL 03-6450-6363(11:00~19:00)

取材・文/立原綾乃(ウエディングデザイナー)
※掲載されている情報は2016年7月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • 大人かわいい
  • 憧れ・夢
  • 国内リゾートウエディング
  • ガーデンウエディング
Share on>

pagetop