ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 婚約指輪
  5. 【悩める男たちへ】プロポーズについて言っておきたいことがある<壱巻>
結婚式スタイル
Share on>

【悩める男たちへ】プロポーズについて言っておきたいことがある<壱巻>

プロポーズは一世一代の男の見せ場! とはいえ、初めてのことに「失敗したら立ち直れない」「どうやって言えばいいか悩む」「そもそもプロポーズしないとダメなのか」など不安を募らせる花婿さんへ。「男性が気付きにくいプロポーズ盲点」から導く「花婿100人から新米花婿への教え」をご紹介します。ナビゲーターはこのふたり……(?!)。

★ナビゲ-ターは……

ダンディさん

profile
高見ダンディさん[Takami Dandy](age45)

去年結婚したばかりの新婚花婿。花嫁側から「婚約指輪買い直し!」「プロポーズやり直し!」とことごとくダメ出しを受けて花婿の仕事をだいたい2~3回ずつこなし、もはや「結婚式準備の花婿」としてはプロフェッショナルの域。迷えるプレ花婿を導くために、ゼクシィアプリ記事内で勝手にアドバイザーとして活動する。自称・アーティスト。

硝子野さん

profile
硝子野ハアトさん[Garasuno Haato](age30)

付き合って3年目の記念日に「プロポーズ」を実行すべく計画中。ふたりの関係は「しっかり者の彼女がリード型」ではあるものの、彼女のことは世界で一番愛しているのでここはビシッと決めたいと思っている。一方「照れくさい」「失敗したら」とネガティブ思考さく裂で迷いの森の中にいるところ、ダンディさんに出くわして……。

[教え1]ひとりで悩むな! 花婿100人のアイデア&データをCheck

keyword=  どんな言葉を?&どこで?

データのデザイン入ります

■プロポーズの言葉その他/「籍を入れよう」、「生涯愛することを誓いますか?」、「(夫婦茶わんを持って)これでずっと一緒にご飯を食べたいと思ってます」、「これからみんなで笑って過ごせる家族になろう」など

■プロポーズの場所その他/観覧車、新幹線の改札口、指輪を買ったショップ、牧場、海、公園など

ダンディさんイラスト

思ったよりも表現はシンプルで、短い言葉が多いみたいですね。奇をてらわない方が正解なのか……。

硝子野さんイラスト

プロポーズの場所もいろいろだ。車・ホテル・自宅は他の人の目がない点から選ばれていそうだな。

ダンディさん

自宅が一番多いのか! 驚いたな。「思い出のレストランで、コースディナーを食べながら」とか考えていたけど……。

硝子野さん

「レストランで渡そう、と考えていたがタイミングを逃した」なんて先輩もいたぞ。“デザートの後”とか「いつ」ということも具体的に考えた方がよさそうだぞ。
また、レストランなら「個室」がお勧めだ。人の目はやっぱり気になるものだからな。

[教え2]大切なことは2つ!「ちゃんと言う!」「TPOを考えよう!」

ダンディ

当たり前だと思っただろう。これが現実になると結構難しいんだよ。

たまたま彼女が機嫌の悪いときだったり、寝不足だったり……。覚えがあるだろう? 
また、外でプロポーズしたら、声が届かなくて彼女の反応が「?」だったり。

そんなところで、先輩たちが決死の思いでしたプロポーズの中から、彼女の評価が80点以上だったケースを紹介しよう。
ここはじっくり読むことをおすすめする。

case1_日付にこだわったクリスマスプロポーズ!

クリスマス

クリスマスイブにプロポーズをしたかったものの、彼女は当日夜勤のスケジュール。どうしようかかなり悩んだ結果、うちで夜勤前に寝ているところを起こし、婚姻届を入れた空のリングケースを渡してプロポーズした。彼女が若干寝ぼけ気味だったけど喜んでくれたので成功したのかなとは思った。(GAN-Pさん)

花嫁の評価80点!

花嫁の評価80点!

とても嬉しかったけど、起こされて頭がぼーっとしていた状況だったのが残念(笑)。ただ、日付にこだわった結果だと思うので満足しています。(Miyuさん)

case2_時間と労力を惜しまず、動画を作成してのプロポーズ

イラスト入ります

彼女が公共の場は嫌だと言っていたのを以前聞いていたので、ホワイトデーに部屋で過ごしているときにプロポーズ。びっくりさせて喜ばせたかったのと、形や思い出に残るプロポーズにしたかったので、動画を作成して渡すことに。ふたりの思い出写真で構成し、彼女に告白したときに誓った3つの約束や、ふたりの思い出写真を入れ込んで構成。最後に「○○と過ごした時間は楽しいの連続!!」「結婚しよう!!」のメッセージが流れるようにした。(まさとさん)

花嫁の評価100点満点!

花嫁写真

びっくりしたけどシンプルな言葉に胸を打たれたし、動画なので後で何度も見直してキュンキュンできるところも大満足です。(花さん)

ダンディ

どちらも僕には難易度高めに感じます……。

ダンディ

“自分らしく”プロポーズした例も紹介しよう。

[思い出の場所で!]ふたりの思い出の場所で、記憶に残るプロポーズ

大学時代から5年半付き合っていた彼女だったので、プロポーズするなら二人が出会った大学でしたいとずっと前から決めていた。帰省のタイミングで大学の近くに行くことにし、誰もいない夜中、彼女に「大学をぶらぶらしたい」と言って寄ることに。ベンチに座って休んでいるときに今だと思い、事前に書いておいた手紙を読んでプロポーズした。思いをちゃんと伝えたかったので手紙を書いておいて正解だったと思う。(ひろゆうさん)

花嫁の評価80点!

花嫁の評価80点!

あまりに急で驚いてしまったけど、彼から「返事はどう?」と聞かれ、迷わず「はい」と言いました。ふたりが出会った大学でプロポーズしてくれたことも嬉しかったです。(かえるの子さん)

[ストレートに!]ギャップで勝利! 普段やらない“甘い”プロポーズが◎

彼女の誕生日にプロポーズをすることに。普段真面目な雰囲気になるのが苦手だしとにかく恥ずかしいので外では無理だと思い、自宅で誕生日祝いをしていたときに「結婚しよう」と伝えた。いろいろ考えたけどストレートに伝えたのがよかったかなと思う。(たっくんさん)

花嫁の評価80点!

花嫁写真入ります!

真面目な雰囲気や甘い言葉が苦手な彼がまさかちゃんとプロポーズをしてくれると思わなくて、嬉しくて泣きました。でも欲を言えば、おしゃれな場所がよかったかも(笑)。(野良猫さん)

ダンディさん

断られることもあるんですよね…。生きていけないッス。

硝子野さん

なんてチキンな奴なんだ! ……でもわかるぞ。プロポーズ失敗はダメージが大き過ぎる……。だから俺がいい方法を教えてやろう。

[教え3]プロポーズ前の“プレプロ”はやってみる価値あり

ダンディさん

プレプロポーズとは、彼女に結婚の意思をさりげなく確認することで、正式な結婚の申し込みではないぞ! しかーし! ふたりの関係が進む中で婚約や結婚といった次の段階に行っていいものかを見極めるのに最適なステップなのだ! 
次は特に彼女に「結婚の意思」をさりげなく伝えながら、核心は突かない絶妙な3つのプレプロ実例を紹介しよう!

case1_環境の変化があるときこそ伝えるチャンス!

イラスト入ります

マンションの契約更新があったので「契約更新が来月なんだけど将来的に一緒に住んでくれるなら今より広い部屋を借りようかと思うんだけどどうかな? 一緒に部屋を見にいかない?」と言った。(加藤広一さん)

花嫁顔写真

「将来的に一緒に……」という感じだったので「うん!」と回答。そういうふうに考えてくれているんだってことがわかって嬉しかったです。(加藤ちひろさん)

case3_結婚式の話題が出たらさりげなく聞くチャンス!

イラスト入ります

友達の結婚式に行った話をしていたので今しかないと思って「結婚願望あるの?」と聞いてみた。(三浦大志さん)

そのとき彼女は!

花嫁の顔写真入ります

結婚したいとは思っていたので「私はいつでもウエルカムだよ~!」と言いました。すると彼が「じゃあ後は仕事のタイミングを見てだね」と言ってくれたので、お互い結婚の意思があるんだって確認できてよかった。(三浦由樹さん)

case3_ 2人の記念日こそプレプロのチャンス!

イラスト入ります

付き合って1年記念のテーマパークへの旅行でショーを見て、「付き合って1年経ったし、今年は次のステップに進もうか…」と伝えてみた。(高明さん)

花嫁

結婚をにおわす意味深長なせりふだったので、結婚を意識してるんだなあってわかりました。はっきり結婚って言われたわけではなかったので「そうだね」とだけ答えました。(じぃまさん)

ダンディ顔写真

勇気を振り絞ってそれとなく伝えても気付かれなかったら意味がないぞ! 結婚の意思があることをそれとなくわかるように伝える、だがしかし本番ではない!! そこが重要だ!

ハアトくん。以上3点をじっくり検証した上で、検討を祈る! 
Good luck

From 編集部

大切なのは「結婚したい意思」を伝えること!

プロポーズでまず大切なのは、うやむやにするのではなく「プロポーズの意思をきちんと伝える」こと。どんな形であっても、改めて自分の決意と結婚したいという気持ちを誠心誠意伝えることが第一。その上で彼女により喜んでほしいと思うなら、プレプロポーズを活用して彼女が理想とするプロポーズの形を把握すればOK! いつまでもふたりの記憶に残るプロポーズができるはずです!

取材・文/青柳恵美香 イラスト/しりあがり寿 構成/小林有希(編集部) 
※掲載されている情報は2016年9月時点のものです
※記事内のコメントの一部は、2016年7月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー100人が回答したアンケートによるものです
※記事内のコメントと数値は、2016年7月にマクロミルが「プロポーズをしたことのある」男性100人に対して実施したアンケート回答によるものです

  • プロポーズ
  • 結婚決まりたて
  • 常識・マナー
  • 花嫁実例
  • ふたりらしい
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop