ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. その他結婚式全般
  5. 花嫁の憧れ“サムシング・フォー”、先輩はどう叶えた?
演出アイテム等
Share on>

花嫁の憧れ“サムシング・フォー”、先輩はどう叶えた?

サムシングフォー

式の当日“青いもの・新しいもの・借りたもの・古いもの”の4つのアイテムを身に着けた花嫁は幸せになれる……花嫁たちの伝説のジンクス“something four”をご存じですか? 今回は先輩花嫁が実際に身に着けたアイテムと一緒に、どう叶えたかのエピソードを紹介します。さあ! あなたも先輩花嫁の幸せに続きましょ~

[Something blue]花嫁のラッキーカラー“青“の魔法

幸せを呼ぶという意味で用いられる青色。花嫁にとっては幸せと一緒に“勇気”までくれる色。ひそかに身に着けた青、誰かの優しい思いがこもった青、サムシング・フォーの1つ目は、素敵な青のエピソードからスタート!

「幸せになって」の気持ちを感じる“青”

サムシング・ブルー

写真上/ビーズと一緒に青のリボンで装飾(たねはるさん)

花嫁アイコン

義母がリングピローに青色のリボンで装飾をしてくれました。「花嫁に幸せをもたらす色だから」と。結婚式の成功と、その後の新生活を応援してくれている、という気持ちを感じて嬉しくなりました。(たねはるさん)

ブルー

母が作ってくれたリングピローに青い刺しゅう……一緒に手作りキットを購入したときはそんなの無かったのに。サムシング・ブルーを意識して手を加えてくれた母からの「幸せになってね」というメッセージ。嬉しさと同時に「幸せになるね!」と思いました。(ellieさん)

見えないところに忍ばせたひそかな“青”のおまじない

足

写真上/ハワイ挙式にて青いサンダル、青い靴下のリンクコーデを(麻美さん)

花嫁アイコン

青はもともと好きな色ということもあり、サンダルを履いただけですごく気持ちが高まりました。彼の青い靴下がちらっと見えたときの“さりげなくお揃い”ということもすごく嬉しくて。周りの人からは気付かれにくく目立たないところですが、幸せな気持ちになりました。(麻美さん)

花嫁アイコン

真っ白な下着に小さな青のリボンが付いたものを当日の下着に。衣裳さんにも「サムシング・ブルーですね!」と言われ、幸せな気分だったし、何よりも「幸せの青いリボン♪」に浮き浮き。何を用意するか迷い悩んだ時期もありましたが、憧れを叶えて幸せにもなれてシッカリ準備してよかったです。(真生美さん)

花嫁アイコン

義母から頂いた青色の色石が付いたアンクレットを身に着けました。私はサムシング・フォーのジンクスを知らなかったのですが、彼が「サムシング・ブルーだね!」と教えてくれて、義母が結婚を祝福してくれているんだなぁと嬉しくなったし、幸せな気持ちになりました。(真依さん)

大胆に取り入れてゲストにも“青”の幸せをお裾分け

青ドレス

写真上/水色のドレスにプラスした白のカバードレスが花嫁の雰囲気にぴったり(ぺんぎんさん)

花嫁アイコン

“サムシング・ブルー”なんてそれまで実は知らなかったのですが、試着の際にスタッフさんに教えてもらい、その響きの良さにこの水色のドレスに即決! 当日はゲストからもサムシング・ブルーだね、と言ってもらえて、祝福気分が高まりました。(ぺんぎんさん)

花ヨメアイコン

当日のテーブルコーディネートに青と白のストライプ状のリボンをランナーとして取り入れました。アクセントにもなりおしゃれで、ゲストにも「幸せの青だね!」と好評でした。(かにこさん)

[Something new]新生活への自信をくれるnewアイテム

ふたりの門出であり、妻としての初日を踏み出すアイテムは新品がいい?! 今後の人生に長く寄り添ってくれるアイテムを選ぶ花嫁が多数。見る度に幸せも増す、MYラッキーアイテムに。

妻初日を真っさらな気持ちで気持よく踏み出す!

サムシング・ニュー

花嫁アイコン

結婚式は人生の一大イベントであり、結婚生活のスタートでもあるので初めの一歩は綺麗なもので、と思いました。結婚式後もその靴を履いて式場へ行ったり、デートを楽しんだりしています。(yuiさん)

花嫁アイコン

ウエディングドレス、シューズ、アクセサリー類、どれもこだわりのものだったし、新しいと輝きも違う気がしました。当日ようやく身に着けることができ、とても幸せでした。(由美子さん)

花嫁アイコン

新しい白い下着を下ろしました。やっぱり新しい下着で迎えると新鮮な気持ちに!(みぃーちゃんさん)

妻になる私の定番アイテムに仲間入りする“new”を

サムシング・ニュー

花嫁アイコン

挙式の日のために新しい香水を購入しました。今でもデートの時にはその香りを身に着けて、幸せを感じています。(茜さん)

花嫁アイコン

当日のためにお気に入りのブランドから白いハンカチを準備しました。特別な一日のためにと、こだわって探した1枚は、今でも持つ日はテンションが上がって嬉しい気持ちに。ずっとお気に入りです。(ayakkumaさん)

[Something borrow]理想の夫婦からの借り物が験担ぎに

幸せな夫婦生活を送っている友人・知人からアイテムを借りることで、その幸せにあやかり、また自分たちもそんな夫婦になろう! と新たな決意を持てる素晴らしさよ。

先輩夫婦の幸せに私たちも続きます! な縁起よしアイテム

サムシング・ボロウ

写真上/義兄夫妻の結婚式で使用した布を用いて制作したリングピロー(真生美さん)

花嫁アイコン

義兄夫妻が結婚したときに使用したレースの布を用いて、私たちのリングピローを作ってもらいました。この日のために集めたアイテムたちに囲まれて過ごす、というのがなんとも言えず幸せでした。(真生美さん)

花嫁アイコン

仲良し夫婦が結婚式に飾っていたHAPPYのアルファベットバルーン。縁起がいいと思いお借りして、私たちの結婚式でもウエルカムグッズの一部として飾らせてもらいました。(優佳さん)

花嫁の仲間入りを祝して! ひと足先に花嫁になった子からの借り物

サムシング・ボロウ

写真上/友人より借りたベールを身につけて(彩さん)

花嫁アイコン

親友が結婚式で使用したベールやドレスのインナーを貸してくれました。私の幸せを心から願ってくれているのだという気持ちが伝わってきて、嬉しくなりました。(彩さん)

花嫁アイコン

高校時代の友人から、白いハンカチを借りました。家事も育児も仕事もしっかりこなす姿に憧れていて、私もそうなれるように。(SMさん)

[Something old]受け継ぎ、繋ぐ“幸せの循環”を感じて

古いものがもつ落ち着きや、どこかしっくりくる安心感は身につけるとリラックスできる力を持つのかも。親や人生の大先輩、幸せを繋ぎたい誰かからのバトン!

サムシング・オールド

写真上/母が挙式で身に着けたイヤリングを自身の結婚式でも(さくらさん)

花嫁アイコン

母が自身の結婚式で身に着けたというイヤリングを私も身に着けました。ドレスはイヤリングを借りる前から決まっていたのですが、いざ着けてみるとドレスに合わせたかのようにピッタリで驚きました。(さくらさん)

花嫁アイコン

母が結婚式でつけたベールの一部をアレンジして衣装に合わせました。母から「親が結婚式で使用したレ―スを身に付けると幸せになれるらしいの。」と渡され、嬉しくなりました。(華子さん)

サムシング・オールド

写真上/娘のように可愛がってくれた恩師から受け継いだジュエリーを(恭子さん)

花嫁アイコン

恩師から頂いたパールのネックレスとイヤリングをドレスに合わせて身に着けました。恩師が私くらいの年齢のときに購入したものだそうですが、お子さんがおらず娘のように可愛がってくれた私に譲りたいとおっしゃってくださいました。(恭子さん)

花嫁アイコン

幼少期に親が購入してくれ、三姉妹全員が七五三で着けた髪飾りをお色直しの和装の際に身に着けました。妹たちが結婚するとき、お色直しで和装を着るようなら、同じ髪飾りを勧めたいと思っています。(黒うさぎさん)

From 編集部

準備、当日、新生活 ずっと幸せ続くおまじない“サムシング・フォー”

あなたはサムシング・フォーにどんなアイテムを選びますか。アイテム決めに悩んだり、4つ集める準備が大変だったりするかもしれません。でも、今回取材してみて、周囲の愛情や自分の意思を再確認できる素晴らしいジンクスだなと感じました。先輩の実例を参考にぜひ叶えてみてね。

構成・文/真坂千稔(編集部)
※掲載されている情報は2016年6月時点のものです。
※記事内のコメントは、2016年5月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバーにアンケートをし、112人が回答したものによります。

  • 挙式3ヶ月前
  • 演出・アイテム
  • 結婚準備全体
  • 悩み解決
  • きちんとしている
  • 家族の絆
  • 感動
Share on>

pagetop