ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ブーケ・ブートニア
  5. フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips51「教えて、落さん! シーンや衣裳に合わせたブーケの選び方」
コラム・連載
Share on>

フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips51「教えて、落さん! シーンや衣裳に合わせたブーケの選び方」

ブライダルフラワーはわからないことだらけ! わからないだけに「こんなこと聞いても大丈夫かな?」とひとりもんもんとしている花嫁さんもいるのでは…… 。そこで、花嫁さんから寄せられたさまざまな疑問や不安について、フラワーデザイナー落 大造がズバリお答えします。今回は、シーンや衣裳に合わせたブーケの選び方についてご紹介します。

Q 和装にもブーケは必要ですか?(ちひろさん)

ガーベラやダリア、スプレーギクのブーケ
ダリアやトルコギキョウ、アストランチアなどのブーケ

A ドレスにブーケは付き物ですが、和装の場合は絶対に用意しなくてはいけないというものではありません。

もともと和装にはブーケは合わせません。和装の場合、花嫁が手に持つのは扇子が基本です。特に、神前式ではさまざまな所作があり、ブーケは邪魔になるため持ちません。

ただ、和装での人前式や披露宴の場合はそうした縛りがないため、ブーケを持つ人が増えてきたように思います。「和装でお花を持つのも素敵ね」と最初に気付いた人の、柔軟で幸せいっぱいの発想には個人的に敬服しています。

結婚式は一生で一番お花が似合う一日と言っても過言ではありません。ですから、花嫁さんはさまざまなシーンで多くのお花に囲まれてより輝いてほしいと、フローリストの一人として思っています。

[写真1枚目]ガーベラやダリア、スプレーギクでまとめた愛らしいブーケは和装にお似合い

[写真2枚目] ダリアやトルコギキョウ、アストランチアなどを組み合わせたブーケ。淡いピンク色のブーケは白地の色打ち掛けにお勧め

Q リゾート婚のブーケ、ピンクか白、どちらがお勧め?(喜々津美和さん)

デンファレやモカラ、水仙を組み合わせたミックスカラーのブーケ
クルクマのブーケ

A ビーチでは濃いピンクなど強めの色を組み合わせたミックスカラーのブーケが映えるようです。

とはいえ、白いドレスに白のブーケを合わせて全身を白でまとめても、ビーチには映えますのでご安心を。白いブーケなら、オーキッド(ラン)の白は間違いないところ。オリエンタルな雰囲気のクルクマもお勧めです。ドレスとのバランスでどんな花材にしようか迷っているのなら、オーソドックスな白いバラがいいでしょう。

また、少し冒険するのであれば、あえてお花を使用しないという装い方も。ブーケでもガーランドでも花冠でも、グリーン(葉)のみを身にまとうのも素敵だと思います。

[写真1枚目] デンファレやモカラ、水仙を組み合わせたミックスカラーのブーケはリゾートウエディングの定番

[写真2枚目] エキゾチックな雰囲気を漂わせるクルクマのブーケ。すっきりとした佇まいで爽やかな表情を添えてくれる

Q リボンチェンジだけでブーケのイメージは変えられる?(後藤真理さん)

チューリップとフランネルフラワー、アジサイを組み合わせたブーケ
ブリザーブドフラワーとアーティフィッシャルフラワーで作ったアレンジ

A 1つのブーケを挙式と披露宴で通して使う場合、リボンを替えることでイメージの変化を狙うのは少し難しいかもしれません。

ブーケのイメージはやはりブーケ本体に強く左右されるので、リボンチェンジだけでガラリと雰囲気を変えるのは難しいのです。また、当日、忙しい花嫁がリボンをチェンジするわけにもいかず、リボンチェンジをしてもらう人を確保する必要があり、現実的な選択とは言えないのではないでしょうか。

ブーケはそれぞれの目的に合わせ、一つ一つ完成された状態で花嫁さんに届けられるものなので、基本的にはその場でフローリスト以外が手を加えることは避けた方が無難です。むしろ挙式と披露宴を通して花嫁姿を輝かせてくれることにこだわって、完成度の高いブーケを1つ手に入れてはいかがでしょうか。

なお、1つのブーケをイメージを変えて使用するのなら、アーティフィシャルフラワー(造花)を使うという方法があります。アーティフィシャルフラワーなら上下でパーツを分け、キャスケードブーケの下部を取り外すとラウンドブーケになるという工夫も可能です。

また、挙式のラウンドブーケをバスケットに入れバスケットブーケとしてお色直し入場、ということもできると思います。ただし、挙式のブーケ、お色直しのブーケともに、クオリティーが低くなってしまうことは否めないと思います。

[写真1枚目]チューリップとフランネルフラワー、アジサイを組み合わせた白が基調のブーケにブルー系のリボンを合わせて。リボンの色を変えても、イメージをガラリと変えるのは少し難しいかも

[写真2枚目]プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーで作ったブーケなら、後日、写真のようにアレンジメントに作り替えて、記念として残すことも可能

落氏の顔写真
Profile

落 大造 フラワーデザイナー

おち だいぞう/大手フラワーショップで8年の経験を積んだ後、独立して自由が丘に花と雑貨を扱う「les Deux(レ・ドゥ)」を開店。ブライダルフラワーを中心に、誕生日や結婚記念日などお祝いのお花も手掛ける。『ゼクシィ』をはじめ、さまざまな雑誌で活躍し、繊細なセンスと個性的なアイデアで多くのファンを獲得している。

構成・文/粂 美奈子
※掲載されている情報は2016年9月時点のものです
※記事内のコメントは「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー111人が2016年6月に回答したアンケートによるものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • 定番
  • 和風
Share on>

pagetop