ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 個性派ウエディング(キャンプ場ウエディング、ナイトウエディング、ヲタ婚etc.)
  5. 移りゆく空色がおもてなし。トワイライトウエディングは、いかが?
結婚式スタイル
Share on>

移りゆく空色がおもてなし。トワイライトウエディングは、いかが?

日中から茜色や青に染まる夕方、そして日が暮れ、街の明かりがきらめきはじめる。そんな夕方から夜にかけての「トワイライトウエディング」の魅力をご紹介。
刻々と変わり続ける空の表情は、想像以上にロマンティックでゲストの記憶に残るみたい。「プログラムはシンプルにしたいけど、物足りないかも?」なんて思っている花嫁は、空色の変化をおもてなしとして加えてみるのはいかが?

【挙式タイム】かげり始めた柔らかい光が、静粛なひとときを演出

挙式
挙式
新郎新婦

神戸の街が一望できる高台にある会場で、トワイライトウエディングを叶えたのは悟史さん、紗子さんカップル。この時間帯を選んだのは、土曜日の挙式ということもあり、遠方からのゲストのことを考えてのこと。パーティ中に日が沈んでいくなど、この時間帯ならではの魅力的な空色をゲストに楽しんでもらえる式になると気付いたのは、挙式日を決めた後だったそう。
式がはじまったのは、まだまだ明るい昼間。ふたりは、ゲストとともに夕方に向かう空を見渡しながら、結婚の誓いを立てた。

[写真1、2枚目]ふんわりとした光が差し込むチャペルでの挙式
[写真3枚目]挙式前のフォトタイム。日中よりも優しい光に

【パーティタイム】空色は白から神秘的なブルーモーメントの瞬間に

バンケット
花嫁
新郎

まだまだ明るい時間からスタートしたパーティは、プログラムが進むにつれ夕方のわずかな間に訪れる、辺り一面が青い光に照らされる「ブルーモーメント」のタイミングに。ゲストは新郎新婦越しに、刻々とその色を変えるロマンティックな神戸の街の空を楽しんだ。

[写真1枚目]吹き抜けのガラス天井から降りそそぐ、光のなかではじまったパーティ
[写真2枚目]まるで用意された光の演出のように、その表情を変える空。うっとりするような美しい青に包まれた、「ブルーモーメント」の時
[写真3枚目]空は次第に夜に向かって青から濃い青色へ

【デザートビュッフェタイム】ゲストの心を揺さぶる、光り輝く夜景

ゲスト
花嫁の手紙

日が完全に落ちたパーティ後半には、テラスと繋がった会場の一角でのデザートビュッフェをふたりは用意。ゲストはスペースを自由に歩き回り、窓ガラス越しに、テラスに出てと、思い思いの場所でデザートとともに目の前に広がる美しい夜景を間近に楽しんだ。

「トワイライトタイムの結婚式は、想像もしていなかった景色がゲストと楽しめるものになりました。式後、みんなが声を揃えて『行きと帰りで、表情の違う神戸が楽しめた!』と言ってくれたのはとてもうれしかったです。
写真やビデオで振り返ってみると、背景の空色や景色の変化でメイクや衣裳の雰囲気も違っていて、こんなに変わるものかと驚きました。トワイライトだからこその演出だったのだなと感じています」(紗子さん)

[写真1枚目]デザートの合間、きらめく夜景に釘づけに
[写真2枚目]式の最後には、夜景をバックに花嫁の手紙を

【タイムスケジュール】

●挙式日:2013年10月8日(土)
●挙式地:兵庫県神戸市
●挙式:15:30~
●披露宴:16:30~
●デザートビュッフェ:18:15~
●式終了:19:00

「トワイライトウエディング」もっと楽しむ3大ポイント♪

●ポイント1:空の変化をもっとも楽しめる、日の入り前後の時刻をチェック!
夕方のブルーモーメントや茜色の空を楽しむには、日の入りの前後30分前後がベストタイム。挙式を挙げる季節を確認して、ふたりのイメージする空色が叶う時間帯を選んで!
【平均的な日の入り時間帯】
春・秋:17時半前~18時過ぎ、夏:18時半前~19時過ぎ、冬:17時前~17時半過ぎ
*季節や場所によって日の入りの時間は前後します。事前に会場スタッフに確認しましょう

●ポイント2:ゲスト席に座ったままでも空が望める空間作りを!
せっかくのトワイライト、ゲストには式中も空色の変化を座ったままでも楽しんでもらいたい。悟史さん、紗子さんカップルは、開放感たっぷりの窓前に高砂席を設置。ゲストは、ふたりに目線を向けるたびに変わっていく空色を楽しめた。

●ポイント3:空色プラス光の演出でさらなる感動を!
空色の変化に光の演出をプラスすると、より一層光のイメージが残る式に。ふたりは、ちょうど日が沈むパーティ後半にカーテンを閉め、暗闇でのキャンドルサービスを盛り込んだ。そして街を一望する窓際でのデザートビュッフェですべてのカーテンをオープン! 一転して、灯りがきらめく夜景をサプライズする光の演出を行った。

From 編集部

ゲストみんなで感動を共有できる、心が伝わるトワイライトウエディング

日中から夕方、そして夜へと向かって移りゆく空が、ゲストの心の強く残る、大きな感動を生みだす演出になるという発見は伝わりましたか?
また、トワイライトタイムはちょうど通常のディナーと同じ時間帯。食事と会話を楽しんでもらうシンプルなパーティに、と考えている花嫁なら、きっとトワイライトウエディングはイメージに近い式になるはずですよ。

取材協力/KITANO CLUB SOLA(北野クラブ・ソラ)(TEL 078-222-5515) 構成・文/松隈草子(編集部)
※掲載されている情報は2016年3月時点のものです

  • 挙式
  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • スタイル提案
  • もてなし
  • テンションあげたい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop