ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. 夜をおしゃれに。花火できらめくスパークリングウエディング
演出アイテム等
Share on>

夜をおしゃれに。花火できらめくスパークリングウエディング

ナイトウエディングの定番といえば、そうきらめく光の演出。キャンドルに、ライトにイルミネーション……。どれもとってもきれいで、誰もが魅了される華やかな演出だけどもう少しみんなと差をつけたい!
なんて花嫁にご紹介したいのが、「手持ち花火」を使った“おしゃれ”な光演出。「花火ってこんなにおしゃれだっけ?」。そんなゲストの声が上がること間違いなしの、花火アイデアご覧あれ★ 花火のプロによるアドバイス付き!

フラワーシャワーの代わりに【花火シャワー】

ナイトだから映える! おしゃれにできる★

花火シャワー
花火とゲスト

ナイトウエディングではなかなか映えづらいフラワーシャワーのお花を、花火にチェンジして映え度アップ&おしゃれさプラス! おしゃれに仕上げるコツは“火花の色”。火花が単色の手持ち花火を選べば、おしゃれで華やかな花火シャワーが叶います☆ 花火を手にした、ゲストの表情も楽しみ!

花火ショップがアドバイス!「燃焼時間長めの花火が◎」

「火花の間を新郎新婦が通り抜けていくような演出であれば、登場から退場までの間をしっかり演出できるよう、“すこしでも長く演出ができる花火”がおすすめ。花火のなかには、燃焼時間が140秒というタイプも」
(花火セレクトショップ『fireworks』・村上さん)

ペーパーアイテム代わりに【花火フォトプロップス】

ちまたでブームの“花火文字”で好きな言葉やメッセージを★

花火文字1
花火文字2
花火文字3

ナイトウエディングはもちろん、フォトナイトウエディングでもぜひ取り入れてほしいのが“花火文字”。書く文字や絵に制限はないから、誓いの言葉、ゲストへのメッセージをつづったりと自由に表現してみたい。
わいわいとした雰囲気のパーティなら、ゲストみんなで花火文字に挑戦するなんていう演出も新鮮☆

ウエディングフォトの、光り輝くプチ小物★

花火1
新郎新婦と花火

持つだけで絵になる、サマになるのが、“花火”を使ったプチ小物。手に持つ小物を花火に置き換えるだけで、こんなにもおしゃれで一味違うウエディングフォトに仕上がるんです。花火一本でできる、ニュータイプの光小物☆

花火ショップがアドバイス!「火花の光が強めの花火が◎」

「花火文字なら、より強い光を放つ花火が理想です。手持ち花火なかには、とても火花の光が強く、光の線で絵や文字を書きやすいものも。このような花火は、点火する場所が暗ければ暗いほど光の線(残像)が残りやすくなります」
(花火セレクトショップ『fireworks』・村上さん)

ケーキ装花代わりに【ケーキ装“花火”】

インパクトありのおしゃれ花火ならこれ★

ケーキ花火
ケーキ花火2
ケーキ花火3

流行りのシンプルシックなウエディングケーキのデコレーションとして、人気の「ケーキ装花」。それを花火にチェンジ、もしくは装花といっしょに飾るのも手。
花びらのように、火花が大きく広がるスパークリングタイプの花火なら、装花に負けない迫力とおしゃれさを醸し出してくれます。ケーキカットならぬ、“ケーキ花火点火”なんて演出もかわいい☆

花火ショップがアドバイス!「ケーキ専用花火が◎」

「ケーキに花火を飾る場合は、演出後口にすることを考え、煙が少なく、火薬が落ちにくいケーキ用に作られた専用花火を選びましょう。花火のなかには、ケーキ用と同じ火薬を使った、燃焼時間が60秒と長めなものも。ケーキにも安心して使えて、かつより長く楽しめるこんな花火もいいですね」
(花火セレクトショップ『fireworks』・村上さん)

結婚式でおしゃれな花火演出で、大切にしてほしいこと

花火

●花火演出を楽しむためには、まず安全!
「まず大前提として、火の元に十分注意しましょう。衣裳やインテリアに火の気が移った場合、おめでたいはずの席で惨事が起こってしまう可能性があります。通常花火を楽しむ時と同じように、会場構成、点火方法、点火する配置、後始末、火災時の消火対策など、『事前の万全な安全管理』と『参加者への安全管理の共有』するのが、楽しむための一番のポイントです」

●花火の魅せ方は? チョイスの仕方は?
「主役はあくまで『新郎』『新婦』であり、花火はこの両者の引き立て役であるべきだと思います。そこで押さえるべき点として、
1. 火花の色はシンプルに
2. なるべく煙が少ない花火を
3. 煤(燃えカス)も少なければなおよし
以上のような条件が、演出に使う花火を選ぶ上での基準になると思います」

●楽しい思い出として、心にいつまでも残り続ける、花火演出
「夏の夜に花火で遊んだ時間というのは、花火自体は一瞬の輝きであったとしても、色褪せない記憶としていつまでも心に残っているように思います。花火の演出を結婚式に取り入れることで、同じようにその素晴らしい時間の記憶が、いつまでも色濃く、心に残るものになると思いますよ」
(以上すべて花火セレクトショップ『fireworks』・村上さん)

[写真提供]fireworks

From 編集部

もちろん、昼間のウエディングでもできます!

ナイトに限らず、デイタイムのパーティでも、光の演出が楽しめるバンケットやガーデンウエディングなら、“おしゃれ花火”演出は実現可能。
おしゃれ見えのポイントは、なんといっても花火のチョイス。火花の色は白など単色で、広がりの大きいスパークリングタイプの花火を選ぶこと。カメラのストロボがそうであるように、白など単色の光は景色や人をよりきれいに映してくれるんです。
おしゃれ花火の光の演出で、あなたのウエディングももっとすてきにきらめかせてくださいね☆

*花火演出は会場によってはできない場合もあります。取り入れたい場合は、早めに会場のプランナーに相談をしましょう

プロフィール
Profile

fireworks 花火セレクトショップ

「花火のセレクトショップ」をコンセプトに、花火男子3人で立ち上げた花火のブランド。玩具花火で遊ぶことのできる小さな花火大会企画を、全国約20拠点で開催している。
燃焼時間140秒を誇る花火「飽きれるくらい、楽しんで。」、ケーキと同じ火薬を使った花火「ご内密に」など、さまざまな種類の花火を扱っている。

fireworks
http://enjoyfireworks.jp

構成・文/松隈草子(編集部)
※掲載されている情報は2016年3月時点のものです

  • 挙式
  • 結婚準備全体
  • おしゃれ
  • テンションあげたい
  • 楽しく読む
  • 挙式演出
  • 別撮り
Share on>

pagetop