ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ビューティー全般
  5. 花嫁姿をランクアップ♪「私、ココに追加投資しました」
ビューティー
Share on>

花嫁姿をランクアップ♪「私、ココに追加投資しました」

特別なウエディングデーは「花嫁姿にとことんこだわりたい!」と夢見る人も多いはず。そこで先輩花嫁たちが実際に“追加投資をしてよかった”と思った花嫁を美しく彩るアイテムを調査しました! 選んでよかった理由や、ランクアップしたアイテムのポイントを学んじゃおう♪

やっぱり一番! こだわり“ドレス”でランクアップ

「絶対着たい」を叶えた憧れブランドのドレス

ドレス
ドレス

「『VERA WANG(ヴェラ・ウォン)』のドレスは、タレントの梨花さんが選んだことがきっかけで憧れるように。デザインが個性的ですてきで、結婚が決まるずっと前から、絶対着ようと決めていました。試着した時は生地が軽くて驚いたのと、憧れだったドレスを着られて感激! ドレスだけで90万円と当初の予算より大幅に料金がアップしたけれど選んでよかったです。ボリュームのあるスカートを選んだので、当日はふわふわなかわいいドレスに埋もれてフォト撮影している時間もずっと幸せいっぱいでした♪ 」(丹後由美子さん)

プリントにひと目ぼれ♪ 2着目にもこだわったドレス選び

ドレス
ドレス

「カラードレスはワンカラーというイメージが強かったけど、このドレスは見た瞬間にかわいい! とひと目ぼれ。2着目のお色直しで入場したときにはゲストから歓声が上がりました。似合っているよと声も掛けてもらって、28万円のドレスはちょっと高かったけれど奮発してよかったな(笑)。ドレスのイメージに合わせた生花の花冠も気に入っています」(翔子さん)

こだわりのオーダーメイドで特別感もアップ

ドレス
ドレス

「北海道でのリゾートウエディングだから、大自然になじむナチュラルなドレスがイメージ。理想になかなか巡り合えなかったので、自分好みに仕上げられるオーダーメイドのドレスにしました。ふんわりとしたライン、チュールにこだわってイメージ通りのドレスが完成しました。ショップに通って、ドレスを作り上げる過程も楽しかったです。価格は約29万円と、レンタルドレスの価格と大差がなかったのも魅力でした」(遠藤絵理子さん)

お気に入りの“シューズ”で 足元をランクアップ

ゴールドのグリッターパンプスが 花嫁姿をリュクスに格上げ

シューズ
シューズ

「結婚準備中のとき“海外では、ウエディングの際に購入した靴を大切にする習慣がある”と知って、私も一生もののウエディングシューズを探そう!と思ったのがこだわりのきっかけ。たくさんのブランドのシューズを検討したけど、憧れていたJIMMY CHOO(ジミーチュー)のこの靴に出会って即決しました。価格は約9万円だけど良い買い物だと思っています。ウエディング当日は、自分で足元を見るたびに思わず笑顔になっていました(笑)」(おみゅんさん)

ドレスに合わせてシューズもお色直し♪

シューズ

「もともとLouboutinが大好きで、ウエディングシューズは絶対Louboutinと決めていました。ドレスが決まるころから探しはじめ、キラキラグリッターで角度によって七色に光るパンプスにひと目ぼれ。miumiuのパンプスはカラードレス用として購入。 結婚式のテーマカラーもアンティークピンクで、カラードレスの色にもぴったりでした。披露宴で司会者からシューズについて紹介してもらうと、 女性ゲストがシューズが見たいと集まってきて、ドレスをまくって写真を撮ってくれていました!」 (丹後由美子さん)

〔写真右〕ウエディングドレス用のChiristian Louboutinのパンプス(約10万円)
〔写真左〕カラードレス用のmiumiuのパンプス(約12万円)

花嫁の印象を決める! “ベール”をランクアップ

繊細な刺しゅうにこだわった 写真映えするロングベール

ベール

「ドレスもこだわりましたが、花嫁=ロングベールのイメージだったので、追加料金を払ってロングベールにしました。裾の刺しゅうも繊細で、バックスタイルのシルエットもお気に入りです。当日ベールを着けた瞬間にテンションも上がりました。出来上がった写真を見ると写真映えしていて、2万円の追加代金を払ってよかったと思っています!」(阿部未央さん)

神は細部に宿る! こだわり“小物”をランクアップ

ドレスを引き立てた 最高の花冠はハンドメイドで

フラワー
フラワー

「ドレスをすてきに見せるために、南国調の花冠を探していましたが、既製品にはなくて。そこで“アーティシャルフラワー(生花のように見える造花)”を購入し、自作しました。かかった材料費は約4000円。自分が納得いくまで調整できるので、悩みながらも考えるのが楽しかったです。ドレスとのバランスも良くて、写真を見返すたびにこだわってよかったと思っています」(樋口樹里さん)

華やぎ度を重視した ボリュームアクセサリー

アクセサリー
アクセサリー

「ドレスがシックな色だったので、全体が華やかになるようにボリューム感のあるアクセサリーを選びました。ドレスのデコルテとネックレスの大きさや、首が詰まって見えないかなどを入念に確認! いつもはピアスですがドレスやネックレスに釣り合う大きさが欲しかったので、イヤリングをセレクトしました。ヘッドドレスを入れてレンタル料は1万5000円。少し高いかなと思いましたが、ゴージャスに見えるところがお気に入りです」(わんころぽんさん)

基本プランからグレードアップ! ビジューが輝くこだわりのティアラ

ティアラ
ティアラ

「プラン内のティアラを何種類か試着してみましたが、なんだかチープな印象がしました。でも1万円の追加料金が掛かるティアラは、明らかに輝きが違って(笑)。披露宴中も着けているし、ずっと写真を撮影されることも考えて後悔しないために追加! アルバムを見返して、ちゃんとこだわってよかったと思っています」(大槻香織さん)

ブライダルエステで “私自身”をランクアップ

口コミで知った“神エステ”に一点投資!

エステ
エステ

「機械を使わず、すべて手で施術してくれるフルハンドエステに3回通いました。口コミで紹介してもらった評判のいい個人エステで、挙式当日はデコルテと背中のつや感にびっくり! 顔や、腕、衣裳から見えない部位までも丁寧にしてくれましたし、肩こりまで楽になりました。ちょっとお高いけれど10万円かける価値はあったと思います」(cocoさん)

From 編集部

後悔しないためにも こだわりたい気持ちは大切に♪

プランの金額に含まれる、ドレスやティアラなどのアクセサリーはベーシックなものが多いもの。でも追加料金が掛かるという理由だけで“なりたい花嫁姿”を諦めてしまうのはもったいない! ここで紹介した先輩花嫁は、本当に納得するアイテムに巡り合う努力をした人たちばかり。お金を掛けるだけではなく、ハンドメイドで工夫したり、知人からアイテムを借りたってもちろんOKなんです。彼女たちのように満足いっぱい、笑顔いっぱいの結婚式を迎えるために、理想を追求し続けてくださいね!

構成・文/細井彩絵
※掲載されている情報は2016年2月時点のものです

  • 打ち合わせ開始期
  • ふたりらしい
  • ヒロイン気分
  • 憧れ・夢
  • テンションあげたい
  • 自慢したい
  • さくさく読む
Share on>

pagetop