ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. [連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.150『リゾートウエディングフォト』
コラム・連載
Share on>

[連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.150『リゾートウエディングフォト』

ウエディングデザイナー立原綾乃のオシャレで使えるWedding idea。
本日はリゾートウエディンググフォトについて。

光の美しい時間に

夕陽のスポット、サンセットランチにて

皆さんこんにちは。いつも連載を読んでくださりありがとうございます!
ウエディングフォトでは、前撮りと後撮りがありますが、それぞれに良さがあります。今回は、自然の中で撮影する時のポイントについてお話ししたいと思います。
まず1つ目は、「時間帯」を選ぶこと。
夜が明けて早朝の光が差し込む時間、もしくは、逆に夕暮れの時間。太陽の光が上からではなく、下の方から斜めに差すこの時間帯のときがオススメです。
写真は、ハワイの夕日の名所、ノースショアにある「サンセットランチ」のサンセットタイムに撮影したものです。

フォトグラファーがゴールデンタイムとも呼ぶ、この時間帯の自然光の美しさは、どんなセットもかないません。
撮影したい場所が決まったら、どの時間帯で撮影するかをよく検討して、早朝、夕暮れに合わせて撮影が行えるかどうかを確認してみてくださいね。

邪魔されない景色で

静かなノースショアのビーチで

続いては、撮影ロケーション。

例えば、ハワイのような大きなエリアの場合は、移動だけでもかなりの時間がかかってしまうことも多いため、プロデュース会社さんと優先順位を決めて相談しながら、スポットを決めていきましょう。
そして気を付けなくてはならないのが、有名な場所になればなるほど、観光客も多いということ。また平日と週末でも、その場所の景色は変わりますので事前の確認をオススメします。

そんな中で、せっかくならば、他の人が写り込まない絶景が見つかればいいですね。写真は、ハワイの現地フォトグラファーと撮影した静かなビーチでの一枚。
その土地ならではのスポットにぜひ足を運んでもらいたいなぁ……と思うので、事前によく調べるか、お願いをするプロデュース会社さん、またはフォトグラファーさんにオススメを聞いてみてくださいね。

季節を楽しむ

ハワイのサンセットランチにて

最後のオススメは、季節を感じられる、季節を楽しむロケーションフォト。季節によって咲いているお花や、葉の色も濃さも違います。

今回ご紹介しているお写真は全てハワイのフォトウエディングですが、四季のある日本ならば、辺りの雰囲気が季節によって様変わりします。
桜の木の下、ヒマワリ畑、コスモス、ススキ、粉雪の舞ったような木々の中など。それぞれの季節に、それぞれの良さがあるため、実際の結婚式とは違う季節にロケーションフォトを行うのも楽しみが増えますね。
結婚式準備の楽しみの一つとしての前撮り。結婚式の思い出を少しでも長く楽しめる後撮り。あなたならではの、ベストなタイミングでフォトウエディングができますように……。


これまで2年間続けてきましたこちらの連載ですが、今回が最後の記事となりました。ご愛読いただき本当にありがとうございました!
また違った形で皆さまに楽しんでいただけるような情報をお知らせしていければと思います。

立原 綾乃
Profile

立原 綾乃 TRUEwedding代表/ディレクター

「結婚式という時間そのものをデザインする」という新しい発想で、日本のウエディングデザイナー第一人者として活動。特定の会場を持たず軽井沢・ハワイに特化した1日1組のオーダーメイドウェディングプロデュース「TRUEwedding」を手掛ける。
抜群のセンスと経験を生かした仕事は、ウエディングにとどまらずライフスタイルにおいても多くの女性から人気を集め始めている。 
著書に『立原綾乃の手作りウエディングBOOK』
TRUEwedding TEL 03-6450-6363(11:00-19:00)

取材・文/立原綾乃(ウエディングデザイナー)
※掲載されている情報は2016年9月時点のものです

  • 挙式後
  • 写真・ビデオ
  • アイテム検討期
  • 海外ウエディング
  • 景色にこだわるウエディング
  • 自然の中で撮影
  • 別撮り
Share on>

pagetop