ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 写真・映像
  5. “婚姻届”を家族とサインする、幸せな瞬間を写真に残そう!
演出アイテム等
Share on>

“婚姻届”を家族とサインする、幸せな瞬間を写真に残そう!

婚姻届を出す時に役所で写真を撮る人は多いけれど、その一歩手前、証人欄にサインをもらうシーンも、セレモニーとして写真に残してみませんか? そこには、両家顔合わせなどとはまた違った、家族の幸せな表情が溢れているんです! 残しておかないなんてもったいない。
ここでは、親にサインをお願いした編集部・ゆっきーカップルの写真を紹介。ふたりも家族も、かけがえのない時の喜びをかみしめていることが伝わってくるはず。

家族がこの瞬間に感じた、喜び、安心……のキモチ!

家族
花嫁と家族

大切な家族が旅立ち、新たな家族を築く。そんな特別な瞬間に立ち会える喜び、安心、そして少しの寂しさ……。家族がそれぞれに感じている、複雑なキモチを残したい。

[写真]サインする新郎新婦を、緊張と喜びの入り混じった表情で見守る家族。
「いい機会にみんなで立ち会えて、とてもよかったと思います。思い出になるようなすてきな場所で、忘れられないひとときを過ごすことができました」(ゆっきー母)
「頭の中が真っ白になってしまうくらい、緊張しました。無事、見届けた後はほっとして、その後のお酒はいつになく美味しかったです」(ゆっきー父)

ふたりが正式な夫婦になる直前の、幸せなキモチ!

ふたり
新郎新婦

もうすぐ正式な夫婦として認められる喜び、家族に見守られながらサインをする緊張、そして幸せ。そんなさまざまな感情が入り混じる、幸せ絶頂のふたりが全身から発するキモチも写真に切り取りたい。

[写真]喜びいっぱいの新婦と、家族の視線に緊張の新郎の表情のギャップもセレモニーならでは!
「父からの視線に、彼は緊張していたようです(笑)。一文字一文字の記入は、特別な重みを感じました」(ゆっきー)

ゆっきーカップルと家族がサインしたひとときは思い出のセレモニーに

家族

今回取材したのは、編集部・ゆっきーと直樹さんカップルの証人サインシーン! ふたりは、沖縄・石垣島での挙式の前日、同地の郷土料理屋さんの個室で、親に証人のサインをもらうセレモニーを実施しました。参加したのは両家の親と新郎の姉、そして甥っこの計8人。

証人を誰にお願いするかは、当日の雰囲気を見て決定。お願いしたそれぞれの母親は、ふたりの思い描いたとおり、緊張に包まれていた場をおしゃべりでなごませてくれたそう!

「一枚の書類が、いろんな人の手に渡って完成する様子を見ていると、家族どうしの繋がりや結婚するんだな~という実感がありました。思い出に残る写真を残せてよかったです」(ゆっきー)

「記念に残る、こんな写真を撮りたい!」あなたへ、プロがアドバイス!

「結婚の記念になる写真を自分たちも残したい!」。そんなふたりのために、今回撮影をお願いした、フォト撮影サービス会社Lovegraph[ラブグラフ]の駒下さんに聞いてみました! どうすれば、こんな写真が残せますか?

「できるだけカメラを意識しないよう、いつも通りの姿を撮ってもらいましょう。参加する家族にも、『カメラは意識しなくて大丈夫だよ』と一声かけておくと、より自然な仕上がりになりますよ。また家族の輪にスッと溶け込めるフォトグラファーにお願いすることも大切なポイント。過去に撮影したお客様の声がわかるような人か、評判のいい、人柄のよさが伝わってくるフォトグラファーに頼むことをおすすめします。

一生に一度の思い出となる大イベントの瞬間、瞬間を、その時々で写真に切り取っておく。そうして残した写真はきっと、これから先見返すたびに大切なものになると思いますよ」
(Lovegraph[ラブグラフ]代表取締役・駒下純兵さん)

From 編集部

幸せな瞬間を切り取った写真は、永遠の思い出になる!

「証人欄へのサインシーンは、写真に収めることでセレモニーになる」、「幸せな瞬間を写した、大切な写真になる」ということは分かっていただけましたか? あなたもぜひサインシーンを写真に収めて、ふたりにとっても、そして家族にとってもかけがえのない特別な時を残しましょう!

撮影/仲村渠真理(Lovegraph[ラブグラフ]) 取材協力/Lovegraph[ラブグラフ](https://lovegraph.me/) 構成・文/松隈草子(編集部)
※掲載されている情報は2016年4月時点のものです

  • 婚姻届け出
  • 結婚決まりたて
  • 温かい
  • ふたりらしい
  • 家族の絆
  • 楽しく読む
  • 家族・ペットと撮影
Share on>

pagetop