ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 会場決まったばかりの花嫁へ「今、やっておきたい10のこと」
結婚式スタイル
Share on>

会場決まったばかりの花嫁へ「今、やっておきたい10のこと」

突然ですが、結婚式の準備期間中には「空白の時間」があるって知ってましたか? 会場が決まってから実際に打ち合わせが始まるまでには数カ月の「空白の時間」があるんです。ここではそんな空白の時間に「やっておきたい10のこと」を、先輩花嫁のリアルボイスから紹介します!

結婚式準備中の「空白の時間」って?

会場が決まってから実際に打ち合わせが始まるまでの時間のこと

ゼクシィが調べたところによると、今どきのカップルが挙式・披露宴会場を決める平均的な時期は「約8.4カ月前」なのだそう。会場との初回打ち合わせなど、本格的な準備が約3カ月前からスタートすることを考えると、会場が決まってから約5カ月以上も「空白の時間」が発生することに! 中には「会場が決まったら、しばらくやることがなくなっちゃった」なんていう花嫁の声もあるけど、実はこの「空白の時間」を有効に使うことが、結婚式準備の重要なポイントなんです。

空白の時間に「今、やっておくといいこと」

【やっておきたいこと その1】ゲスト選び

話し合うカップル

会場決定時に、その会場の適正収容人数、テーブルの配置や数、1卓当たりの席数を聞いておけば、すぐ招待客のリストアップの作業に移れる。親への確認はもちろん、リスト作成まで、できるだけ早い段階で済ませておけば、その後のブレが少なくなり、準備がぐーんとラクに!

先輩花嫁Voice

先輩花嫁画像

会場決定後すぐ、誰を結婚式に招待するのかを考え、親族をどこまで呼ぶか親と相談。両家の招待客リストも、住所や名前の漢字間違いや誤字脱字がないよう正確に作っておきました。このリストは招待状や席次表作成時にも大活躍。面倒でも、時間に余裕のある早い時期に作っておいてよかった。(RKさん)

先輩花嫁画像

呼びたいゲストをグループごとに分け、各テーブルの定員に収まる人数かを確認。人数調整もできたし、大体何テーブルぐらいになるかが分かったので、初回の打ち合わせがスムーズでした。(亜季さん)

【やっておきたいこと その2】ゲストへの声掛け

電話を掛ける女性

招待状発送のタイミングは2カ月前くらいが目安だけど、いきなり送るのではなく、事前に結婚を報告し、挙式日を伝えておくのがマナー。遠方ゲストのチケットや宿泊手配も早いほどラクだし、早期割引が適用される場合もあるので、声掛けは早めにしておいて。宿泊のキャンセル代は利用日直前まで掛からないことが多いので、リストアップした時点でキープし、確定した時点でキャンセルする手も。

先輩花嫁Voice

先輩花嫁画像

挙式日が決まったら、すぐにゲストをリストアップし、来てもらえるかどうか確認。遠方ゲストの飛行機やホテルも半年以上前に予約。早期予約割引のおかげで交通費や宿泊代も抑えられました。(みきとんさん)

先輩花嫁画像

招待者をピックアップしたら、出席の可否をメールや電話で確認しました。連休中だったので他の予定や結婚式がかぶる可能性があり危機一髪。早めにお知らせしておけて良かったです。(ゆ!さん)

【やっておきたいこと その3】結婚式のイメージ固め

パソコンを見るカップル

この時期に絶対しておきたいのが、ふたりの理想の結婚式のイメージを固めること。イメージが湧かない=結婚式の実例を知らないというケースが多いので、決めた会場のブライダルフェアに参加したり、WEBで画像を見るなど、まずはさまざまな結婚式の実例を知り、情報を集めることから始めてみて。

先輩花嫁Voice

先輩花嫁画像

装花の色、高砂席の装飾、ウエディングケーキ、ブーケなど、それぞれどんなものがいいのか実例を見て考えていくうちに、自然に「こんな結婚式をしてみたい!」というイメージが膨らみました。間近になると決めることがいっぱいあって時間が足りなくなるので、早めにイメージを固めておいてよかった。(ゆみこさん)

先輩花嫁画像

1年以上前から予約する場合、自分たちが結婚式を挙げる季節に会場コーディネートを見学すると、「冬は温かみのある色のテーブルクロスや花がいいな」などイメージが湧きやすくおすすめです。直前の予約の場合、写真だけでも見せてもらうと参考になるはず。(佳織さん)

【やっておきたいこと その4】ドレス選び

ドレスを試着する花嫁

会場によっては提携ショップ以外の衣裳の持ち込みが不可だったり、持ち込み料が掛かったりすることも。会場決定時に、提携ショップのドレスの品揃えや、衣裳の持ち込みについて必ず確認しておこう。また、試着には予約が必要なので、希望日の2~3週間前には予約を。一度に試着できる点数も確認しておいて。

先輩花嫁Voice

先輩花嫁画像

ドレス代はかなり大きな出費。好みに合うドレスが会場提携のショップにあるのか、ほかで探す場合、持ち込み料はいくら掛かるのか、など、事前にしっかり調べておくといいですよ。(さくらさん)

先輩花嫁画像

人気のドレスは早い時期から予約が入ってしまう可能性があるので、会場が決まったらすぐに検討を始めました。時間に余裕があったので、混みやすい土日の試着予約も取りやすく、豊富な品揃えから妥協せずこだわりのドレスを選べました。(やにゃさん)

先輩花嫁画像

ドレスにはこだわりたかったので、早めにイメージを膨らませ、早めに試着しました。実際に着てみると、「好きなドレスと似合うドレスは違う」ということを実感。そこから時間をかけて似合うドレスをゆっくり探すことができてよかったです。(円さん)

【やっておきたいこと その5】打ち合わせの準備

話し合うカップル

結婚準備をスムーズに進めるためには、初回の打ち合わせで会場にどれだけふたりの希望を具体的に伝えられるかどうかが決め手に。そのためにも、事前の十分な情報収集や、彼との意見の擦り合わせはマスト。ブログやSNSのコミュニティー機能などで見つけた先輩花嫁やプレ花嫁さん仲間のリアルな声を参考にするのもおすすめ。

先輩花嫁Voice

先輩花嫁画像

ピンタレストを使って、ドレスのイメージ、お花のイメージ、会場の装飾などを集め、新郎にプレゼン形式で相談。ふたりの意見を事前にしっかり擦り合わせたおかげで、打ち合わせがとてもスムーズに進みました。(麻希さん)

先輩花嫁画像

同じ会場で挙式する人を中心に、たくさんの花嫁ブログを読み込みました。打ち合わせへの臨み方や反省点、本番でやってよかったことや後悔など、本音で書かれているので、とても参考になりました。会場スタッフとのイメージのずれをなくすコツなど、花嫁ブログのおかげで失敗を回避できたこともたくさんあります。(おびさん)

【やっておきたいこと その6】ビューティ

スキンケアをする女性

エステは自分に合ったサロン・コースを見極めてからスタートしたい。お試しをする場合、肌への負担を考えると1~2週間空けた方がよく、3軒比べると1カ月かかる。カウンセリングでホームケアのアドバイスをもらえたり、美容へのモチベーションが上がる効果もあるので、余裕のあるこの時期に計画を立て、体験しておこう。ダイエットをしたい花嫁も、急激に体重を減らすのは逆効果。早めに始め、焦らず少しずつ体重を落とすことを心掛けて。

先輩花嫁Voice

花嫁アイコン

エステサロンに通い始めたのは挙式の3カ月くらい前でしたが、肌に合うかどうか、早めにお試し体験をしておくといいと思います。ドレスの試着前にエステを体験しておけば、モチベーションも上がり一石二鳥。(みきとんさん)

先輩花嫁画像

会場が決まったら、デコルテなども化粧水やクリームをつけてマッサージをしたり、ドレス姿で目立つ部分の手入れにも力を入れるようにしました。効果が出てよかったです。(あいさん)

先輩花嫁画像

ドレス姿をきれいに見せるため、楽しみながらダイエットをすることに。ドレスの試着日を目標にするとやる気が出ます。(あっちゃんさん)

【やっておきたいこと その7】手作り

紙とはさみ

挙式直前の忙しい時期に手作りが集中すると、ストレスや疲労、彼とのケンカなどの原因に! 早めに計画的に進めよう。特に映像演出の手作りは、素材の写真集めや加工に時間がかかり、仕上がりまでの時間が読みにくい。会場が決まったタイミングで写真を探し始める、くらいのスピード感で。

先輩花嫁Voice

先輩花嫁画像

仕事を続けながらの準備だったので、会場決定直後からインスタグラム等で情報を集め、「手作りしたいな」と思ったらすぐに着手。少しずつコツコツ作るのが日課に。時間に余裕があったため、ストレスがたまったり、睡眠不足になることも少なく、楽しみながら手作りできました。(ちゃんさん)

花嫁アイコン

プロフィール映像などに使う写真選びは会場決定直後にざっとしておくのがおすすめ。彼とのツーショット写真が意外に少なかった場合も、挙式まで時間があるので、デートごとに思い出の写真を撮るといいですよ。(らんさん)

【やっておきたいこと その8】前撮り&当日撮影準備

写真撮影

前撮り撮影をするなら、会場決定直後の余裕のある時期に。結婚式のウエルカムボードやペーパーアイテム、映像演出などに活用することもできるので、そのことを前提にポーズを決めたり、小物を投入して撮れば一石二鳥。当日の写真撮影のイメージも直前になると考える余裕がなくなりがち。今のうちに考えておこう。

先輩花嫁Voice

先輩花嫁画像

「前撮りをどうするか」は会場決定直後に決めるのがおすすめ。私は9月の挙式でしたが、桜の時季に地元で前撮りしたくて、4月初旬のロケーションフォトを予約。素敵な写真が撮れて大満足。(瑛美さん)

花嫁アイコン

結婚式では一生の記念になる写真に力を入れたかったので、撮りたいポーズの画像を集めて保存。厳選したものをプリントアウトしてフォトグラファーさんに渡し、挙式当日、憧れ通りの写真を撮ってもらうのに役立てました。(まどかさん)

【やっておきたいこと その9】親孝行

両親と娘

結婚前に親と娘が水入らずで過ごすのも今しかできない親孝行。日常を離れ、親子でゆっくりできる旅行のほか、一緒に食事をしたり、実家で過ごす時間を増やすだけでも、親はうれしい。このほか、親子で会場見学やドレス選びに出掛けたり、結婚準備を手伝ってもらうのもおすすめ。

先輩花嫁Voice

先輩花嫁画像

母とふたりで温泉旅行に行きました。ゆっくり話ができたし、とても有意義な時間が過ごせました。結婚前の母親との2人旅、おすすめです!(こはるさん)

花嫁アイコン

会場決定後、親と一緒に食事に行き、たくさん話す機会を作りました。一緒に過ごす時間を増やし、懐かしい話やこれからの話をするだけでも楽しかったし、いい親孝行になりました。(ちゃんさん)

【やっておきたいこと その10】独身生活をエンジョイ!

女子会

女友達との旅行や夜のお出掛けなど、結婚したら夫に遠慮してできなくなりそうなことも、今なら可能。この時期に独身生活を謳歌(おうか)しておけば、結婚準備が忙しくなってから後悔しなくて済むはず。

先輩花嫁Voice

花嫁アイコン

友達との旅行には絶対に行っておくべき。特に泊まりでの旅行がおすすめ。私は韓国に旅行し、女友達と心置きなくエステや買い物を堪能し大満足♪
(cocoさん)

花嫁アイコン

女友達との食事や旅行、大好きなアーティストのライブに行くなど、独身生活をとことん楽しみました。(くーぴーさん)

まだまだある! やっておきたいこと

今までに挙げた10個のほかにも、新生活やハネムーンの準備などやっておいた方がいいことはいっぱい。

先輩花嫁Voice

花嫁アイコン

会場が決まって、次に優先したのが新居への引っ越し。物件探しや家具・家電選びや配送手配、さまざまな手続きなど余裕を持ってできました。結婚式の準備が本格的に始まってからだと、こんなにも時間をかけられず、ストレスがたまったかも。(RKさん)

花嫁アイコン

結婚式と新婚旅行のテーマを繋げたかったので、会場決定直後から新婚旅行について話し合ったり、調べたりしました。そのおかげで、タイミングを逃すことなく、挙式半年後に大満足の新婚旅行が叶いました。(388さん)

From 編集部

「空白の時間」を使えば、結婚準備もスムーズ&結婚式後も後悔なし!

会場決定後~会場との初回打ち合わせまでにやっておくといいことはこんなにたくさん! 「その後の準備がスムーズに進む」「後々悔いが残らず満足度が高まる」など、いいことずくめだけど、もちろんすべてを完璧にする必要はナシ! 先輩花嫁のリアルボイスを参考に、貴重な「空白の時間」を楽しく有効に活用しましょ♪

文/笠原恭子 構成/小田真穂(編集部)
※記事内のデータおよびコメントは2015年12月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー126人が回答したアンケートおよびゼクシィトレンド調査2017(全国推計値)によるものです
※掲載されている情報は2016年1月時点のものです

[花嫁エステを受ける際の注意点]
サロンやエステでの施術経験がない人は、万が一のトラブルの場合に結婚式当日に回復が困難な場合があります。「お試しコース」等も含め、時間的余裕をもって施術をスタートさせましょう。肌が弱い人や妊娠している人は施術前にまず医師に相談しましょう。

[プロフィール映像を作るときに知っておいてほしいこと]
会場によって手作り映像の持ち込み、及び使用する音源に制限があるため、事前に会場に確認をしましょう。

  • 挙式1年前
  • 挙式・披露宴
  • アイテム検討期
  • ダンドリ
  • 頑張りたい
  • じっくり読む
Share on>

pagetop