ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. 白ドレス
  5. 着ただけじゃNG! ドレス試着は「着て歩く」が正解です!
ドレス
Share on>

着ただけじゃNG! ドレス試着は「着て歩く」が正解です!

ドレス試着では鏡の前の自分に見入って、思わずうっとり♪ でも試着はこれで終わってはNG! 今回は式当日になって分かったドレス姿の「動きやすさ」に関する花嫁の後悔証言から、「試着時にこれだけは確かめて!」というポイントを取材。ぜひ試してみてね。

重い! 丈が! 袖が! 式当日の「ああ、こんなの想定外~!」

a

先輩花嫁からのアンケートで多かった後悔証言、試着のときとは違う当日の違和感。うまく動けなかった、という花嫁続出。
着慣れないドレスに高いヒール、思いのほか大変だったという声がたくさん……!

花嫁コメント入れる

当日リハーサルでバージンロードを歩いてみたら、裾が長くて何度も踏んでしまい、歩くこともままならない状態! 急きょ裾上げしたものの、式本番でも裾を踏まないかばかりが気になってヒヤヒヤ……正直、感動どころではありませんでした。(雪華さん)

花嫁コメント入れる

ホックで取り外し可能な肩襟つきのドレスを選びました。腕を動かす度にホックが外れそうに。誓いのサインやブーケトス、ケーキ入刀と腕を動かすシーンでは“いつ襟が取れてしまわないか”と不安でぎこちない動きに。(らっこさん)

花嫁コメント入れる

お姫様に憧れてたっぷりフリルのドレスにしたら、披露宴中、フリルの重みでどんどんドレスが下がってきて……! ゲストもいる中、数分ごとに介添え人さんにドレスを引っ張ってもらい、みっともない姿を見せることに。試着時に重さも念頭にいれるべきでした。(郁美さん)

ドレス試着では「当日をシュミレーション」した動きを!

早速“当日の不安をなくす試着”についてドレスショップで取材してきました。
今回は特に試してほしい動作とそのコツを紹介します。
着慣れないドレスだからこその発見があるはず!

1.靴はドレスに合ったものを履く

足

多くの花嫁が12cm~15cmのヒールを履くそう。ドレスによって着た時の姿を最も美しく見せるヒールの高さが違うので、ふさわしいものを確認しよう。

[ from Staff advice ]

●靴を自分で購入する場合は?
レンタルではなく、お気に入りの靴を用意する場合は、試着時に「着たいドレスには何cmのヒールの高さが必要か」を事前に確認してから購入しましょう。
試着時から当日履くものと同じ高さのヒール靴を履ければ安心。

●高いヒールが苦手な場合は?
スタッフさんに相談しましょう。例えばボリュームのあるパニエを入れてドレス丈を調整する、などの対応策があります。

2.靴を履いたら歩く練習をしてみる

膝を曲げて
伸ばす

ドレスのデザインや素材によって、歩き方のコツが変わるので試着のたびに歩いてみよう。
慣れないパニエを着けていたり、ドレスが重かったり、思っている以上に歩きにくいことも。

[ from Staff advice ]

●パニエ入りドレス 歩き方のコツは?
膝を曲げ、その膝でパニエを「ポーン」と軽く蹴るようにして歩くと、パニエが足から離れ、重さも軽減できて歩きやすいそう。(写真1・2)

●難関! マーメイドドレス 歩き方のコツは?
歩幅が狭く、歩き方が如実に現れるスレンダーなデザインは、美しく歩くことが難しいドレス。
試着段階からドレス丈とヒールの高さをぴったりに合わせ、姿勢を正した歩き方を意識してみよう。

3.ドレスを持ちながら、ブーケも持って歩いてみる

ブーケをぐっともつ

バージンロードや入退場「片手でドレスとブーケを持って歩く」というシーンは意外とあるもの。
ブーケのデザインや重さによって持ちやすさは変わることも念頭に入れて、花嫁姿がより美しく見える持ち方を尋ねてみよう。

[ from Staff advice ]

●ドレスをどう持つの?
ドレスの生地を多めに「ぐっ」と掴みましょう。生地をしっかりつかむことができれば、ドレスの重さが軽減され、歩きやすくなります。

●美しく持つコツは?
脇を引き締め、背筋を伸ばして良い姿勢を保ちましょう。笑顔も忘れずに♪

4.腕を動してみる

ブーケトス
キャンドルサービス

ブーケトスやケーキ入刀は普段の生活ではしない動き。試着時に試すことで、ドレスの着心地がどのようなものか徐々に分かってきますよ。

[ from Staff advice ]

●ブーケトスのコツは?
しとやかさを意識しましょう。顔の横からブーケを後ろへ送りだすように、にポーンと投げます。
袖ありのドレスは腕回りが固定され、腕の可動域が制限されるので、試着時にどの程度の動きなら問題ないのかも確認を。

試着時のアドバイスをいただきました!

「決定のドレスでなくとも! 試着したら、まずは動いてみよう」

話し合い

「ドレスの生地量やビジューなどの装飾の重さによっても、腰への負担や動きやすさが変わります。決定のドレスでなくとも、試着の際に簡単に動いてみることはおすすめです。

通常の試着時間は一着につき20分もない程度ですが、本番では数時間着用することになります。試着段階でつらいものや、重いものはスタッフに相談して解決策を確認しましょう。
また、ダンスなど演出で特別な動きを予定している場合も、試着しているドレスで叶うのか確認を。」

ドレス26万円(レンタル)/ブライダルハウスTUTU(チュチュ) 青山店

From 編集部

ドレス試着は着心地、動きまで確認をすれば当日安心♪

式の直前にならないと“ドレスを着た動き”までは意識しない花嫁が多数。当日のリハーサルであわてないためにも、似合っている? スタイル良く見える? だけでなく「当日に自然な笑顔で動ける? 」ということも確認できると安心です。

Shop list

ブライダルハウスTUTU(チュチュ) 青山店

03-3498-0022

http://www.tutu-dress.com/

撮影/橋本幸則 構成・文/真坂千稔(編集部)
※掲載されている情報は2016年4月時点のものです
※記事内のコメントは2015年9月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー78人が回答したアンケートによるものです。

  • 挙式半年前
  • 挙式3ヶ月前
  • ドレス・衣裳
  • アイテム検討期
  • 定番
  • ヒロイン気分
  • 安心したい
ホワイトドレスを探してみる
Share on>

pagetop