ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ブーケ・ブートニア
  5. フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips40「新郎がもっと素敵になるブートニア」
コラム・連載
Share on>

フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips40「新郎がもっと素敵になるブートニア」

フラワーデザイナーの落 大造がブライダルフラワーにまつわるお役立ち情報をお届けします! 新郎の胸元を飾るブートニア。ブーケの付属物として扱われがちですが、新郎を素敵に見せる大切なアイテムの一つ。今回は新郎のブートニアの由来や選び方についてご紹介します。

ブートニアとブーケはお揃いが基本

アネモネとガマズミ、セリンセのブートニア
バラとゼラニウムのブートニア
クリスマスローズとアジサイのブートニア

新郎の胸元を飾るコサージュをブートニアと呼びます。その昔、男性はプロポーズの際に自分で摘んだ花をブーケにして女性に贈りました。結婚を承諾するのなら、女性は贈られた花束の中から1輪を抜き出し、男性の左胸に挿すのが決まり。結婚式で女性がブーケを持ち、男性が左胸にブートニアを飾るのは、これが由来といわれます。ですから、新郎のブートニアは花嫁のブーケで使用している花材を用いるのが基本です。

ただ、ブーケに大輪のユリなどを使用している場合、その1輪を胸に飾るのは少し難しいですよね。そんな時は、バラなど無難なお花でブートニアを作ることも。花嫁のブーケと雰囲気や色を合わせて、お揃い感を出すようにします。

《写真1枚目》アネモネとガマズミ、セリンセでまとめた、ナチュラルな雰囲気を醸し出すブートニア

《写真2枚目》バラとゼラニウムのブートニア。どんな雰囲気にも似合う

《写真3枚目》クリスマスローズとアジサイのブートニア。白×グリーンが爽やかな印象に

体形や顔の雰囲気に合わせるとより素敵に

チューリップ、ラグラス、ストックのブートニア
ダイヤモンドリリー、アナベル、トルコギキョウのブートニア
バラ、ラナンキュラス、クリスマスローズのブートニア

新郎のブートニアは花嫁のブーケに合わせるのが基本ですが、新郎の体形や衣裳の色などを考慮して少し工夫することで、新郎の格好良さをさらに引き立たせることができます。ですから、ブーケの打ち合わせの際には、花嫁のドレス写真のほか、ブートニアを考えるために新郎の衣裳写真も忘れずに! ブートニアに使用する花材はブーケに合わせてある程度決まってしまうので、リボンで新郎衣裳とのバランスを取ります。

ブートニアは1輪でシンプルに作るケースと小花などを組み合わせて作るケースがあります。1輪のものは凛(りん)として潔いイメージに、小花を集めたものは優しい印象になります。どちらかというと大柄な人は1輪のブートニアがお勧め。カラーなどスマートな印象の花ですっきりと見せましょう。また、ガーベラなど大きな花を使うと幼い雰囲気になることがあるので、小柄な人やベビーフェイスの人は避けた方が無難です。

《写真1枚目》チューリップをメインにラグラスとストックをあしらったブートニア。大きめの花で華やかな印象に

《写真2枚目》ダイヤモンドリリーやアナベル、トルコギキョウのブートニア。小花を集めたデザインは優しい雰囲気になる

《写真3枚目》バラやラナンキュラス、クリスマスローズのブートニア。新郎衣裳となじむようにグレーのリボンをあしらって

個性を感じさせる今どきブートニア

ライラックのブートニア
ナツハゼとゼラニウムのブートニア
アイビーやユーカリ、アナベルのブートニア

最近はナチュラルな雰囲気のブーケが人気を集めているため、ブートニアもナチュラル志向のおしゃれなものが増えてきています。小さめでさりげない雰囲気のブートニアが最近のトレンド。小花だけ、実物だけなど、いままでにはないブートニアも登場! ふたりで相談して、素敵なブーケ&ブートニアでゲストを魅了してください。

《写真1枚目》清楚なライラックをまとめたブーケ。新郎らしい清潔感を表現

《写真2枚目》ナツハゼにゼラニウムを添えたさりげないブートニア。しゃれた雰囲気が漂う

《写真3枚目》アイビーやユーカリ、アナベルでまとめたブートニアはシックなイメージに

落氏の顔写真
Profile

落 大造 フラワーデザイナー

おち だいぞう/大手フラワーショップで8年の経験を積んだ後、独立して自由が丘に花と雑貨を扱う「les Deux(レ・ドゥ)」を開店。ブライダルフラワーを中心に、誕生日や結婚記念日などお祝いのお花も手掛ける。『ゼクシィ』をはじめ、さまざまな雑誌で活躍し、繊細なセンスと個性的なアイデアで多くのファンを獲得している。

構成・文/粂 美奈子
※掲載されている情報は2016年6月時点のものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • 定番
  • ふたりらしい
  • さくさく読む
Share on>

pagetop