ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. ハワイより愛を込めて14 小林直子が贈る「牧場ウエディング」
コラム・連載
Share on>

ハワイより愛を込めて14 小林直子が贈る「牧場ウエディング」

ハワイ在住のウエディングプランナー・小林直子より、現地のウエディングアイデアをお届け♪ 今回は、ハワイのダイナミズムを体いっぱいに感じられる牧場ウエディングについて。その溢れる魅力とともに、気を付けたいこともお話しします。

雄大な大自然を体いっぱいに感じて!

クアロア・ランチの野趣あふれるコオラウ山脈を背景に、ブライズメイドが花嫁と花嫁の父を先導してセレモニーへ
挙式でウクレレを演奏する年配の女性。白いワンピースと、ククイの実のネックレスがハワイらしい

牧場ウエディングの魅力は、なんといってもその雄大さ。爽やかなグリーングラスも、大海原も、大空も、どこまでも、どこまでも、続いて開放感抜群! ハワイの大自然を全身で体感できるウエディングになります。

場所はワイキキから車で1時間前後。映画『ジュラシック・パーク』のロケ地でも知られるオアフ島北東部に広がるクアロア・ランチや、パイナップル畑を抜けていくノースショアのサンセット・ランチなどで挙げられますよ。

ただ大自然が舞台の挙式やレセプションは、デメリットがあることも忘れてはなりません。開放的な空間には隠すものがないので、授乳中のお母さんやおむつ替えが必要な赤ちゃんにとっては、不便な場所です。トイレも時間をかけて草の上を歩いて行くので、足が不自由なご年配の方が知らずに訪れたら、きっとお困りになるでしょう。特に夏、5月から9月は虫が多いので季節を選ぶことも大事。

“牧場ウエディングのとっておきの開放感”は、おふたりはもちろんのこと、ゲストの方々全員がこの環境を理解してくださった上でこそ、楽しめるものだと思います。

[1枚目]コオラウ山脈を背景に、ブライズメイドが花嫁と花嫁の父を先導してセレモニーへ。野性味あふれる景観は、クアロア・ランチのウエディングならでは

[2枚目]挙式でウクレレを演奏するミュージシャン。白いふわっとしたワンピースにククイの実のネックレスというスタイルも、ナチュラルな牧場ウエディングの気分を高めてくれます

ドレスは、ミモレ丈にブーツの選択もあり!

膝下丈のドレスに、ウエスタンブーツをコーディネートした花嫁。ロングヘアはダウンスタイルのままに
ブラウンのウエスタンブーツと、クラッチブーケを並べて撮影

グリーングラスは、少しぬかるんでいることもあるのでドレス選びにも気を付けて。大聖堂には映える長いトレーンも、牧場では動きにくく汚れることも。シンプルなデザインがお勧めです。

せっかくの牧場ウエディングですから、思い切って、ミモレ丈(膝が隠れるぐらいからすねの真ん中辺りのスカート丈)を選ぶのも素敵ですよ。冒険心たっぷりにウエスタンブーツをコーディネートすれば、ハワイの大自然にもよく似合います。

[1枚目]レース使いが愛らしいミモレ丈のドレスに、ウエスタンブーツをコーディネート。ロングヘアはダウンスタイルのままに

[2枚目]野で摘んできた花を無造作に束ねたような小ぶりのクラッチブーケが、牧場ウエディングにはぴったり

テーブルコーデは遊び心いっぱいに楽しんで

ぷっくりかわいい1枚の葉に、ゴールドのペンで名前を書いた席札
フランスパンとローズマリーを包んだ紙袋に名前を入れて、席札代わりに。メニューには麦の穂も添えて
ウエスタンを思わせる、LOVEの文字のオブジェ。草の上に配した、ベンチに立てかけている

式後のレセプションは、牧場にテントをしつらえて行うこともあれば、場所を移動してホテルや邸宅のガーデンで開くこともあります。レセプションは、ゲストをおもてなしする大切な時間ですから、どんな所で過ごしたいのか、事前に皆さんのお気持ちをヒアリングすると良いでしょう。

牧場で開くなら、テーブルコーディネートはナチュラルなスタイルで遊び心いっぱいに楽しんで! メニューに麦の穂を添えたり、フランスパンを入れた紙袋に名前を書いて席札代わりにしたり。私もイメージが膨らんで、いつもワクワクしながらプランニングしています♪

[1枚目]ぷっくりかわいい1枚の葉に、ゴールドのペンで名前を書いた席札たち

[2枚目]フランスパンとローズマリーを包んだ紙袋にゲストの名前! 席に着いたゲストが笑顔になるアイテムです

[3枚目]ウエスタンをイメージするような、LOVEのモチーフ。レセプションを開いたテントの横に飾りました

from Naoko
牧場ならではの環境をゲストに説明して
海外ウエディングは、ゲストの皆さんとの情報共有が肝心です。会場へのアクセス、タイムスケジュール、ドレスコードなどなど。特に牧場ウエディングは、その環境のメリット&デメリットについて具体的にインフォメーションしてください。皆さんの不安をクリアにするのと同時に、挙式に向けてのワクワク感もきっと高まります。

ロングヘアを一つにまとめた直子さん。白いシャツがお似合い
Profile

小林直子 ハワイ在住のウエディングプランナー
http://ameblo.jp/weddingscenesnaoko/

「Wedding Scenes」代表。愛あふれる“アロハスピリット”を大切に、ハワイのおしゃれでリラックスしたウエディングスタイルを提案。現状、手掛けている結婚式の9割がハワイ婚だが、軽井沢や宮古島のウエディングもプロデュースしている。定期的に日本で花嫁向けのセミナーも開催。著書に『Wedding Scenes 世界一素敵なウェディングシーンのつくり方』(集英社)。ブログも好評配信中。

取材・文/千谷文子 
※掲載されている情報は2016年1月時点のものです

  • 挙式・披露宴
  • 演出・アイテム
  • 式イメージ収集期
  • 遊び心のある
  • ナチュラル
  • 憧れ・夢
  • 海外ウエディング
Share on>

pagetop