ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 引出物・ギフト・内祝い
  4. その他引出物・ギフト・内祝い
  5. ただ置くだけなんてもったいない! 気持ち伝わる引出物の渡し方
演出アイテム等
Share on>

ただ置くだけなんてもったいない! 気持ち伝わる引出物の渡し方

ゲスト一人一人のことを考えながら、こだわって選んだ引出物。当日はゲストの席にあらかじめ置いておくのが一般的だけど、せっかく心を込めて選んだ引出物だから、贈り方にもこだわってみませんか? ゲストに気持ちの伝わる贈り方ご提案します。

【末永くよろしくお願いします】の気持ちを込めて

ずっと使える引出物袋やラゲッジタグを添えて贈る

オリジナルの引出物袋
引出物袋に描かれたメッセージ

家に帰った後にも使えるデザインの袋や、一人一人の名前の入ったラゲッジタグを引出物に添えれば、使うたびにふたりの結婚式を思い出してもらえる良い機会に。コットンの引出物袋には、ふたりの結婚式のテーマである「Make “wonder” with me.」の文字が。「一緒にドキドキ・ワクワクを作りましょう!」というメッセージに、披露宴への期待も高まりそう!

[写真1枚目]主張しすぎないシンプルなデザインなら、老若男女問わず、式の後も使ってもらえそう

[写真2枚目]さりげなく入った結婚式のテーマが、結婚式当日を思い出させてくれる良いきっかけに

【あなたのために選びました】の気持ちを込めて

「どうしてその引出物を選んだか」のメッセージを添えて

引出物
紅茶

ゲストが帰宅して引出物を開けると、そこには1通の封筒が。中にはふたりがどうしてその引出物を選んだかを伝えるメッセージ。いつも仕事が忙しそうな友人なら「いつも仕事大変そうだけど、たまにはこのティーセットでゆっくりお茶を楽しんで」とか、SNSに料理の写真をアップしている友人なら「いつもおいしそうなご飯の写真、楽しみにしてます。この器も仲間に入れてもらえたら嬉しいです」とか、選んだ理由や使ってほしい場面をちゃんと伝えることで、ゲストはもっと嬉しい。

[写真1枚目]「ふたりが自分のためにどうして選んだか」を知ることでギフトがもっと大切な意味のるものに

[写真2枚目]結婚式にちなんで「KISS TEA」など、一緒に入れるお茶の名前でメッセージを伝えるのもおしゃれ!

【あなたも大切なゲストです】の気持ちを込めて

子どもゲストにも引出物を用意

子供用引出物
子供用ラゲッジタグ

キッズ用にプレゼントを用意する人は多いけど、せっかくなら大人と同じ形で引出物として用意してみては? 持ち運べるトランク型のケースにはおもちゃや小物などのギフトと引菓子代わりのカラフルなお菓子。小学校低学年くらいまでのキッズは大人のまねをしたいお年頃。ちょっと背伸びしたギフトはきっと嬉しいはず! そしてキッズにまで行き届いたおもてなしに、周りのゲストからも「さすが!」の声が上がりそう!

[写真1枚目]キッズ用の引出物にはテーマを付けてもおもしろい。今回はビーチサンダルや人魚をトランクに詰めて「ハワイ」がテーマ

[写真2枚目]子どもゲストにも大人と同じラゲッジタグをプレゼント

【感謝を直接伝えたい】の気持ちを込めて

引出物を手渡しする

披露宴の最後にはプチギフトをお渡しすることが一般的だけど、少人数の式や全員に同じ引出物を用意している場合は、あえて送賓の時に引出物を渡すのはいかが? ゲストの待ち時間を考慮してテーブルやグループごとに時間差で出てきていただいてお写真を撮りながら……など、プログラムを考えることが必要だけど、今までにない引出物の贈り方はゲストの心に残るはず。

【式後もゆったりと過ごして】の気持ちを込めて

引出物は宅配便でご自宅に

結婚式当日はみんなおめかしをして集まってくれるから、荷物が増えると意外に大変。式後も負担なく過ごしていただくために、引出物をご自宅に贈るというのも一つの手。もちろん、引出物を楽しみにしているゲストもいるから、必ず「ご負担のないよう、引出物はご自宅に送ります」とアナウンスを。
その際「いつもお忙しい●●さんには、心がほっとできるようなグッズを用意いたしました」など、内容に関するヒントを添えれば、待っている間のドキドキ・ワクワクも一緒に贈ることができる。引出物は式から間をあけず、二週間以内には到着するように気を付けて。

From 編集部

贈り方も含めて心を込めたギフトなんです

引出物は感謝を表すもの。せっかく心を込めて選んで、贈り分けにもこだわっても、その「感謝の気持ち」が伝わり切らないのは本当にもったいないこと。彼からエンゲージリングを贈られたとき、誕生日プレゼントをもらったとき、とても嬉しかったのは贈り方も考えてくれたから、という経験ありませんか? 感謝の気持ちを余すところなく伝えるために、ゲスト一人一人のことを思い浮かべながら「どんな贈り方がいいかな?」と考えてみて。

撮影/園田賢史 スタイリング/上野佳菜(Sense of Wonder) 構成・文/小田真穂(編集部)
※掲載されている情報は2016年3月時点のものです

  • 内祝い・ギフト
  • 打ち合わせ開始期
  • スタイル提案
  • もてなし
  • 細やかな気遣い
  • 頑張りたい
  • 演出として使えるギフト
Share on>

pagetop