ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新生活全般
  5. 新婚家計ルールは「楽しんだもの勝ち」宣言(¥▽¥)/
お金・常識
Share on>

新婚家計ルールは「楽しんだもの勝ち」宣言(¥▽¥)/

結婚してまずふたりで話し合うことといえば、“お金”の話。将来プランを考えると、どうしても毎日のぜいたくは厳しい>< 「家計ルールを見直さなければ!」なんて意気込むふたりも多いのでは? でも、厳しいルールは続かないものですよね。
今回は、先輩カップルたちの“新婚家計ルール”をご紹介。キーワードは、ふたりで「楽しむ」こと!

【ルール1】晩ごはんではなく、ランチを満喫するのです!

その手があったか! 爽やかランチで2倍楽しめちゃう♪

外食はお金が掛かる……? いえいえ、違うんです♪
外食おすすめ花嫁

休日の夜に外食すると高くつくので、お得なランチを利用しています♪ これなら、1回分の夜ご飯代で、2回ランチに行けるので、節約にもなるしお得感満載! さ・ら・に! ランチのために昼まで寝ることがなくなって、彼とふたりで一緒に過ごす時間も増えるし、自分たちの時間も趣味などに有意義に使えるようになりました。次はどこに行こうか♪と、ふたりで毎回楽しみにしています(みーみちっこさん)

さ、爽やか過ぎてまぶしい! これなら、夜ご飯を2回楽しめるだけでなく、1回のランチもちょっと贅沢に、お昼からカチン☆なんてグラスを傾けてもいいかも♪

【ルール2】旅行はノーリミット。“メリハリ”が大事!

メリハリが大事! 旅行はノーリミットで楽しむのです!

たまには「頑張ったご褒美」も大事♪
ノーリミット

生活費と貯蓄金はしっかりと月初めに分けて、残ったお金がある程度貯まったら、ふたりでふらっと旅行に出掛けます。そのときは「大型出費」というカテゴリで、ノーリミットで使います! 素敵な宿、おいしいご飯……思いっきり非日常感を楽しんだら、リフレッシュしてまた次の日から頑張れます。私たちの癒やし&活力です♪(かにこさん)

趣味を制限しない、という姿勢が素敵! ふたりの大好きなことも我慢してしまったら、元も子もないですよね。うまくメリハリを付けて、「また明日から頑張ろ♪」と思えるのが長続きの秘訣(ひけつ)のよう。

【ルール3】「報告します!」の掛け声で、家計報告をイベントに♪

「報告します!」の掛け声で、楽しく家計報告を♪

深刻にならずに、意識的に明るく報告するだけ
楽しく報告会

毎月決まった日に、家計を管理している彼に決算をしてもらっています。その後は簡単な報告会と今後の相談。簡単なものですが、わざわざ形式張って「決算報告します!」などと楽しんでいます。簡易的な決算と報告会でも、行うといろいろ気付きます。深刻にならず、楽しいイベントにするのがポイントです(西村弥生さん)

お金の話になると、どうしても深刻になりがち。でも、「ふたりの将来を楽しくするために話し合うもの」という目的を忘れないふたり。本当にちょっとしたことだけど、イベントとして楽しめれば、毎月の報告も楽しみなりますよね♪

【ルール4】報告会はゲームにしちゃお♪

「今月は、私の勝ちー♪」ゲームみたいで楽しい!

「節約 < 勝つこと」を目的にするだけ
勝負

家計は、お金だからこそ数字で結果が出るので、自然と「その月の使用金額が少ない方が勝ち!」とゲームのような感覚になっていき、今ではふたりで楽しんでいます!
同居して生活費が一緒になったタイミングで、やり始めるようになったこのゲーム。最初は貯蓄というより月1回の精算のためにやっていたけれど、勝つことを意識していたら結果的に節約になりました(秋本綾乃さん)

これは、勝負好きなふたりは燃えるはず……! 目的が節約ではなく「家計ゲームに勝つこと」だから、日々の節約も苦に感じられないのかも。勝ったら「敗者が勝者にマッサージ」なんてご褒美があれば、もっと燃えること間違いなし!?

【ルール5】大幅黒字なら、ハイタッチで「いえーい!」

「いえーい!」という声が聞こえてきそう♪

“ハイタッチ”をするために黒字にする!
ハイタッチ

月の最後には、今月のプラスになったお金を発表。予想より大幅に余ったときはふたりでハイタッチ!(笑)
家計を管理しているのは私なので、たくさん余ったときには、彼に「今月もありがとう」と言ってもらえるのも嬉しいです。今月もふたりで頑張ったね、と互いにねぎらいの言葉を掛けて、ハイタッチをするときの、あのワクワクを楽しみに、来月も頑張ろう!となります♪(みらさん)

満面の笑みでハイタッチをするふたりが目に浮かびます! 夫婦だからこそ、頑張りをふたりで共有できるもの。プラスの金額が多ければ多いほど、手のひらにも力が入っちゃう!?

From 編集部

共有できる相手がいるからこそ、家計管理を楽しもう!

「今月も頑張ったね、お疲れさま」「いつもありがとう」「これでまた一緒に旅行に行けるね♪」……ふたり一緒だからこそ共有できるねぎらい、目標、感謝の言葉があるって、ひとりで家計管理をしていた独身のときとは大きく違うもの。何年先も、何十年先も、家族でずーっと楽しく過ごせるための家計管理だからこそ、 “今”も楽しく過ごすことを忘れないでくださいね♪

イラスト/カツヤマケイコ 構成・文/小森理恵(編集部)

※掲載されている情報は2016年7月時点のものです
※記事内のコメントは2016年6月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー82人が回答したアンケートによるものです

  • 保険・家計
  • 新婚生活
  • 結婚決まりたて
  • 節約・貯蓄
  • 頑張りたい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop