ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエディングケーキ
  5. パティシエ本澤 聡 a tale of cake24「作品例:仲間のサプライズの余韻」
コラム・連載
Share on>

パティシエ本澤 聡 a tale of cake24「作品例:仲間のサプライズの余韻」

スイーツショップ「アニバーサリー」のパティシエがお届けする、おしゃれでおいしくて感動しちゃうウエディングケーキの話。
第24回は、実際にオーダーを受けて作ったウエディングケーキをピックアップ。そこに込められた新郎新婦の希望や思いも併せてご紹介します。
今回は、船出する新郎新婦のいるケーキ。でもこちら、ふたりのオーダーではないんです。

上司の粋なサプライズオーダー

船ケーキ1

生クリームの大海原に浮かぶ船。その上で未来を見つめるふたりの姿が、初々しくも頼もしく見えませんか。

人形などのモチーフを乗せたケーキは定番ですが、今回はオーダー主がカップルさんではありませんでした。頼まれたのは新郎の上司に当たるお方。

同じ船の仕事をしている仲間一同で何か贈り物を考えていたところ、ふとご自身も20年以上前の結婚式で船の形のケーキを作ったことを思い出したのだそう。
こっそり会場に確認すると、偶然にもカップルさんはウエディングケーキをオーダーしていなかったことが判明(男性ゲストが多いのでボリュームのあるローストビーフカットを選択されたようです。ワイルドですね!)。
大切な仕事のパートナーである新郎と、そのパートナーとなる新婦にもぜひ船のケーキをということでオーダーされました。

サプライズのケーキ登場に新婦感激!

船ケーキ2

人形と船はシュガークラフト。上司の方からふたりの写真と船の写真をお預かりし、特に船(タグボート)は細部まで忠実に再現しました。

もちろん登場させるタイミングもサプライズ!
ふたりは把握されているものとは違うプログラムの流れにびっくりしつつも、パーティのテーマ「海」にぴったりなブルーのケーキに大喜び。ゲストも大興奮の中で、ローストビーフに続くセカンドバイトを楽しんだとのこと。
何より、新婦さんはやっぱりケーキが食べられてうれしかったそうですよ。

シュガークラフトは新居に飾って

船ケーキ3

ちなみにケーキ上のシュガークラフトは、現在もおふたりの新居に飾られています。「見つめるたび、あの時の会場の一体感と幸せの記憶がよみがえる」と教えていただきました。

大切な人に思いを届けるケーキ。それはふたりからゲストに贈られるだけでなく、その逆でもステキな思い出になるのだとあらためて気付かされました。

本澤 聡
Profile

本澤 聡 ウエディングケーキを主体としたスイーツショップ「アニバーサリー」早稲田店パティシエ。

2005年に入店。ケーキ、引菓子、プチギフトなどの製作を手掛けるほか、青山店で開催するお菓子教室の講師も担当。デザイン性豊かな同店のケーキは、たびたびゼクシィ誌面のイメージビジュアルに登場し話題となっている。
http://www.anniversary-web.co.jp/

構成・文/伊藤佳代子
※掲載されている情報は2016年3月時点のものです

  • 打ち合わせ開始期
  • 遊び心のある
  • 温かい
  • 細やかな気遣い
  • 一体感
  • フルオーダー
  • 洋菓子
Share on>

pagetop