ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 娘の結婚がうれしくて……親の「ウエディング・ハイ」伝説
お金・常識
Share on>

娘の結婚がうれしくて……親の「ウエディング・ハイ」伝説

手塩にかけて育てた娘の結婚……うれしさのリミットを超えて「ウエディング・ハイ」状態に入ってしまったお母さん、お父さんが多数出現! 「もう、どんだけうれしいのよ!」と突っ込みたくなるほどの愛あふれる親のウエディング・ハイ伝説、全国の花嫁から集めました。

ママ、それ他人のサンプルムービーですけど!?

え、それ他人のサンプルムービーですけど!?

心も体も勝手に動いちゃう!? 娘にお願いされるよりも前に情報を集める熱烈母たちを、もう誰も止められない!

●「プロフィール映像をお願いする会社に行ったとき、赤の他人のサンプルムービーを見て母が号泣していました。感情移入し過ぎ!」(あっちゃんさん)

●「日が差す開放的なチャペルに映えるドレスがいいなと私が言っていたら、いつのまにか母が直接プランナーさんに連絡し、『挙式のムービーか何か見せて』と依頼していた。ちょっとおせっかい?とも思ったけれど、実際、母が選んでくれたドレスが予想以上にチャペルに映えて好印象。親の言うことは聞くものだなぁと思った」(まどかさん)

●「結婚が決まると、私より先にゼクシィを買ってきてくれた母。すごく楽しみにしてくれてるんだなと思ってうれしかった。そして自分の職場の人に自らが作った手作りアイテムの写真を見せて自慢していました」(清水美菜さん)

母のうれしさ、みんなに届けー!

私のうれしさ、みんなに届けー!

このうれしさ、一人の胸にしまっておけない!とばかりに、情報発信に熱が入るママたちも。

●「趣味のブログを書いている母が、ブログ上で私の挙式までカウントダウン開始。嫌な予感がして、『個人が特定できるようなことはあまり載せないでね』とくぎを刺すと、後日ブログに『娘に、写真載せないでね!ときつく言われてしまいました……(涙)』と書いてあった。やはり止めなかったら載せるつもりだったのかー」(さくさん)

●「親戚への連絡をお願いしたら、電話で話が盛り上がり過ぎてた母。肝心の聞いてほしい用件を聞くのに2週間くらいかかっちゃった。親兄弟の娘の結婚話は長いな~」(黒うさぎさん)

フットワーク軽すぎっ!な母。

フットワーク軽っ!

ドレス選びだってなんだって、どこまででも飛んでくよ!という魔法使いのようなママたちも!

●「ドレスの試着のとき、福岡から東京まで選びに来てくれた母。お蔭で自分に似合うドレスが見つかりました! ほかにも、リングピローやウエルカムボード、ウエルカムグッズ、花冠、花束、ブートニアまで手作りしてくれた。とてもうれしかったし助かりました!」(有賀亜季さん)

●「プロフィールムービー、プチギフト、ウエルカムボードなど、アイテム作りを手伝うために車で2時間半かかる距離をわざわざ来てくれた義理の母。結婚式の前月は、毎週末こちらへ来てくれて感動! 準備を通して義母との心の距離もさらに縮まりました」(きっきさん)

ぬかりなし! 母娘で美の競宴!?

ぬかりなし! 母娘で美の競宴!?

花嫁か、花嫁の母か……もはや主役がどっちかわからないほど自身の「美」にこだわる母たち。えぇ、だって、母だって乙女ですもの!

●「当日の髪型をどうしよう、服をどうしようと悩んでいた母。そのたびに、『こんなのどう?と』画像が送られてきた。花嫁張りの熱心さに脱帽!」(翔子さん)

●「母にベールダウンをお願いしたら、『注目されるから』とダイエットを開始。私もダイエットしていたけど、母も私に負けないくらい努力していてびっくり。主役は私なのに~」(山田奈津さん)

●「結婚式の打ち合わせは常に母と一緒。そしてブライダルエステでも気付けば隣のベッドに……(笑)。一緒に美に磨きをかけました」(R.Aさん)

バージンロードを一緒に歩くのが、父としての夢だったんです!

バージンロードを一緒に歩くのが、夢だったんです!

母親だけじゃない、父親の俺だって、うれしささく裂してるよー!という、父エピソードをご紹介。

●「バージンロードを歩く練習をしなきゃ!とはしゃいでいた父。本番ではまったく息が合わず、グダグダだったけどね~(笑)」(野口郁美さん)

●「両家父のモーニングは一番安いもので見積もっていたけど、いざ試着し始めると、ランクアップまで頼んでたので、次の見積りが出るまでヒヤヒヤしました(笑)。でも結婚式当日、父のシャツに、私たちふたりのイニシャルがサムシングブルーで刺しゅうされているのを発見して感動! 準備は父が一番熱が入っていたかも」(樋口樹里さん)

From 編集部

親だってうれしい! その喜びを共有できる工夫を

先輩たちの親はスゴ過ぎる~と思いながら読んだ人も、自分の親をよく観察してみて。隠しているだけで本当はうれしくって仕方ない!というママ&パパもたくさんいるはず。恥ずかしがっているだけなら、新郎新婦の方から、喜びを共有できる工夫をしてあげてみては。一緒に何かを選びに行ってもらう、どっちがいいかなと相談してみる……何でもOK! 親を巻き込んで、もっと楽しい結婚式を!

取材・文/前川ミチコ イラスト/カマタミワ 構成/小森理恵(編集部)
※掲載されている情報は2016年3月現在のものです
※記事内のコメントは2016年2月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー98人が回答したアンケートによるものです

  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • 人間関係
  • 温かい
  • 家族の絆
  • テンションあげたい
  • 笑いたい
Share on>

pagetop