ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ヘアメイク
  5. 【顔形別】旬な花冠×ヘアオーダー「こうじゃなくって→こう!」
ビューティー
Share on>

【顔形別】旬な花冠×ヘアオーダー「こうじゃなくって→こう!」

花嫁を可憐に愛らしくしてくれると人気の花冠。「好きな花やドレスと合わせて……」と選んでいる花嫁さん、ちょっと待って! 花冠はデザインだけでなく、顔の形によって着け方やバランスを考えることも重要なんです。そこで、2人プロの意見を参考にした卵形、逆三角形、丸顔、ベース形別で花冠のベストバランスをご紹介します。結婚式当日に「こんなはずじゃ……」とならないよう、自分の顔形に合った花冠を知っておいて!

【顔形/丸顔】

小さな花冠を斜めクラウン載せして縦ラインを。丸さが解消!

花冠モデル
花冠モデル

【写真左/Oshii!】
避けたいのが、顔周りをすっきりさせて花冠を1周させること。横ラインを増長させることで、丸さがアップ! 大きな丸みのある花を選んでしまうと、顔の丸さがさらに強調されてしまうので注意が必要です。

【写真右/Perfect!】
ヘアに動きを出してから、厚みの出る小さめな花冠を王冠のように頭のトップに載せて、縦のラインを出すのがオススメ。そのまま載せても良いけれど、少し斜めに傾けて着けるのが丸顔をカバーする旬な着け方に。

[丸顔にマッチ! 今回の花冠オーダー帳]
・イメージ/かわいい印象に。誰からも愛されるデザインで
・大きさ・太さ/小さい・中程度
・花の種類/甘めのお花とグリーンを組み合わせて
・かぶり方/斜めのクラウンかぶり

【Advice】

落ちさん

【お花の種類と選び方/from Florist 落さん】
お花の種類はストックとアイビーを組み合わせたスタンダードなもの。ビビッドカラーではなくアッシュカラーのバラを希望されると甘すぎないけれどかわいい印象が作れます。

長澤さん

【ヘアスタイルの作り方/from Hair&Make 長澤さん】
顔の輪郭をカバーするようにニュアンスを出す程度にヘアをゆるめに巻いたら、高さを出すために、縦ラインを意識してトップに花冠をかぶせます。耳は出さない方が、丸顔が目立ちませんよ。

トップス 4万1040円(販売)/ザ・サリィ(ザ・サリィ 青山店)※閉店、ネックレス&イヤリング17万4960円(販売)/アビステ

【顔形/逆三角形】

透け感のある花冠を、斜め&アシンメトリーに着けて視線を花に誘導

写真NG
写真OK

【写真左/Oshii!】
頭部周りが一番大きな逆三角形。深めで1周させるかぶり方は、古い印象になりがち。斜めかぶりか左右アシンメトリーで花に動きがある花冠であれば、シルエットを目くらまししてくれるだけでなく新鮮な印象にも。また、ヘアをすっきり後ろに束ねるのも、どちらかというとNG。シャープなアゴが目立ってしまいます。

【写真右/Perfect!】
ふんわりとカールさせた毛先を保ちながら花冠を斜めに着けるのが、より自然で旬な着け方。大きな花がヘアの上を流れるように飾ることでポイントを作り、会場中の視線を花に誘導することで、アゴが気にならなくなります。

[逆三角形にマッチ! 今回の花冠オーダー帳]
・イメージ/ガーデンに映えるグリーン系
・大きさ・太さ/中・中程度
・花の種類/子どものころ作ったような小さな白い花×グリーンを使って
・かぶり方/斜めかぶり。アシンメトリーになるように

【Advice】

落さんイラスト

【お花の種類と選び方/from Florist 落さん】
緑を中心にした、小さな白いお花の花冠ですが、大き目のお花をちりばめることで動きが出るので主張のあるデザインです。季節は春から初夏ごろがベストなタイミングです。

長澤さん写真

【ヘアスタイルの作り方/from Hair&Make 長澤さん】
アゴのシャープさを隠すために、毛先に動きをつけるようにします。顔周りで優しくヘアが揺れると、骨格もカバーして柔らかな印象になりますよ。

ドレス9万7200円(販売)/ダブルスタンダードクロージング ウェディング(フイルム)、ネックレス6万1950円(販売)/アビステ

【顔形/卵型】

ナチュラルな細身の花冠を緩やかに一周させれば優しいイメージに

写真NG
写真OK

【写真左/Oshii!】
比較的どのような着け方でも似合う卵形さんの場合、王冠のように頭に載せる着け方もNGではないけれど、整い過ぎて少し物足りない印象を与えてしまうかも。トレンド感を出すには「ナチュラル」を意識してみて。

【写真右/Perfect!】
小ぶりの花を使った細身の花冠を緩やかな波を作りながら1周させることで、新鮮で優しい印象に。髪をアップにする場合は、花は大きめより小ぶりの方が可憐な印象でまとまり感も。

[丸顔にマッチ! 今回の花冠オーダー帳]
・イメージ/清潔感がありながら、個性も主張できる色と花の種類で
・大きさ・太さ/中・中程度
・花の種類/1色で。かぶりのないブルー系
・かぶり方/ヘアはまとめて、頭の上に自然に載っている印象に

【Advice】

写真

【お花の種類と選び方/from Florist 落さん】
卵型で顔立ちにも強い特徴のない花嫁さんでも、印象的にしてくれる個性あるブルーのデルフィニウムを中心にした花冠。1色使いの潔いシンプルさは、マンネリを嫌う花嫁さんにも満足してもらえると思います。

長澤さんイラスト

【ヘアスタイルの作り方/from Hair&Make 長澤さん】
理想的な顔の形なので、アップのスタイルにしてすっきりと顔の輪郭を出してみました。花冠が自然に髪になじむように少し曲げてニュアンスをつけると、やわらかい印象に。

ドレス12万9600円(販売)/ザ・サリィ(ザ・サリィ 青山店)※閉店、ネックレス1万9764円(販売)/表参道 アクア・グラツィエ グランドサロン

【顔形/ベース・四角形】

インパクトのある花冠を深かぶりしてフェイスラインをカバー

写真NG
写真OK

【写真左/Oshii!】
顔周りをすっきりさせ、花冠をトップに載せてしまうと全体的に四角さが強調されてしまうので避けた方が◎。ヘアと花冠のシルエットで全体的に丸みを出すことがベース形さんの顔形を強調しない解消法です。縦のラインよりも横のラインを伸ばすように心掛けて。

【写真右/Perfect!】
エラを隠すためにカールさせたヘアに、花冠を着けてハチをすっぽり囲んで丸みをもたらせることで、四角さをカバー。花冠に使用する花は大小でメリハリをつけ、ハチの下に被せて全体的なシルエットがひし形になるようにすると、バランスが良く見えます。

[四角・ベース形にマッチ! 今回の花冠のオーダー帳]
・イメージ/大人な印象、インパクトのあるデザイン
・大きさ・太さ/大きい・太い
・花の種類/シンプルな1色使い。大人っぽいダークな色み
・かぶり方/ハチの下に被せる

【Advice】

落さん写真

【お花の種類と選び方/from Florist 落さん】
深い色味で大きなお花をランダムにつけた花冠です。深くかぶるので、顔にかからないよう余計なグリーンや装飾は極力抑えめに。また大きいお花を使う場合はイメージしているサイズを共有して「大きすぎる」といったトラブルのないように。
頭皮の熱で大きなお花は長時間美しい状態をキープするのが難しいもの。花の種類によっては注意が必要です。

長澤さんイラスト

【ヘアスタイルの作り方/from Hair&Make 長澤さん】
ベースや四角いフェイスラインを自然になじませたい場合、左右のバランスを取るためにセンター分けにし、緩やかにカールさせた毛先でエラを隠します。隠し過ぎて違和感がないよう、ヘアに束感を作るのがコツです。

ドレス35万6400円(レンタル)/ホワイト ドア、ブレスレット2万1600円(販売)/ダブルスタンダードクロージング ウェディング(フイルム)

【番外編】「こんなはずじゃなかった!」後悔が残る花冠って?

イラスト
イラスト2

[イラスト左/カジュアルすぎる花冠とエレガントなドレススタイルがちぐはぐ!?]

花冠はカジュアルなヘッドアクセサリーだと心得て。
荘厳な国内教会挙式で、エレガントにまとめられたヘア&ドレススタイルなのに、南国の解放感あふれる花冠を何気なく合わせてしまった失敗例がこちら。フローリストが会場専門であればアドバイスがありますが、花嫁自身でする場合は特に会場含めてトータルバランスを考えて【花の種類】【スタイルイメージ】を伝えるようなオーダーを。
絶対NGというわけではないけれど、後で写真を見ると「悪目立ち」してしまったと後悔の原因に。


[イラスト右/花冠が大き過ぎて、頭が大きくアンバランスに!?]

彫の深い外国女性の花冠写真に憧れて、大きな花を多用して作るボリューミィーな花冠をオーダーする花嫁さんが続出。実は大きな花冠は日本人の顔立ちには似合いにくく、会場を選ぶアイテムでもあるので難しいアイテムなんです。一見するとかわいいけれど、全身のバランスを見ると……。「主役は花ではなく、あなたです!」を忘れないで。

【花冠のベストバランスを教えてくれたのは……】

落 大造さん:フラワーSHOP「レ・ドゥ」を運営するフローリスト。『ゼクシィ』はじめ数々のウエディング雑誌でも活躍中。

長澤 葵さん:ヘア&メイクアーティスト。その人の特徴に合わせて「一番可愛い」を作り出すスタイルに定評あり。ファッション雑誌・ウエディング雑誌等で活躍中。

From 編集部

“私に似合う”花冠にするには、ヘアとお花が決まってからが勝負!

花冠も髪型と同様に顔の形によって似合う着け方、似合わない着け方があり、ハチに巻くのか、頭の上に載せるのかで大きくイメージが変わることが今回の企画でも一目瞭然でした。
「オーダーしたときにはよく見えていたのに、写真に写っている自分を見て絶叫!」というようなことにならないように、自分の顔の形・かぶり方・大きさ・太さまで意識して花冠を選ぶことをオススメします。

Shop list

アビステ

TEL03-3401-7124

表参道 アクア・グラツィエ グランドサロン

TEL03-5414-8833

ザ・サリィ 青山店

※閉店

フイルム

TEL03-5413-4141

ホワイト ドア

TEL03-5411-1501

取材・文/齊藤美穂子、小林有希 撮影/倭田宏樹(TRON) スタイリング/為井真野(kind) ヘア&メイク/長澤 葵 モデル/玉田 梓、伊藤沙織、浅井なつみ、鳥居真弥 イラスト/イラスト/NakamuraChiharu(ekore) 構成/小林有希(編集部)
※掲載されている商品の情報と価格は2016年1月時点のものです。

  • ヘアメイク
  • 式直前1カ月前
  • おしゃれ
  • 定番
  • 丸型
  • 卵型
  • 逆三角形
  • ベース
Share on>

pagetop