ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. その他ビューティー
  5. 花嫁下着、フライング着用が輝くドレス姿への近道!
ビューティー
Share on>

花嫁下着、フライング着用が輝くドレス姿への近道!

ドレス姿を美しく見せるのに欠かせない花嫁下着。当日だけしか出番がないと思いがちだが、実は結婚式前から身に着けることでドレス姿の美しさがさらにアップするのだとか。ここでは花嫁下着を結婚式前から着用する“フライング着用”のメリットについてご紹介!

花嫁下着の“フライング着用”で美しさに磨きをかけた花嫁がいた!

花嫁下着の“フライング着用”について、実際にはどれだけの花嫁が行っているのかアンケートをとったところ、意外にもたくさんの人が見つかった。「ボディメイクを兼ねて」や「当日に苦しくならないように慣れておくため」などが、“フライング着用”の理由だが、果たしてその真相は? 
本当にメリットがあるのか、花嫁下着の専門ショップ「KEA工房」にお話を伺った。

私たち、フライング着用派!

アイコン

下着の力に頼らずに姿勢を保つことができるようにとショップで勧められ、結婚式の前から着用して姿勢を保つ練習をしました。(maiさん)

アイコン

当日にいきなり着けると苦しいかなと思い、数週間前から何度か着用して慣らしておきました。(松村香織さん)

アイコン

花嫁下着は締めつけ感があって食事量が抑えられるので、下着に慣れるためとダイエットも兼ねて1カ月前から着けていました。(ちっくんさん)

メリット1「正しい着け方を習得してボディメイク」

ブライダルインナー

花嫁下着はドレスが決まってから用意するもの。「挙式2~3カ月前には準備したいですね」とKEA工房のフィッティングアドバイザー周田さん。なかでも重要なのはブラジャー。バストメイクをするとともに、脇肉がはみ出るのも防いでくれる。

「ブラジャーで大切なのは正しく着用することです」。どんなにぴったりのブラジャーを用意したとしても、正しく着用しないとその効果は著しく低下してしまうとか。「脇肉をカップの中にしまうようにして胸を正しい位置に収めます。そうすることで、美しいバストを作ります。購入ショップでは着け方を教えてくれるので、事前に練習しておくことはとても大切です」。

また、補正効果が高い花嫁下着をずっと身に着けておくことで、バストラインが徐々に整っていく効果もあるのだとか。「胸は脂肪でできているため、形が崩れやすいのです。でも、胸を正しい位置に収めることを続けていると、脂肪が移動して美しい形になっていきます」。

メリット2「ずっと身に着けることで姿勢が良くなる」

ブライダルインナー

ブライダル用のブラジャーやビスチェには基本的にボーン(骨)が入っていて、ボディラインを整えるようになっている。これが姿勢矯正に一役買ってくれるのだとか。「花嫁下着を身に着けて猫背の姿勢になると、内臓などが圧迫されて苦しくなってしまうんです。だから、姿勢を良くせざるを得ないんですよ」。

また、ガードルはおなかの膨らみを抑えたり、ヒップラインを整えたりするだけのものと思いがちだが、腰を支えて姿勢を良くする効果もある。ブラジャーまたはビスチェとガードルを組み合わせて事前に着用することで常に姿勢を意識することができ、結婚式当日の姿勢の良さにもつながっていく。

メリット3「体形のチェックができる」

ブライダルインナー

ドレスを準備したら、体形はできればそのまま当日まで維持していくのがベター。「体形をチェックするためにも、花嫁下着は時々身に着けることをお勧めしています」。

花嫁下着が体に合わなくなっているようだと、選んだドレスも美しく着こなせない可能性が……。下着ショップとドレスショップの双方に相談して、調整する必要が出てくる。そんなことにならないためにも、普段から花嫁下着を身に着けて、体形維持に努めよう。

メリット4「下着に慣れることで当日も快適に」

ブライダルインナー

ボディメイクを目的とする花嫁下着は、初めて着ける人にとっては少しきついと感じることも。「特に、体を締め付けないブラトップを普段から愛用している人は、締め付けがきついと感じることが多いようです」。

締め付け感に慣れずに当日を迎えてしまうと、結婚式中に気分が悪くなるという最悪の事態に陥ってしまうことも。「下着を購入したら、1~2回は着けてみて、心配なようだったらもう少し慣らすなど、締め付け感に慣れておくといいですね」。

[番外編]挙式後もいろいろなシーンで活躍!

ブライダルインナー

美しいドレス姿を作り上げるのに大いに役立つ花嫁下着。結婚式後はどうすればいいのだろう? 先輩花嫁に聞いてみたところ、ボディラインが出る服を着るときに利用しているという人が多かった。

周田さんも「花嫁下着はボディメイクをするためのものですから、例えば友人の結婚式などでドレスを着るとき、白いパンツのときなど、ボディラインをきれいに見せたいシーンで身に着けると、着こなしがぐっとあか抜けますよ」とのこと。

「ブラジャーは基本的にストラップレスで、ストラップがなくても胸の位置を高くキープできるような設計になっているので、肩を出すウエアを着るときにもお勧めです」。

また、ガードルは姿勢を良くするのに効果的なので、普段にも着用することをお勧め。ウエストニッパーはウエストを引き締め、胸の位置を高くする役割もあるので、産後の体形戻しに一役買ってくれるはず。

結婚式後も愛用中!

アイコン

「太ったかも?!」と思ったらブライダルインナーを着用して確認。体形維持のために利用しています。(梨沙さん)

アイコン

結婚式に出席するときなど肩を出すドレスを着るときは、バストをしっかりとホールドしてずり落ちない花嫁下着を着用。重宝しています。(よもぎさん)

アイコン

結婚式後すぐに妊娠。花嫁下着は産後のダイエットで使おうと思っています。(ジャスミンさん)

From 編集部

“フライング着用”で身も心も美しい花嫁に!

“フライング着用”でさまざまなメリットがあることが分かった花嫁下着。事前に着ることで、美しい花嫁になりたいという気持ちも強くなり、結婚式当日に向けてテンションもアップ! スキンケアなどにも力が入ること間違いなし。身体面はもちろん、精神面での効果も期待できる花嫁下着の“フライング着用”。ぜひ試してみて!

周田菜摘さん
Profile

周田菜摘さん ブライダルインナーサロン KEA工房
銀座本店 フィッティングアドバイザー

キレイのバランスを知り尽くしたフィッティングのプロ。
ゴッドハンドで脇肉背肉を寄せ集めると評判。普段の下着選びのアドバイスにも定評がある。

●ブライダルインナーサロン KEA工房
日本人の体型を知り尽くしたデザイナーがこだわりをもって作ったオリジナルブライダルインナーのお店。銀座・横浜・大宮にフィッティングサロンがあり、年間1万人の花嫁が着用。完全予約制でひとりひとりに合ったブライダルインナーを提案。

取材・文/粂 美奈子 イラスト/moko. 構成/真坂千稔(編集部)
※記事内のコメントは2016年7月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー94人が回答したアンケートによるものです
※掲載されている情報は2016年9月時点のものです

  • ドレス・衣裳
  • 式直前1カ月前
  • きちんとしている
  • 意外性・驚き
  • インナー
  • 胸が小さい
Share on>

pagetop