ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. 白ドレス
  5. 編集部もインスタ花嫁にWOW! 「いいね!」100超え★ドレスSNAP
ドレス
Share on>

編集部もインスタ花嫁にWOW! 「いいね!」100超え★ドレスSNAP

「大切に選んだドレスだから写真でもきれいに残しておきたい」そんな思いでソロフォトを考えている花嫁さん! 一方で思うような写真が残せるか心配……と不安もありますよね。そこで「ソロのドレスフォト」で周囲を魅了し、100以上の「いいね!」を集めてしまった4人のインスタグラム花嫁さんを、編集部がそのテクニックに対して(勝手に!)表彰。「一体どうやって?」と質問しつつその舞台裏を探ってきました!

「チュール×光は最強のコンビで賞!」[いいね188件]

hinaさん写真

【@hina95ky】殿

「光と風が入る窓辺は、チュールドレスが美しく見えるベストスポット! すがすがしい白の世界観にお気に入りのパンプスでブルーを添えているのも上級者」


Q1_ご自身で一番こだわったことは?
A.撮影当日はチェックを頻繁にして、フォトグラファーさんとポーズやカメラの角度、表情を少しずつ調整しながら完成させました。

Q2_ソロフォト成功の秘訣はスバリ何?
A.自分が撮りたいイメージと合う場所を選ぶこと。私が選んだ会場は横浜市指定有形文化財でもありとても趣のある建物。見学で訪れた際に、大きな窓枠や重厚感のある階段にひと目ぼれ。ぴったりでした。

Q3_フォトグラファーさんとの打ち合わせで工夫したことは?
A.日々Pinterestで集めていた憧れのドレスショットを20枚ほどスクラップ。打ち合わせのときにスクラップにした写真を見せながら伝えました。

Q4_当日はどんな様子でしたか? 
A.撮影のためにノリノリな音楽を流してくれて、フォトグラファーさんと会話をしながらの楽しい撮影でした。「こんな感じ?」とフォトグラファーが確認してくれるので、「もう少し下から撮ってほしいです」などと希望を伝えながら、憧れのショットに近づくようにブラッシュアップ。

【Another Photo Please!】

hinaさん2枚目のドレス写真

[写真]優しい光が差し込む朝に撮影したのも勝因!

message to プレ花嫁

アカウントの顔写真

自分の好きなものに正直に! 貴重なドレス撮影だから、恥ずかしがらずに憧れのイメージに貪欲になっていいと思うんです! でもイメージを言葉で伝えるのは難しい。だから、写真をスクラップして共有するというのはいい方法だったと思います。

★DATA★
撮影日/2015年7月31日
挙式日/2015年9月5日
場所/ラバンクドロア
フォトグラファー/会場フォトグラファー
着用ドレス/anjeri
着用シューズ/マノロブラニク
天候/晴

「ドレスを美しく見せるアングルに拍手で賞!」[いいね! 323件]

canaweddeing
ふんわりドレス写真

【@cana_wedding】殿

「ドレスのふんわりとした美しいシルエットがよく伝わる写真です。大桟橋の広い場所を生かし、引きや少し上から撮ったりすることで新鮮な印象! 拍手!」

Q1_ご自身で一番こだわったことは?
A_ドレスですね。運命のドレスWhite by Vera Wangでした。銀座のショップで見かけて一目惚れし、その後、ネットショップで販売されていたので購入を決意。「ドレスのふわふわ感が伝わる動きのある写真が撮りたいです」とお願いをしました。

Q2_フォトグラファーさんへの依頼方法は?
A_女性の個人フォトグラファーさんにお願いをしたのですが、事前に見せていただいた作品がとても柔らかく温かい写真ばかりだったので安心でした。「動きのある写真が好き」と言葉で伝えるだけで、特に詳細までリクエストをせず。なので、場所を決めた以外はスタッフさんにお任せ。このポーズも「回って」「ゆっくり歩いて」の指示通りで撮れたものなんです。

【撮影エピソード】
外国人の方から写真を一緒に撮ってほしいと声を掛けられ、言われるがままに(笑)。また、ふわふわのドレスが風でめくれてマリリン・モンロー状態(笑)。押さえるのが大変でした。同じ日に移動ありで数カ所撮影があったので、終わったときはヘロヘロ……。ですがやはり写真を見返すといい思い出です(笑)。

【Another Photo Please!】

代々木公園での撮影ソロフォト

[写真]代々木公園で撮影したお気に入りのカット。木漏れ日がドレスの柔らかさを引き立てます。

アカウントの顔写真

撮りたいポーズは事前に伝えた方が良いと思います。私は2つのロケを1日で撮影したのでバタバタ! 「あのポーズ撮ってない!」と思い出すこともあったので「このポーズを!」と資料と合わせてスタッフの方に事前に伝えておくのが大切です!

★DATA★
撮影日/2015年10月26日
挙式日/2015年11月22日
場所/横浜大桟橋
フォトグラファー/個人フォトグラファー
ドレス/White by Vera Wang
天候/晴

「あなたの熱意が成功のもとで賞!」[いいね! 517件]

moephoto

【moewedding】殿

「思わず“可愛い”と声が出るような写真を撮ることができたもえさん。ドレスはもちろん世界観も完璧です!!」

Q1_ご自身で一番こだわったことは?
A_「特別な日をお気に入りのドレスを着て迎えられたんだ! という嬉しい気持ちが表れるような表情、ポーズにこだわりました」

Q2_撮影イメージの伝え方は?
A_「ドレスが本当に大好きで、イメージづくりは入念に行いました。
自分の言葉ではうまく伝えられないし、ポーズを覚えておける自信がなかったので、写真一枚一枚にポイントを手書きで書き添えて共有しました」

Q3_式当日までに用意したものは?
A_「バックショットも撮る予定だったので、きれいなラインの肩甲骨が出るよう
エステで習った運動を毎日行いお肉を落としました(笑)。撮影には、永遠の愛を誓いますの意味のI Do シールを貼った靴底が赤のシューズと、全面ゴールドグリッターのシューズを持参しました」

Q4_当日はどんなお願いをしましたか? 
A_「なかなか言い出しづらかったけど、後悔するよりは……とその場で「シューズを後ろ手に持ったバックショットを撮ってほしい」などと思いついたポーズもどんどん撮っていただきました。こだわりたかった写真では、撮影した写真を撮り直しいただくこともありました」

【Dress Photo Album】

説明写真
振り返り写真

[写真左]こちらはヒップから広がるマーメイドラインがきれいに出るよう、チュールを逆光で透けさせるようにお願いしたカット
[写真右]写真撮影前にポージングをまとめて、プリントアウトした資料

アカウントの顔写真

準備は念入りに! 事前準備さえしっかりしていれば当日は大丈夫。スタッフの方に撮りたいイメージを伝えること、小物を用意すること。スタッフさんとチーム一体になって、素敵な花嫁姿を残してください!

★DATA★
撮影日/2016年2月28日
場所/アーカンジェル迎賓館
フォトグラファー/会場フォトグラファー
ドレス/ENZOANI
天候/晴

「背景の暗さと白ドレスのコントラストが美しいで賞」[いいね!270件]

インスタグラム花嫁さん1写真
ピンクドレスのヨリカット

【oy.wedding】殿

「編集部が注目したのは、後ろに向かってふんわりとしたドレスの美シルエット! 階段に上り、ドレスの流れるようなラインをきれいに見せていながら自然体なのが素敵。さらには、晴れではなかったというお天気がビンテージ調の建物にマッチ。大人っぽい雰囲気にまとまっていて素敵です」

Q1_ご自身で一番こだわったことは?
A_「当日着るウエディングドレスはタイトめのAラインだったため、このふんわりとしたドレスだからこそ撮れるこのショットが撮りたいと思いました」

Q2_フォトグラファーさんへのお願いの方法は?
A_「フォトグラファーさんに撮ってほしい雰囲気や構図がすぐ伝わるように、Instagramやインターネットから素敵だと思った写真をピックアップして指示書を作成しました」

Q3_撮影当日の様子を教えてください!
A_「撮影当日はお天気が安定せず、朝からお支度完了まで小雨が降っていましたが、撮影が始まる頃にはなんとかやんでくれました。お天気が良くなかったことを残念に思っていたのですが、青空ではないこの天気が馬車道の雰囲気とマッチしていてよかったと思いました」

Message to プレ花嫁

アカウントの顔写真

撮影までにたくさんの花嫁さんの写真を見ておくと、どんな写真が撮りたいのか、どんなコモノを使いたいのか自分の中でイメージが固まります。後悔のないようにしっかりイメージを持って撮影に挑んでください。そして当日は撮影を楽しみましょう!

[写真左]階段を生かし、ふんわりとしたドレスのシルエットを際立たせて撮影
[写真右]花嫁に寄ったソロドレス写真は表情まで残せるので◎

★DATA★
撮影日/2015年12月2日
挙式日/2016年3月19日
場所/馬車道
ドレス/White by Vera Wang
天候/小雨

From 編集部

ドレスのソロ撮影は“事前準備の細やかさ”が大切なポイント!

ソロ撮影を成功させた花嫁さんの共通ポイントは、前準備が細やかだったということ。
事前にこんな写真が撮りたいとイメージ写真をスタッフに渡し伝えた花嫁さん、撮りたいイメージにぴったりなドレスを用意した花嫁さん、撮りたいイメージに必要な小物を用意した花嫁さんなど、形はさまざまですが自分が頭に思い浮かべたイメージに向かって準備をしっかり行っていたようす。
また別撮りすると決めたころから、PinterestやInstagramで撮りたい写真を見つけたり、撮りたい場所の情報収集したり、上手にSNSを利用しているというのも共通していたこと。
この記事を読んでくれたプレ花嫁さんたちも、準備はしっかり、でも当日は楽しんで撮影してきてくださいね。

文/根本美緒、小林有希(編集部) 構成/小林有希(編集部)
※掲載されている情報は2016年7月時点のものです。
※ゼクシィinstagramアカウント(@zexyrecruit)にも素敵な写真がたくさん。ぜひフォローを。

  • 挙式後
  • ドレス・衣裳
  • 写真・ビデオ
  • 結婚準備全体
  • 思い出
  • 別撮り
Share on>

pagetop